七夕にそうめんを食べる由来は?子供が喜ぶ食べ方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
そうめん

七夕にそうめんを食べるって知っていましたか?七夕にそうめんを食べるのはいわゆる昔からの風習なのでご存知の方は多いかもしれませんが、なぜそのような風習があるのか、由来については案外知らない方が多いのではないでしょうか。今回は、七夕にそうめんを食べる風習の由来についてまとめてみました。

Sponsored Links

七夕にそうめんを食べる由来とは?

実は七夕にそうめんを食べるという風習は平安時代に始まって現代にいたるまで千年以上も続いているのです。

七夕のころと言えばちょうど気候的にも暑くなってきて、食欲が減退し始めるころですね。

そうめんはそんなときにとても食べやすいので、夏場の食欲不振を予防する賢い知恵ともいわれています。

中国から伝わった行事食

元々の由来は、実は古くから日本と親交の深かった中国にあるとされています。

中国には「索餅」(さくべい)と呼ばれる、小麦粉を縄のように編んだお菓子のような小麦粉料理があります。

中国では7月7日の七夕に当時の帝の子が亡くなったのですが、その子の霊が熱病を流行らせるようになってしまいました。

そこで、その子の好きだった「索餅」(さくべい)をお供えしたところ、はやり病がおさまったといういわれがあります。

そこで7月7日に「索餅」(さくべい)をお供えして食べることで1年間無病で過ごせるという言い伝えが広まりました。

始めは身分の高いものたちだけで行う宮中行事でしたが、そのうち民間にも広がったということです。

中国から日本に伝わって七夕にそうめんを食べることに

日本では醍醐天皇の時代にまとめられた延喜式の中で、旧暦の7月7日の七夕の儀式のお供え物の一つとして「索餅」(さくべい)が供えられたといわれています。

その「索餅」(さくべい)が進化して「そうめん」となり、千年もの間、七夕に食べるという行事に発展したのです。

「索餅」(さくべい)が「そうめん」に

日本ではその後「織姫と彦星」の物語になぞらえて、めんを「天の川」に見立てていたとも、機織りの糸に見立てたとも言われています。

また、小麦には毒を消すという言い伝えもあることから健康を願って食べるようになったとも言われています。

そうめんを七夕に食べることで、織姫が機織り上手だったことで「芸事(機織り)が上手になりますように」、小麦粉が毒を消すという言い伝えから「1年間無病息災で過ごせますように」という願いを込めると共に、天の川の物語りに思いをはせることもできるわけですね。

Sponsored Links

そうめんも工夫次第で子供が喜ぶ料理に

夏になると、どうしても食欲不振になってしまうので、のど越しがよく食べやすいそうめんの出番が増えてきますよね。

ですから、七夕のときに行事食だからといって、わざわざそうめんにしても「いつものか・・・」とがっかりされることの方が多いかもしれません。

そうめん自体があまり豪華なメニューではないので、行事食だという雰囲気を出しにくいからでしょうね。

工夫次第ですてきな行事食に

七夕のそうめんの特別感を出すためには、いろいろな工夫が必要になってくるかもしれません。

ただそうめんを食べるだけだとせっかくの行事食なのに盛り上がらないことが多いので、そうめんを食べる時に物語を織り交ぜて特別な行事食にしてみましょう!

例えば、織姫と彦星の物語りは、日本人は誰もが知っているお話ですよね。

そうめんを天の川に見立てて、オクラを輪切りにして星のように飾ったり、かまぼこやニンジン、きゅうり、ハムなどを星や月の形にしてちりばめたりして、普段とは違う特別感を演出すると子どもも楽しくなって、いつものそうめんがちょっと特別な行事食になりますよ。

色つき麺も

さらに、最近では色の付いためんもありますから、それが白いそうめんの中に混ざっていると彩を添えられてきれいですね。実は色つきそうめんにも歴史があるのです。

色つきそうめんの色は五色の短冊と同じ色、つま「青」・「赤」・「黄」・「白」・「黒」の五色なのですが、これはおそらく中国の陰陽五行説の影響を受けていると思われます。

昔は色つき麺の麺は天然の着色のみで味はどれも同じだったようです。

今は冷や麦に色つき麺が入っていることが多いですが、中にはそうめんにも色つき麺が入っているものもあります。

抹茶や梅干しなどで色がつけてあるものもあってかすかにその味がするものもありますが、一般的には色がついているだけで無味無臭のようです。

離乳食時期のそうめん

中には合成着色料で色をつけている麺もあるようなので、色つき麺が入ってるものを選ぶときには天然のもので着色しているものを選ぶようにしましょう。

また、まだ離乳食の場合には、そうめんには塩分が多いので柔らかくゆでてから流水で塩分を流してからあげてくださいね。

七夕が楽しくなる七夕料理

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。