お彼岸のお墓参りっていつ行くの?行けない場合はどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お彼岸のお墓参りはいつ行く

お彼岸とお盆にはお墓参りに行くという人は多いですね。お盆は会社勤めの人ならお盆休みがあるからよくわかると思いますが、お彼岸のお墓参りはいつ行くのか知っていますか?

Sponsored Links

お彼岸ってそもそもいつなの?

お彼岸という言葉は聞いたことがあるでしょう。でもいつがお彼岸なのか知っていますか。

お彼岸は春と秋にあります。春分の日と秋分の日は知っていますね。その年によって微妙に違いますが、春分の日はだいたい毎年3月21日ごろで秋分の日はだいたい9月23日ごろになります。

春分の日と秋分の日を「お彼岸のお中日」といいます。

つまり春分の日と秋分の日を真ん中にして前後の3日間をあわせた7日間がお彼岸なのです。だいたい1週間ぐらいをお彼岸といいます。

春分の日

お彼岸のいつお墓参りをしたらいいの

1週間ぐらいあるお彼岸の時期のいつお参りしたらいいのでしょう。昔からの風習できちんと決まっているのでしょうか。

1週間あるお彼岸の最初の日を「彼岸入り」真ん中の日を「彼岸の中日」最後の日を「彼岸明け」というのですが、お墓参りに行く日は特別決まっているわけではないようです。

お墓参りはお彼岸の1週間のうちのいつ行ってもいいのです。

もちろんお彼岸の1週間、毎日行かなくてもよいですし、お墓が遠くてどうしてもお彼岸には行くことができないというのであればお彼岸にこだわらないで自分たちが行けるときに行けばいいのです。

Sponsored Links

お彼岸にお墓参りをする理由

当然のことですが、お墓がなければお墓参りはできません。一般の人たちがお墓を建てるようになったのは江戸時代のころのようです。

江戸時代に幕府が檀家制度という制度を作ってすべての人はどこかのお寺に属することに決めました。

そして誰かが亡くなると所属しているお寺でお葬式をあげてそのお寺の墓地に埋葬されるようになったのです。

彼岸というのは極楽浄土のことをさすことからお墓に埋葬されるようになった江戸時代ごろからお彼岸にお墓参りという風習が始まったようです。お彼岸の時期を先祖を敬って感謝する日としたのですね。

お彼岸にお墓参りをする夫婦

お墓参りに行くときに

お墓参りに行くときに持っていくのは、掃除するためのほうき、タオル、バケツ、ごみ袋、お参りするときにいるお線香、ろうそく、お花、お供え物、マッチかライター、半紙などです。

お花は花立てに入れやすいように茎を短くして持っていくといいでしょう。

墓地に水道などがついていて水が用意できればよいのですが、そうでない場合にはペットボトルにお水を入れて持っていきましょう。

水道などがあっても桶やひしゃくなどを置いてない場合には桶やひしゃくか空のペットボトルなどを持って行くといいですね。

墓石はゴシゴシ磨くように洗う必要はありません。苔むしたり汚れがひどいときはゴシゴシこするのもありますが、お水をかけるだけでよいのです。

お墓に水をかけるのは汚れを落とすというだけでなくて清めたり供養したりするという意味あいがあります。

中にはお墓には水をかけないという家もあるようですから、気になるようであれば檀家になっているお寺や家のしきたりを確認してみるといいでしょう。

食べ物をお供えするときには半紙の上に置きましょう。お供えしたときはそのまま置いて帰らないようにします。その場で皆でわけていただくか、持ち帰ります。お線香やろうそくをつけてもちゃんと消して帰るようにしましょう。

Sponsored Links

お彼岸にはおはぎやぼたもちを食べるのはどうして?

お彼岸のときに食べるおはぎとぼたもちの違いは知っていますか。あんこの違い?大きさの違い?

おはぎは「お萩」と書くように萩の季節、つまり秋のお彼岸に食べるものです。そしてぼたもちは「牡丹餅」で牡丹の季節、つまり春に食べるものなのです。季節によって名前が違うのですね。

いつごろからお彼岸におはぎやぼたもちを食べるようになったかというとこれもやはり江戸時代からです。

もともとはご先祖様にお供えするものであって自分たちで食べるものではなかったようです。

小豆は赤い色をしていますが、この小豆の赤い色は魔除けの効果があると思われていて邪気を払うためにずいぶん昔から食べられていました。

だからお彼岸には邪気を払うためにご先祖様に小豆で作ったおはぎやぼたもちをお供えしたのですね。

おはぎとぼたもちというのは名前が違うだけなのでしょうか。地方によってはぼたもちはこしあん、おはぎは粒あんというところもあれば、萩の花に似せて小さいのがおはぎで牡丹の花に似せて大きいのがぼたもちというところもあるようです。

Sponsored Links

お彼岸は仏教由来のものだけれど・・・・

春分や秋分のころをなぜ彼岸というのでしょうか。春分と秋分のときには太陽は真東から昇って真西に沈みますが、仏教では極楽浄土は太陽が沈む西方にあると言われています。

極楽浄土、つまり苦しみから解放された悟りの世界である彼岸は西にあると言われているのです。

彼岸に対して私たちが今生きている悩み多きこの世界のことは此岸と言います。

実はお彼岸というのは日本独自のものです。お彼岸というのは意味としては古代インドから伝わってきていますが、浄土思想から始まったのです。

春分と秋分に太陽が極楽浄土があるといわれている真西に沈むのを見て極楽浄土に思いをはせて拝むようになったのが始まりともいわれています。

平安時代の物語に彼岸会の行事のことが書かれているらしいのでずいぶん古くから伝わってきているのですね。

仏教だけじゃなくて彼岸を「日願」つまり「日に願う」ということで古くからの太陽信仰や神道の考えからも春分の日や秋分の日は意義深い日になっています。

お彼岸に限らず行けるときにお参りをしよう

お墓が遠かったりいろいろな事情があってお彼岸に必ずお参りに行ける人ばかりではないかもしれません。

もちろんお彼岸に行けると一番よいのですが、お彼岸でなくとも行けるときに行って今自分が生きていることへの感謝の気持ちとご先祖様への感謝の気持ちを込めてお参りしたいものですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。