離乳食の2回食はいつから?新しい食材を試す時の注意点とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
離乳食を食べる赤ちゃん

1日1回から始める離乳食ですが、いつから2回食にするのか、2回食にすると1回の量はどのくらい食べさせるといいのでしょう?今回は2回食を始める時期の目安や量などについてまとめてみました。

Sponsored Links

離乳食の2回食はいつから始めるといいの?

離乳食をそろそろ2回食にしようと思っても、どのタイミングではじめたらいいのか分からないというおかあさんは多いですね。初めての赤ちゃんの場合は特に迷うことばかりです。

離乳食スタートから1ヵ月後が目安

赤ちゃんの離乳食をスタートして慣れてきたら、回数を増やし2回食へとステップアップしてみましょう。

2回食を始めるタイミングとしては、離乳食をスタートさせてから大体1ヶ月位経過した頃が目安となります。

その他の目安としては、

  • 1回の離乳食で赤ちゃんがきちんと用意した分だけ食べきることができる
  • スプーンで口に運んだ食べ物を上手に口に入れて飲み込むことができるようになった

なども2回食を始める前のチェックポイントです。

1回分でもほとんど食べないようでは、まだ2回食は早いと言えます。

一般的に生後5、6ヶ月から離乳食を始める人が多いので、2回食は生後6、7ヶ月頃からという場合が多いようです。1回分を食べきるようになったタイミングが好ましいと言えます。

Sponsored Links

2回食にすると起きる赤ちゃんの変化

2回食にすると赤ちゃんは1日2回食事をとることになるため、生活リズムが徐々に整ってきます。

2回食になると、大体1日に必要な栄養の4割程度を離乳食から補えるようになるので、授乳回数や量も減っていきます。

更に、離乳食に使用する食材のバリエーションを増やして1回ごとの離乳食のメニューを変えれば、食べられる食材も増えて色々な食材のにおいや味、舌触りや触感など感じることができるので、味覚や嗅覚などの発達を促してくれます。

2回食移行時の1回分の食事量

2回食へと移行するときには1回分の量はどのくらいにしたらいいのか、量の問題で悩むお母さんもいるでしょう。

まず、1食目は今まで食べていたのと同じ量で問題ありません。2食目はいきなり1食目と同じ量を食べることはできないので、1食目の約3分の1の量を目安にあげてみて、赤ちゃんの食べっぷりをみながら調節していきましょう。

赤ちゃんのペースに合わせて

2食目も1食目と同じ量を食べるようになるには個人差がありますが、2週間から1ヶ月位はかかるので、焦らずに少しずつ増やしていくようにしましょう。

順調に食べる量が増えても、ある日突然食べなくなるなど赤ちゃんが食べる量にはムラが出てくることがあります。そんな時は無理に食べさせないで、赤ちゃんのペースに合わせてあげましょう。

また2回食を食べさせる時間ですが、1回目は午前中にあげて授乳し、4時間位空けて午後から2回目をあげましょう。

新しい食材を試すのは1回目の食事で

新しい食材にトライする時は、アレルギーの心配もあります。新しい食材を2回目で試した場合には反応が出るのが遅くなることもあるので、診療時間内で病院に受診しにくくなります。

新しい食材を試すのは1回目にして、2回目はいつも食べているメニューするといいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。