七草粥はいつ食べるの?材料の意味や意外な効能を知ってる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
七草粥はいつ食べる?

七草粥ってほんとうはいつ食べるのか知っていますか?最近では子供の給食にも出てきます。子どもが喜ぶような味ではないけれど(中には好きな子もいるだろうけれど!)昔からの日本の習わしや伝統を伝えるのは大切ですね。そこで今日は七草粥についてまとめてみました。

Sponsored Links

七草粥はいつ食べるのが正解?

お昼の給食にも出る七草粥ですが、本当は1月7日の朝に食べるんですよ。

季節の変わり目であるお節句が1年に5回ありますが、そのひとつが1月7日の人日の節句です。

人日と書いて「じんじつ」と読みます。年に5回ある最初のお節句で元旦から数えて7日目が人日になります。ほんとうは旧暦ですけれどね。

中国には元日から六日目までは動物を当てはめて占う風習があって七日目は人を占う日に当てたのだそうです。だから1月7日は人日の節句というわけなのです。

もともとは七草神事は中国の習わしでした。中国では1月7日の人日の節句に無病息災を願って7種類の野菜のお吸い物を食べるようになりました。

日本でも昔から年の初めには雪の合間から芽を出した若菜を摘む風習があってそれと結びついたのですね。

それにもともと日本には7種類の穀物でお粥を食べて健康を願う風習もあったのでそれと若菜摘みと人日の節句が結びついたのです。

そもそも七草って何?

七草粥の七草というのは、

  • セリ
  • ナズナ
  • ゴギョウ
  • ハコベラ
  • ホトケノザ
  • スズナ
  • スズシロ

のことです。

「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、これぞ春の七草」って聞いたことありませんか。

セリはセリ、ナズナはぺんぺん草、スズナはカブ、スズシロは大根です。ゴギョウは母子草、ハコベラはハコベ、ホトケノザはコオニタビラコ、ハコベラはハコベ。

春の七草

春の七草はそれぞれにいろいろな効用がありますが、もともとは旧暦の1月7日に食べるものなので今の暦の1月7日にこれを全部そろえるのはほんとうは無理なのです。スーパーなどにはパックに入って売ってはいますが・・・・

春の七草でいうホトケノザというのはみんなが聞いたことがあるホトケノザとは実は違います。

紫というかピンクの濃い色のかわいい花をつけて花を囲むように葉っぱがついているあのホトケノザとは別物なんです。

なぜコオニタビラコのことをホトケノザともいうのでしょうか。実はコオニタビラコも葉っぱの形が仏様の台座に似ているからなんですね。

七草の効用は

七草を使って作った七草粥のエキスには医学的にも弱った胃腸にやさしく食欲も増すという効果が証明されています。

セリにはビタミンB2や鉄分、カルシウムが多く含まれていて食物繊維も豊富です。セリには特有の香りがあってその香りが消化を促すのです。

ナズナはタンパク質、カロチン、ビタミンB1・B2などが多く含まれていて解熱作用や利尿作用があります。

ゴギョウはタンパク質やミネラルが多くて胃炎にいいですし、ハコベラにはミネラルが多く含まれていて整腸作用があります。

七草のホトケノザは黄色の花をつけるコオニタビラコのことで胃腸の働きを高めてくれます。

スズナの葉っぱにビタミンやミネラルが豊富で白い根っこのほうは消化がいいですね。

スズシロの葉っぱにはビタミンB1・B2・Cが多く白い根っこにはタンパク質分解酵素やでんぷん分解酵素が多いのです。

このように、七草はどれもビタミンやミネラルが豊富でデトックス作用があるのですね。

Sponsored Links

七草粥の作り方

ほんとうに七草粥を作ろうと思えばスーパーで買ってきた七草を刻んで湯がいてお粥の中に入れればそれでOK・・・ということではありません。

ほんとうは6日の夜に「七草囃子」という唄を歌いながらまな板の上の七草を包丁やすりこ木で7回ずつ、つまり7×7で全部で49回、トントンたたくところから始まります。

「七草囃子」の唄は地方によって多少違っているようですが、厄払いのために歌う唄です。トントンした七草を火を止める直前のお粥に入れて出来上がりになります。

出来上がった七草粥は神様にお供えしてから朝家族みんなで食べるのですね。

七草粥を作るときには薪、火箸、包丁、杓子など七つの調理道具も用意しなくてはなりません。

それにトントンするときはその年の恵方(節分に恵方巻を食べるときに向く方向)を向いて行います。七草粥を作るのにもほんとうはいろいろな決まりごとがあるのですね。

そこまでこだわらないのであれば冷蔵庫に入っているネギや三つ葉、ほうれん草などの野菜を入れて作ってもいいのではないでしょうか。

七草粥

七草粥はどうして食べるのかな

七草粥は人日の節句に食べる御節料理のひとつですが、もともとはその年の五穀豊穣と無病息災を願って食べられていました。

お正月にごちそうをいっぱいいただくからごちそうで疲れた胃腸を休めるために食べるというのはずいぶんあとからの理由づけです。

とはいえ、今の時代、確かにごちそう攻めのお正月がひと段落したときに七草粥をいただくのは理に適っているかもしれませんね。

お正月で疲れた胃を休ませよう

七草粥の七草はビタミンやミネラルが豊富でデトックス作用がありますが、あえて七草を用意しなくても家にあるお野菜を入れて作ったお粥も胃腸にやさしいでしょう。

ネギにはビタミンA・B2・Cが多く消化作用があり、ほうれん草にもビタミンやミネラルが多く含まれていて免疫力を高める効用があります。また、ミツバはセリ科で食用増進作用もあります。

お正月のごちそうに飽きたら七草粥で胃腸を休めてあげるといいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。