帝王切開の傷はいつ塞がるの?痛みが残らないようにする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
笑顔のお母さんと赤ちゃん

帝王切開での出産で母体に関して気になるのは傷の痛みについてといつ傷口が塞がるかということでしょう。帝王切開の手術後の傷について、いつ塞がるのか、痛みが後を引かない術後のケアについてまとめました。

Sponsored Links

帝王切開の傷の処置

帝王切開には何らかの理由で最初から帝王切開での出産とする予定帝王切開と普通分娩の予定だったのが赤ちゃんや母体の様子で急に切り替わる緊急帝王切開があります。

いずれにしてもお腹と子宮を切って赤ちゃんを取り出します。

どちらの場合も術後の傷口の処置については産院によって異なります。

糸で縫合する場合と医療用ステープラーでホチキスのように止める場合がありますが、糸の場合も溶ける糸を使う場合と溶けない糸を使う場合があります。

それぞれに一長一短があります。

帝王切開になった場合には術後の傷口はどういった処置をするのか事前に確認しておきましょう。

帝王切開の傷はいつ塞がる?

傷口の処置は産院によって異なりますが、術後の傷口を固定するために縫合処置をするのですね。

傷口は一般的には術後2日ぐらいでとりあえずくっつきます。

このプロセスがうまくいかないと傷がずれてしまったり開きやすくなったりしてしまうことがあります。

傷口が塞がるというのと傷が治るというのは別のこととなります。

帝王切開の傷は術後1~2日ぐらいで傷口の表面の浅い部分は塞がります。ただし、弱い力でくっついているだけなので術後しばらくの間は安静にしている必要があります。

そして、とりあえず傷口は塞がっても皮膚の下では炎症が続いています。

帝王切開の傷跡 がミミズ腫れに!かゆい!痛い!テープでケアを!

術後のケアがたいせつ

退院後も皮膚接合用のテープやシリコンジェルシートなどで傷口を保護してあげるのもよいでしょう。

ただ使用するテープの材質は体質によって合う合わないがあるので術後の医師の指示に従ってケアをするようにしたほうがいいですね。

Sponsored Links

その後の傷への対処法

傷口が塞がる第一段階を経て本格的な修復となる第二段階に入りますが、この段階になると身体から糊のようなものを出して傷口を固めていきます。

帝王切開に限らず手術した後の傷口は元の状態に戻るわけではありません。

修復の第二段階で本格的な修復となりますが、この時期になると逆に動かした方がよいのです。

実は帝王切開で横切開した場合も縦切開した場合でもお腹の中の傷は縦にできています。

帝王切開をしたあとにはおむつを替えたり赤ちゃんを抱っこしたりおっぱいを飲ませたり赤ちゃんのお世話がありますね。

そのうえ痛みがあるのでどうしても前かがみになりがちです。

このころに痛みを感じるのは実は順調に回復している証拠なのですが、痛いとどうしてもお腹をかばってしまいますね。

お腹の中の傷は縦なのですが、前かがみだと縮んだ状態になってしまいます。

このころには本格的な修復の第二段階に入っているのですが、前かがみの状態が続くと縮んだ状態で固まろうとします。

痛みがあるとお腹をかばって前かがみになるので縮んでしまいますが、伸ばそうとすると痛いのでまた前かがみになってしまう、すると縮んだまま固まるという悪循環になってしまいます。

ところが、傷が縮んだまま治ると元々の長さよりも短い状態で傷が塞がってしまっているのでひきつれる感じがずっと残ってしまいます。

Sponsored Links

痛くても動かそう

第二段階の修復に入ってから痛みがあるからと同じ姿勢でかばっていると傷が縮んだまま固まって別な痛みが続いてしまうことがあります。

また、同じ姿勢を続けていると身体の他の部分に負担がかかってしまいますね。

痛みを長引かせたり後遺症を残さないためには傷が元々の状態とは違う状態で固まってしまわないように少しだけお腹を伸ばしてあげるなどして気を付けてあげるといいのです。

極端なストレッチでなくてよいのです。前かがみになりがちな姿勢からまっすぐに姿勢よく立つぐらいを気づいたときに何度かするだけでもずいぶん違います。

第二段階の修復過程が終了する1年未満の間であれば効果がありますよ。

帝王切開の痛みはいつまで続く?麻酔が効くのはどれくらい?

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。