赤ちゃんは飛行機にいつから乗せれる?無料なのは何歳まで?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
飛行機に乗った赤ちゃん

里帰り出産で自宅に戻るときや産後実家への帰省などで赤ちゃんを連れて飛行機に乗ることがありますね。赤ちゃんは体が未熟なので、飛行機は体に負担がかかるのではないか?と心配になるかもしれません。生後どのくらいから赤ちゃんを飛行機に乗せられるか、そのときのチケット代、赤ちゃん連れで飛行機に乗るときの注意点などについてまとめてみました。

Sponsored Links

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れる?

里帰り出産後に自宅に戻るときや産後何かあって実家に行かなければいけないなど、小さい赤ちゃんを連れて飛行機に乗らざるを得ない状況が出て来ることがありますね。

また赤ちゃんを連れての旅行などを考えている方もいるかもしれません。

飛行機に乗っていても赤ちゃん連れのおかあさんやご家族を見かけますが、赤ちゃんが飛行機に乗れるのはいつごからなのでしょう。

航空会社によって異なる

赤ちゃんがいつから飛行機に乗れるかは、航空会社の規定で決まっていて、ANAやJALでは国内線、国際線ともに生後8日以降であれば飛行機に乗ることができます。

つまり生後8日未満の新生児は飛行機に乗ることができません。

最近はピーチやジェットスターなどのLCCもありますが、こちらも国内線の場合にはほとんどの航空会社が生後8日以降となっています。

ただ、航空会社によって異なる場合もあるので利用しようと思う航空会社に直接問い合わせてみてくださいね。

実際にはどのくらいからなら大丈夫?

生後8日以降であれば乗れることにはなっていますが、生後間もない赤ちゃんは免疫力がまだ低いので、できれば新生児期には外に連れ出すのは控えたほうがいいでしょう。

できれば1ヵ月健診後にしましょう。1ヵ月健診で医師に相談して大丈夫ということであれば安心ですね。 

おかあさんの体調も考慮

よほどのことがない限り赤ちゃんを連れで飛行機の乗るときにはおかあさんもいっしょですね。

産後しばらくは無理をせずできるだけ安静にしていたほうがよいので、飛行機に乗るのはできればおかあさんも産後1ヵ月経ってからのほうがいいでしょう。 

赤ちゃんは飛行機のチケット代はかかるの?

赤ちゃんのチケット代は航空会社によっても異なり、国内線と国際線でも料金体系が違います。

赤ちゃん用に席を取るかどうかで料金が決まります。国内線の場合には3歳未満は、同伴者の膝の上に座らせるか、座席をひとつ確保してチャイルドシートを使って座らせるかを選ぶことができます。

国内線の場合

3歳未満でも座席を取る場合は大人の料金の50%の価格でチケットを購入する必要がありますが、膝の上なら無料です。

ベビーベットも使用できますが、装着数が限られているので予約時に申し込んでおいたほうがよいでしょう。

2歳になると、同伴者の膝の上か座席に座る場合はチャイルドシートなしで座ることもできます。

3歳以上になると、座席を取る必要があります。5歳までは12歳以上の同伴者が必要で、大人1人につき3歳未満の子どもは2人まで連れて乗ることができます。

この場合は、子どもの席は最低では一つは取って、1人は座席に乗せなければなりません。

国際線の場合

国際線の場合には2歳未満で座席を使わなければ大人料金の10%、座席を利用する場合には75%の料金になります。

国際線の場合には2歳未満で膝にのせていても10%の料金がかかってくるのですね。 

上記はJALやANAの場合です。ピーチやジェットスターなどのLCCは各航空会社によって異なるのでそれぞれの航空会社に確認してみてくださいね。

Sponsored Links

赤ちゃんがいる時に選ぶべき席は?

赤ちゃんを連れて飛行機に乗るときにはどの位置の座席を選ぶとよいでしょうか。

実は飛行機の座席は前方から埋まっていきます。

ですから、満席にならない限りは、後方の座席は空いていることが多いので、周りの方への配慮を考えると後部座席がよいでしょう。出入りがしやすい通路側がいいですね。 

赤ちゃんを連れていると優先搭乗ができるので後方座席でも先に入れますが、降りるときには最後になります。

乗り継ぎなどがある場合には時間的に余裕をもっておきましょう。

赤ちゃん連れで飛行機に乗るときに気をつけたいこと

機内にはおむつ交換台もありますし、スタッフがミルクを作ってくれるなどサポートなどもあるなどのサービスもあるので安心です。

また空港では、ベビーカーの貸し出しなどのサービスがあります。

授乳室、キッズスペースなどの場所を事前に調べておいて活用すればより快適に飛行機に乗ることができますね。 

各航空会社のサポート

各航空会社には赤ちゃん連れの搭乗者向けのサポートサービスがあります。

JALには「ベビーおでかけサポート」がありますし、ANAもネットで「小さなお子様連れのお客様へ」というサイトに赤ちゃんを連れて乗るときのいろいろなサービスについて詳しく書いてあります。

LCCも各航空会社のサイトに赤ちゃんを連れて搭乗する際のサポートサイトがあるので事前に調べて上手に利用しましょう。

搭乗する航空会社のサービスを事前に調べて利用できるものは利用できるようにしておくと心強いですね。

飛行機で泣き出した赤ちゃんへのCAの粋な対応

搭乗時間はできるだけねんねタイムに合わせて時間を決めると、飛行機に乗っている間に寝てくれやすくなるのでおかあさんの負担も少しは減るかもしれません。

気圧の変化による耳の痛みは、飲み物を飲むことで和らぐので、離着陸時には授乳するとよいでしょう。 

赤ちゃん連れでの飛行機の搭乗は、赤ちゃんが泣いても別の場所へ移動することができないので、ぐずって泣き止まなかったら周りに迷惑がかかってしまうなど心配もありますね。

おかあさんが緊張しすぎると赤ちゃんも不安に感じてしまうものです。しっかり準備はして、あとはリラックスして空の旅を楽しみましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。