エルゴでおんぶはいつから?事前にチェックすべきポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
エルゴでおんぶ

エルゴはおんぶひもとしても使用できますが、おんぶで使用する場合にはいくつかの制限があります。そのため、エルゴを使っているけどいつからおんぶできるのかで迷っているおかあさんも多いようです。今回はエルゴをおんぶで使用する場合についてまとめてみました。

Sponsored Links

エルゴでおんぶが出来るのはいつから?

赤ちゃんを抱っこすると両手が使えなくなってしまうので何か作業をするのは難しいですね。

赤ちゃんをおんぶしてしまうと両手が使えるようになるので、赤ちゃんをおんぶしたまま掃除機をかけたり、洗濯物を干したり、食事の用意をしたりできるようになって、家事も大いにはかどりますね。

生まれたばかりの赤ちゃんは、当然のことですが、首がまだ座っていません。

この時期は体も柔らかいので、抱っこひもの中でも姿勢が安定しないのですが、別売りのインファントインサートを使えば新生児の体を固定し、安定させることができるので、新生児でも抱っこすることができるようになります。

> エルゴを新生児に使うのはいつから?判断基準は赤ちゃんの体重

ただし、インファントインサートを使っても首をしっかり固定させることはできないので、抱っこしたときに赤ちゃんの頭がぐらついていないか、変な位置に入りこんでいないかを確認しながら抱っこする必要があります。

> エルゴのインサートと足の位置|2パターンを使い分けよう

エルゴをおんぶで使用した場合、もし首がふにゃっと曲がって変な位置に入りこんでいても、背中側で見えないので気づくことができません。

そのため、エルゴをおんぶで使うことができるのは、赤ちゃんの首が座ってしっかり安定していて、おんぶ中に頭の位置を確認する必要がなくなってからということになります。

> エルゴのインサートはいつまで使う?取り外す時の4つの条件

一人でエルゴを使って赤ちゃんをおんぶをする方法

Sponsored Links

いつ頃赤ちゃんの首は座るの?

赤ちゃんの成長、発育には個人差があります。赤ちゃんの発育状態は胎内にいた日数なども合わせて考えるのですが、例えば出産予定よりも1ヶ月早く産まれた子と、出産予定日以降に産まれた子では首が座る時期にも差が出やすいです。

生まれたときの体重や、その子の首周りの筋肉の付き方、その後の母乳やミルクの飲み方などによっても差が出てきてしまいます。

早い子であれば生後3ヶ月くらいでも首がしっかりと座ってきますが、赤ちゃんの首が座るとされているのは平均的には生後5ヶ月頃だと言われています。

しっかり首が座ってきて他の条件もクリアできていれば、エルゴの抱っこひもをおんぶで使用もできるようになります。

首が座っているかを確認する方法

赤ちゃんの首は「今日から首が座る」とはっきりしているのではなく、毎日少しづつ自然と身についていくものです。

早い子では生後3ヶ月ころになると首が座ってくるので、試しに赤ちゃんをうつぶせにしてみましょう。

その時、赤ちゃんが長時間首を持ちあげることができるか、頭を持ち上げられるか、向いている方向を自分で変えられるかをみましょう。

うつぶせで自由自在に頭を動かせるようであれば、首が座っている証拠です。

このように赤ちゃんの首が座っているかを確認して大丈夫であれば、エルゴでおんぶをしても大丈夫でしょう。

> 赤ちゃんにうつ伏せの練習は必要?首の座りが早くなる?

Sponsored Links

エルゴをおんぶで使う場合

エルゴをおんぶで使う場合には首が座っているのはもちろんですが、生後6ヶ月以上たってから、また、体重の目安として7.8キロ以上になってからといわれています。

そのころになるとおそらく両膝がベビーキャリアからもきちんと出るようになっているでしょう。

いくら首が座っているからといってあまり小さいうちにエルゴでおんぶするのはやめておいた方がいいですね。

エルゴをおんぶで使うときには説明書をきちんと読んでからにしましょう。正しい方法でおんぶしないと途中で赤ちゃんを落としそうになったり、きちんとおんぶできません。

おんぶに慣れるまでは装着するまでに結構時間がかかるかもしれませんが、説明書をひと通り読んでから上記の動画を参考にしてゆっくりおんぶしてみましょう。

おんぶしたときに赤ちゃんの股関節が開いて足がM字型になるようにします。

また、赤ちゃんのからだの中心とお母さんの中心がきちんと合うようになっているとよいのですが、慣れないうちは鏡の前でやってみるとよいかもしれません。

エルゴはとても便利なので赤ちゃんが小さい頃は本当に重宝します。

特におんぶができるようになると赤ちゃんをおんぶしたまま家事も出来るのでとっても助かりますね。

ただし、エルゴをおんぶで使うのは、ここで紹介したように、生後6カ月以上で体重が7.8キロ以上になって、赤ちゃんの首がしっかり座ってからにしましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。