赤ちゃんにお茶はいつから飲ませる?選び方のポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
湯飲みに入ったお茶

赤ちゃんにお茶を飲ませるのはいつごろからかなと思ったことはありませんか?お茶にはカフェインが入っている物もあると聞くし、お茶といってもいろいろな種類があるからどんなお茶をあげたらいいのか悩みますよね。今回は、赤ちゃんにお茶を飲ませる時期、赤ちゃんにも飲ませられるお茶の種類についてご紹介していきます。

Sponsored Links

赤ちゃん用のお茶はいつから?

子ども用品店やドラッグストアなどで赤ちゃん用のお茶が販売されているのを見かけたことはありませんか。

赤ちゃん用のお茶を飲ませてみたいけど、いつから飲ませることができるのかしらと思う方もいるかもしれません。

赤ちゃん用のお茶のパッケージには生後1ヶ月頃から大丈夫と書かれているものもあります。でも本当に生後1ヶ月頃から飲ませることができるのでしょうか?

必ずしも飲ませなくても

一般的には生後1ヶ月頃になればお茶を飲むことができると言われていますが、必ずしも飲ませる必要はありません。

基本的には生後1ヶ月の赤ちゃんにお茶を飲ませる必要はないのですが、母乳やミルクの他にも水分補給させたいと思うなら、生後1ヶ月頃から飲ませることもできます。

Sponsored Links

イオン飲料よりはお茶を

夏などの暑い季節になれば、赤ちゃんも喉が渇きやすくなるので、こまめに水分を補給したいところです。

母乳育児であれば母乳を飲ませているだけで十分水分補給になってます。

中には母乳以外でも水分と摂らせたいと思いイオン飲料を与えるという人もいますが、イオン飲料は糖分が多く含まれているので、イオン飲料をあげるならお茶の方がいいでしょう。

赤ちゃんにあげるお茶の選び方

初めて赤ちゃんにお茶を飲ませる場合には、スプーンひとさじから始めてみましょう。

麦茶が一般的ですが、赤ちゃんも好みがあるので、苦味が気になってべーと出してしまう場合もあります。

最初は苦くてお茶を飲まない場合もありますが、何回か試しているうちに飲むようになることもあるので、色々試してみると良いでしょう。

赤ちゃん用のお茶なら安心

麦茶はあまり飲まないという場合には、赤ちゃん用と書かれているお茶がベビー用品店やドラッグストアなどにおいてあります。

少量ずつ粉になっていて、それを水で溶かして飲ませることができるようなものも販売されています。

最初はそのような味の薄いものから始めてあげるのがおすすめです。ただ、お茶を飲みすぎて母乳やミルクを飲まなくなってしまう場合もありますので、与えすぎには注意しましょう。

Sponsored Links

赤ちゃんにカフェイン入りのお茶はNG!

お茶にはカフェインが含まれているものもあります。一般的にほうじ茶や抹茶はカフェインが多く含まれているので、赤ちゃんには与えないようにしましょう

胃腸が未発達な赤ちゃんがカフェインを摂取すると、興奮して寝つきが悪くなったり、夜泣きが起こってしまう場合もあります。

必ずカフェインの入っていないお茶か赤ちゃん用のものを選んであげてください。

大人の感覚では暑い夏は冷たい方がおいしいと思うかもしれませんが、赤ちゃんには体のためにも常温のものを与えてあげましょう。

焦らず自然に

赤ちゃんにお茶を飲ませるのは生後1ヶ月頃から大丈夫なのですが、必ず与えなくてはいけないものではありません。

生後6ヶ月頃を過ぎて、離乳食が始まれば自然と母乳やミルク以外の水分も摂取するようになるので、「いつから与えなくては」と考えず、焦らず様子を見守りながら与えるようにしましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。