赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで?すぐ実践できる対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
泣く赤ちゃん

夜中に赤ちゃんに泣かれるほど切ないことはないですね。夜泣きはいつからいつまで続くのでしょう。夜泣き対策はあるのでしょうか。夜泣きが続く赤ちゃんとどう付き合っていけばいいのでしょう。


Sponsored Links

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで続く?

赤ちゃんの夜泣きはほんとうに個人差があるのでいつから始まっていつ終わるかは一概にはいえません。

早い子は新生児ごろからずっとグズグズが続いてそのうち夜ごと泣くようになったり、生まれて半年ぐらいから突然始まる子もいます。一方で夜泣きとは無縁という子もいます。

夜泣きがおさまる時期も赤ちゃんによってさまざまです。1歳ぐらいでおさまる子もいれば逆に1歳ごろから始まって2歳ぐらいまで続くということもあります。

「夜泣きしなくてほんと助かった」なんて言っていたのになぜが3歳ごろになって「夜泣きが始まっちゃったよ」なんて言っていた友だちもいました。ほんとうにその子によって始まる時期もおさまる時期もいろいろです。

夜泣きが続くとおかあさんはほんとにまいってしまいますね。いつまで続くかわかりませんが、絶対にいつかは必ず終わります。

夜泣きってどうしてするの?

3~4カ月ごろの赤ちゃんが夜泣くのは切実な生理的要求に基づいている場合が多いようです。

断定できないのは赤ちゃんによって夜泣きの原因が違うからですが、この時期は生理的要求による場合が多いです。

おながすいた、のどが渇いた、暑い、寒い、着ているものがゴロゴロしていて気持ち悪い、布団が重たい・・・。どこかが痛かったりかゆかったりすることもあります。

中にはおしっこが出たり、自分の頭や手足が無意識に動いたりしたときにビクッとして泣き出す子もいます。

もう少し大きくなると昼間何かしら赤ちゃんにとって刺激的なことがあって夢を見ているからだったり、暗い中でおかあさんがそばにいなくて不安になったり、おかあさんが大好きだから気をひきたいとか生理的要求以外のことが引き金になって泣き出すことも出てきます。

Sponsored Links

夜泣きにもいろいろある

泣く赤ちゃん

夜泣くから夜泣きなのですが、夜泣きといってもいろいろあります。

体調がよくなくて泣く場合やおなかがすいて泣いたりするのは夜泣きとは言わないという人もいます。

確かに鼻が詰まっていたり熱が出ていたりすると夜も泣くことが多いですね。

離乳食が始まっていてお腹がすいて泣くときは離乳食を少し増やしてみると泣かなくなったということもあります。

何かしら原因がわかるときは対処方法もあるのですが、機嫌よく眠ったはずが夜中に突然泣き出したりすることが何日も続くとほんとうに困ってしまいますね。

夜泣きをする時に試すこと

まずしっかり眠れない原因を取り除いてあげましょう。部屋の温度や湿度、布団の中の温度、赤ちゃんにとって快適になっているでしょうか。

おしめは汚れていませんか。着ているものが窮屈だったりどこかにしわが寄っていて気持ちが悪くないでしょうか。寝るときの体勢はどうでしょう。どこかかゆかったり痛かったりしていませんか。

もちろんおなかがすいていたり、のどが渇いているようであればおっぱいやミルクをあげてみましょう。

ひととおりのことを確認してやってみても泣きやまない場合もあります。

そんなときは覚悟を決めて付き合ってあげてください。イライラしながらが一番いけません。

夜泣きが続いて体力的にも精神的にもまいってしまわないように昼間休めるときに赤ちゃんといっしょに休んでおきましょう。

夜泣きのお付き合いのためには日中の家事にも少々目をつぶることです。イライラしてしまうときはそれはそれでしかたありません。自分を責めないでくださいね。

Sponsored Links

夜泣きに効果がある対処法はあるの?

夜泣きの原因が赤ちゃんによって色々あるように、効果のある対処法も赤ちゃんによって違います。

ですから、どの赤ちゃんも絶対に夜泣きが治るという対処法はないのです。

夜泣きがひどい時には車に乗せるとよく寝るという赤ちゃんや音楽や胎内音を流しているとよく寝る赤ちゃんがいるように何か赤ちゃんがよく寝るパターンが分かるといいですね。

ここでは、赤ちゃんによって効き目は違うけれど安眠しやすくなるという音楽や胎内音を集めてみました。

子育て中の友達に教えてあげたら赤ちゃんによって効果が違うようなのでそれぞれ試してみてくださいね。

原因がわからずに泣き続けるときには

原因がよくわからない夜泣きは案外ほおっておけばひとりでに寝てしまうこともあります。

欧米みたいに小さいころから子ども部屋でひとりで寝かせていれば夜泣きをしてもほおっておくこともできますが、日本の住宅事情ではそうもいきませんね。

どうしても、泣く=悪いこと、泣く=どこかよくないところがあると思ってしまいますよね。

泣くには泣く赤ちゃん側の理由があるのでしょうけれど泣いて困るのは親側の理由です。

もちろん欧米でも完全にほおっておくわけではなく泣いたらそばにいって様子をみたり寝入るまで背中をトントンしてあげたりあやしたりしているようです。

完全に知らないふりということはないようですよ。ひとりで寝ることができるようにサポートしているのですね。

赤ちゃんが不快を感じているかもしれない原因を調べてもよくわからないときは泣いていてもしばらく様子を見てみましょう。

泣くことは悪いことだから何とか泣かせないようにするという発想から離れましょう。

赤ちゃんが泣くと親としては赤ちゃんがかわいそうと思ったり泣き続けられると困るから何とかしたいと思うでしょうが、抱っこせずにいても寝るときになったら寝るということもあります。

もちろん抱っこしてあげてもいいですし、背中をトントンして子守歌を歌ってあげてもいいでしょう。

添い寝をしながらじっと見守っているのでもいいんです。赤ちゃんの様子を見ながらどうするのが自分たち親子にとっていい方法なのか見つけてくださいね。

Sponsored Links

ハウツーに縛られないで

featured-image14

夜泣き対策はいろいろあります。自立心を育てるには欧米式がいいから泣いてもほおっておくとか泣かせるのは悪いことだから何とか泣きやますために抱っこしなくてはいけないとか、何かひとつを信じ込んでしまうと自分が苦しくなります。

夜泣きには理由があるものと理由がわからないものがあること。

こうすれば必ず泣きやむという万能策はないこと。

そもそも泣く=悪いことと思わないこと。

おかあさんがゆったり構えていられるように工夫すること。ハウツーに縛られないでくださいね。

夜泣きは赤ちゃんの成長過程で起こってくることです。

夜泣きが続くとほんとうに大変ですが、いつまでも続くものではないので自分たち親子の環境の中で一番いい方法がみつけられるといいですね。

我が家の場合は夜泣きをして大変だった子もいれば全然泣かなかった子もいます。

夜泣きがひどいときはひと晩中抱っこしていたときもあればしばらく泣かせて様子を見ていたときもありました。

もういい加減にしてってイライラしたときもありましたし、「赤ちゃんってこんなものよねぇ」って余裕を持って対処できるときもありました。

子育ては臨機応変。いつも子どものことがわかって楽しく子育てできるわけではありません。

そのときそのときで精いっぱいやればいいんです。頑張れないときは頑張らなくたっていいのです。子育てに正解はありません。夜泣き対策だっておんなじです。

昼間たくさん遊んで疲れさせるといいというのでやってみたら返って興奮して寝なくなってしまったなんてこともあります。

何とか泣きやませようと思っていろいろ手を尽くしているといつまでも甘えてグズグズしていることもあります。

そのときによって違ってきて当然。いろいろな人のいろいろな体験を聞いてみるといいですよ。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。