赤ちゃんのおもちゃはいつから?新生児用玩具を選ぶ5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんと遊ぶおかあさん

新生児のころはほとんど寝てばかりいますが、いつ頃からおもちゃに興味を持ち始めるのか気になりますよね?そこで今回は新生児の赤ちゃんがおもちゃで遊び始める時期やどんなおもちゃがよいかなど、新生児期のおもちゃについてまとめてみました。

Sponsored Links

赤ちゃんのおもちゃはいつから?

新生児のころは寝てばかりいるので、どんなおもちゃに興味を持つのか分からないですよね。

そのため何かおもちゃを買ってあげたくてもどんなものがいいのか分からないというおかあさんが多いようです。新生児が興味を持つおもちゃを知るためにまずは新生児の特徴を見ていきましょう。

新生児はあまりよく見えていない

産まれてからまだ日が浅い、生後1ヶ月頃の新生児は、実はまだぼんやりとしか物が見えません。

何となく見えているだけで立体的に見ることがまだできないのです。目の前に何かがあったり、人がいても判別できないのですが、聴覚はとても発達しているので耳はよく聞こえています。

おもちゃと脳の発達の関係

新生児期でもおもちゃで遊んであげることは、脳の発達ととても効果的だと言われています。

赤ちゃんの脳は全身からのいろいろな刺激を受けることで発達していくのですが、だからといってあまり強い刺激はよくありません。

Sponsored Links

新生児用おもちゃを選ぶポイント

音が出るおもちゃ

新生児用のおもちゃとして最初に選ぶのはガラガラでしょうか。

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は0.01~0.02ほどでぼんやりとしか見えていませんが、耳はよく聞こえているので音が出るもがいいですね。

日本では昔からガラガラと言っていますが、外国産のものはラトルとも言われています。

赤ちゃんがまだ自分で握れない新生児のころは大人があやすときに振って音を出してあげますが、握れるようになると自分で振って音を出して遊ぶようになります。

まだよく見えなていなくても耳はよく聞こえていて音には反応するのでガラガラの音を聞くと音のする方向に顔を向けたりもします。

赤ちゃんが自分で握れないうちは話しかけながら振ってあげるといいでしょう。

握りやすくて軽いものを

最初のうちは大人が振って声掛けをして遊んであげますが、そのうち自分で握れるようになるので小さな手でも握れるものがいいですね。

握る部分があまり太くなくて丸みがあるものがいいでしょう。

握ることができるようになってもまだ上手に手を使えないと手をびゅんびゅん振り回しているうちに顔に当たったりすることもあります。

軽くて間違って当たっても痛くないデザインのものを選びましょう。

Sponsored Links

はっきりした色のもの

ガラガラにはいろいろな形や素材のものがあります。まだあまりよく見えていないのではっきりした色づかいでコントラストがはっきりしているものがいいですね。

だからといってあまりにどぎつい色は避けたほうがいいでしょう。自然界にもある、はっきりしたあざやかな色調のものは赤ちゃんの視覚を刺激します。

天然素材で清潔を保てるものを

手でつかめるようになるとほっぺたに押し付けたり、口に持っていてかぶりついたりもします。

赤ちゃんが口にしても安全なもの、できれば天然素材のもので洗うことができるものがいいですね。こまめに洗って清潔な状態が保てるようにしましょう。

形や大きさにも注意しよう

あまりに小さいものは口に入れているうちに飲み込んでしまうことがあるので、大きさにも気をつけてくださいね。また当然のことですが、角があるようなものは危ないので形状にも気をつけましょう。

Sponsored Links

胎動音のメリーはよく眠る?

新生児のころのおもちゃとして昔からあるのがメリーです。天井からつるすものやベッドの柵にとりつけるもの、ベッドに置いて使えるものがあります。

いろいろな音楽に合わせてキャラクターや動物などがくるくる回るので、じっと見ていたり、動きを追ったりします。

最近では、特に新生児が聞くと安心するという、お腹の中にいたときに聞いていた胎動音が搭載されているメリーや赤ちゃんの脳の発達にいいと言われているクラッシック音楽を搭載したメリーもあります。

胎動音のメリーは赤ちゃんが安心して眠りにつけると言われています。

おもちゃがなくても遊べるよ

新生児期にはまだよく見えなくても聴覚は発達していますし、この時期には触覚を刺激することが脳の発達に大きな影響があることもわかってきています

上記にかかげたようなおもちゃもありますが、わざわざ特別なものを用意しなくても身の回りには楽しいものがいろいろあります。

おかあさんが歌を歌ってあげたり、いっぱい話しかけてあげるのもいいですね。また身の回りにあるいろいろな肌触りのもので楽しむのもいいでしょう。

新生児期はおかあさんもまだ赤ちゃんとの生活に慣れていなくてゆっくり休む時間もないかもしれません。

そんな時期だからこそ、ゆったりした時間を持って赤ちゃんに話しかけたり、おかあさんも赤ちゃんと楽しいひとときを過ごしてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。