幼稚園の面接を受ける時の服装は?避けた方がよい格好はコレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フォーマルな服

幼稚園の願書提出時に面接や面談を行うところも多いですね。面接や面談にはきちんとした服装でのぞみたいけれど、いったい何を着て行ったらいいのか悩んでしまいますよね。そこで今回は幼稚園の面接のときの親子の服装についてまとめました。

Sponsored Links

幼稚園の面接のときの親の服装

幼稚園の面接には何を着て行ったらいいでしょう。特にお受験の時の面接は、合否を判断される大切な場なので、やはり服装にも気を遣いますね

定番の服装というと、お母さんはスーツにブラウス、ヒールが高すぎないパンプス、お父さんはビジネススーツに、黒の革靴というフォーマルスタイルが一般的です。

受験がない幼稚園は?

私立幼稚園でも受験がない一般的な幼稚園や公立の幼稚園の場合には、逆にあまりかっちりとしたフォーマルな服装でいくと浮いてしまうかもしれません。だからといってあまりにラフな服装もTPOに反していますね。

スーツやワンピースなどの割ときちんとした服装の方がいい場合もあれば、ラフとまではいかないけれどスカートとブラウスやカットソーとか、パンツにシャツといったちょっとしたお出かけの時の服装でいい場合もあります。

ほぼ入園が決まっている方を対象に行われる幼稚園の面接の場合には、子どもの様子を見ることがメインになるので、親は普段着でという園もあります。

特に上の子が通っているとお迎えに行ったときに面接ということもあってそういう場合には、いつものカジュアルなままという人もいるでしょう。

Sponsored Links

NGな服装とは

地域性や幼稚園の雰囲気にもよるので、すでにその園に通わせている先輩おかあさんに尋ねてみるのがいいですね。

幼稚園にもよりますが、地方の場合には特にあまりにかっちりした服装で行くとかなり場違いな感じになることもあります。

過度に肌を出した服や派手で目立ちやすいデザインや色の服、よれよれで着古した感じの服、大きなアクセサリーなど華美な服装、清潔感のない服装は避けたほうがよいでしょう。

足元にも注意!

幼稚園は園内に入るときには靴のままというところは少なく、スリッパにはきかえるところがほとんどですね。

スリッパに履き替えた場合には足元がよく見えるので足元にも注意しておきましょう。

幼稚園の場合にはスリッパが用意されているところが多いと思いますが、携帯用のスリッパを準備しておくといいかもしれません。

入園すると行事で何度も足を運ぶようになりますし、小学校に入ってからも必要になるので何かと便利です。

子どもの服装は?

子どもの服装も園によって全く違ってきます。お受験幼稚園の面接時には普段着ではなくきちんとした服装にします。

女の子なら上品な感じのワンピースに白いハイソックス、黒のローファー、男の子ならスーツに蝶ネクタイもしくはネクタイ、黒の革靴が定番となっているようです。

入園が決まっている後の面接であればそれほどかっちりした服装でなくてもよい場合が多いですね。着古した感じでなく新しめの清潔感のある服装であればよいでしょう。

基本的には親子の服装によって入園が取り消されるようなことはありませんが入園予定の園に合った服装を選ぶようにしましょう。

園によってかなり異なるので上の子を通わせている人が近くにいる場合は、どんな服装がよいか一度聞いてみるのがよいでしょう。

Sponsored Links

説明会のときには何を着ていく?

最近ではお受験がない私立幼稚園などでも、説明会と面接が行うところが増えてきました。
面接の前に説明会が開催される場合には何を着て行けばいいか悩んでしまいますね。

一般的にはカジュアルすぎないワンピースにカーディガンを羽織ったり、スカートにシャツ、ベストを着たり、カーディガンや軽めのジャケットを羽織る、もしくはセットアップという服装が多いですね。

清潔感のある服装で

説明会のときにはかっちりしたものよりもちょっとしたお出かけ用で清潔感のある服装がいいですね。

子どもの服は、女の子ならちょっと綺麗めのワンピースやスカートにブラウスなどですね。

また、男の子も黒や紺のズボンに襟のついたシャツなどがおすすめですが、清潔感のある新しい感じの服装であれば普段着でもかまわないでしょう。ポイントは親子でバランスがとれた服装にすることです。

地域性も考慮して

どうせ入園が決まっているからといって、適当に普段着のままで行くと浮いてしまうこともあります。

逆にあまりきちんとした服装で行くと地域によっては場違いな感じになる場合もあります。

こうした場合の服装の傾向は地域によってずいぶん違いますし、同じ地域であっても園の雰囲気によってかなり違ってきます。

一般的に言われていることはあくまでも参考にすぎません。一般的に言われているからと言って鵜呑みにせず、心配であれば幼稚園に尋ねたり、在園児のいる知り合いのお母さんに事前に聞くのが一番確実ですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。