身長が伸びる年齢はいつ頃まで?成長期に大切な3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
身長を測る

子供の身長の伸び悩みが気になるというおかあさんは多いようです。いつ頃まで身長が伸びるのか?身長が伸びる年齢が気になりますよね。身長が伸びる伸びないは何に起因しているのでしょうか?今回は身長が伸びる年齢や栄養や睡眠との関係などについてまとめてみました。

Sponsored Links

身長が伸びるのは骨の成長

個人差が大きい身長の伸びですが、身長はいつごろまで伸びるのでしょうか?

身長が伸びるというのは骨が伸びる、骨が成長するということです。硬そうなイメージの骨ですが、骨って成長しているのですね。身長が伸びるときには、特に脚の部分の骨の成長が大きく影響しています。

骨端線が成長する

骨格標本を見たことがありますか。学校の理科室などに置いてあるあのガイコツです。

例えば脚の骨。長い1本の骨があるのではなくて太ももの部分にあるのが大たい骨、ひざから下は脛骨と腓骨と分かれていますね。

脚を形成しているこれらの骨の両側には骨端線というものがあります。「身長が伸びる=骨が成長する」ときには、この骨端線がとても重要になってきます。

骨端線は成長線とも言われているのですが、骨端線付近にある軟骨組織が増殖して骨になっていくことで身長が伸びていくのです。

つまり、「身長が伸びる=骨が成長する=骨端線が増殖する」ということなのですね。実は、この骨端線は成長期の子どもにしかありません。

Sponsored Links

身長が伸びる年齢は?

軟骨が骨に変わって骨が成長していく境目部分が骨端線なのですが、この骨端線は第二次性徴期(思春期)と言われている10~17歳ぐらいの間にしか現れないと言われています。

つまり、身長が伸びる時期は骨端線が現れているこの時期だけなのです。

この期間に骨端線の間の軟骨組織が骨の組織に変化するので、この時期を過ぎると骨端線は閉じてなくなってしまいます。

骨端線がなくなったということは成長期が終わったということ、つまり身長の伸びも止まったということになります。

骨端線が閉じる、閉じない

まれに男性で25歳、女性で22歳ごろまで骨端線が閉じない人もいて、この場合には成長期を過ぎてもまだ身長が伸びる可能性があります。

骨端線があるかどうかはレントゲンを撮ればわかります。骨端線が残っていれば成長期と同様のサポートを続けることでまだ身長が伸びる可能性が残っています。

Sponsored Links

成長期に大切な3つのポイント

身長が伸びる成長期に良質な睡眠、軟骨組織を増やすための栄養素の摂取などのサポートがあれば、骨端線にある軟骨組織を増やしてより身長を伸ばすことができます。

「寝る子は育つ」はほんとうです!

成長ホルモンはまさに成長に必要なホルモンです。ほとんどの成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。

成長ホルモンは深く眠っているときに多く分泌されます。浅い眠りではなく深くぐっすり眠ることが重要なのですね。また、早寝早起きも大切なことです。

最近の子どもは小さいころからスマホを持っていてしょっちゅうゲームをしていたり、運動不足やいろいろなストレスの影響で深い良質な睡眠がとりにくくなっています。

寝る前にはスマホなどの画面を見ない、寝るときは部屋を真っ暗にするなどの工夫をして良質な睡眠を確保しましょう。

運動不足を解消しましょう

運動不足を解消することは食欲増進や良質な睡眠を確保するために必要なことです。また、運動をすることで成長ホルモンの分泌も活性化されます。

何か特別なスポーツを継続するとからだの一部に負担がかかってしまうので、全身を使う運動をするようにしましょう。

中でも縦方向に圧力がかかる運動がよいでしょう。手軽にできるものといえば、ジョギングや縄とびなどがあります。ダンス、バレーボール、バスケットボールなどジャンプをするものもよいようです。

Sponsored Links

身長を伸ばす5つの栄養素と食品

成長期に特に必要な栄養素である次の5つの栄養素をしっかりとるようにしましょう。

  • カルシウム
  • たんぱく質
  • ビタミンD
  • 亜鉛
  • マグネシウム

それぞれの栄養素を含む食品をあげてみましょう。

  • カルシウムを多く含む食べ物
    乳製品、大豆製品、海産物、ごまなど
  • たんぱく質を多く含む食べ物
    豚肉、牛肉、鶏肉、魚類、卵、乳製品など
  • ビタミンD
    シイタケ、しめじ、きくらげ、干しシイタケ、さんま、ぶり、鮭など
  • 亜鉛
    カキ、納豆、ほたて、豚レバー、豚もも肉など
  • マグネシウム
    木綿豆腐、カキ、アーモンド、ほうれん草、大豆、インゲン豆、落花生など

骨=カルシウムと考えられがちですが、カルシウムだけをとっていてもだめなのです。ですから、これを食べれば必ず身長が伸びるというような決まった食品はありません。

偏らないで栄養バランスを考えていろいろな食品をとることが重要なのですね。

Sponsored Links

成長期以降は身長は伸びない?

骨端線が閉じてしまう成長期以降には身長は伸びないのでしょうか。骨が成長することで身長が伸びるという観点から言うと骨端線が閉じてしまった後は身長は伸びないと言えるでしょう。

ただし、成長期以降にも身長が伸びる場合もあります。

成長期以降に身長を伸ばす方法

大人になって骨端線が閉じてしまった後でも身長を伸ばす方法があります。

姿勢やO脚などの歪みがある場合にはその歪みがなくなるとその分身長は明らかに伸びます。猫背やO脚を矯正することで曲がっていた体型がまっすぐになり、その分身長が伸びるのです。

体の歪みに関してはいろいろな矯正法がありますが、無理な矯正は返ってからだに負担をかけてしまうことがあります。

大人になって体の歪みを矯正するにはその人の体に合う方法が望ましいので専門家に相談されるといいでしょう。

身長を伸ばすために大切なこと

成長期の生活習慣は健康維持だけでなく、身長を伸ばすためにもとても重要です。

身長の伸びに関係のある骨端線が現れている成長期には規則正しい生活とバランスのよい食事、適度な運動を心がけてください。

これは本人の自覚だけでなく家族のサポートがかなり重要になってきます。成長期の子どもが健康で規則正しい生活を送ることができるようにサポートしてあげてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。