お食い初めのやり方は地方で違う?願いを込めて自分たちのやり方で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
笑顔の母子

生後百日のころにその子が一生食べるものに困らないように、丈夫な歯が生えるようにとの願いを込めて「お食い初め」をします。平安時代のころから続く儀式ですが、やり方は地方によって多少異なるようです。一般的なお食い初めの儀式について、実際にどのように行われているかなどをまとめてみました。

Sponsored Links

お食い初めとは

生後100~120日ぐらいに、これまでよく無事に育ってきたというお祝いと安堵の気持ち、また、これからの成長と健康、一生食べ物に困らないようにとの願い込めて行われます。

百日(ももか)の祝い、歯がため、箸ぞろえ、真魚始め(まなはじめ)ということもあります。

離乳食を始めるのは5~6ヶ月なので、100~120日ぐらいのこのころは実際にはまだ食べることはできませんね。

ですから、お食い初めといってもいわゆる儀式であってこのときに実際に食べさせるわけではありません。

儀式として食べさせる真似をして実際には大人があとでいただきます。

お食い初めのやり方は地方で違う?

お食い初めの儀式のこころは同じでも儀式のやり方は地方によってかなり異なるようです。

儀式のやり方というよりは献立の内容や使う器ですね。

一般的には男の子は内側も外側も朱塗りの器、女の子は外側が黒で内側は朱塗りの器、お膳、白木の柳の箸を用意しますが、博多では「ポッポ膳」といって白木の曲げ物に松竹梅と鶴亀の絵柄などが描かれたお膳を用います。

また、お食い初めの一般的なメニューとしてはお赤飯、尾頭付きの焼き魚、汁物、煮物、香の物の一汁三菜です。

焼き魚は鯛が一般的ですが、地方によっては鮎やさわら、キンキなどの尾頭付きなどもあります。

お赤飯も北海道や東北では小豆やささげを使わずに甘納豆を使い、赤い色は食紅で出します。

Sponsored Links

歯がための儀式

歯がため石

赤ちゃんの歯が丈夫になるようにお食い初めのお膳に歯がため石をのせる風習があります。

これは特定の地域限定の風習なのでご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。

石のように歯が丈夫になるように、石を噛めるほど歯が丈夫になるようにとの願いを込めてお食い初めのときに行うのが「歯がため」の儀式です。

歯がため石はお宮参りのときに神社でいただくこともありますし、氏神様にお参りしたときに境内の小石をいただいて帰り儀式が終わってからお返しするという場合もあります。

また、近くの河原できれいな小石を拾ってくることもあります。

基本的には1~3個、小さな丸い小石を用います。

儀式については後で記しますが、直接赤ちゃんの口につけるものではないにしろ、石は煮沸消毒しておいたほうがいいでしょう。

歯がため石の代わりになるもの

歯がため石が用意できない場合や地域によっては石のかわりにタコやあわび、くりの実、紅白餅、梅干などを用いることもあります。

タコやアワビ、紅白餅、くりの実は石ほどではないにしても固いですし、梅干はしわしわになるまで長生きできるように、また辛抱強い子に育つようにとの願いが込められています。

Sponsored Links

お食い初めの儀式

昔からの風習としてはお食い初めの儀式は養い親といって身内の最年長者が行います。

親と子どもだけでなく、親戚が集まってお祝いしたのですね。

100日ぐらいの赤ちゃんはまだ食べることはできないのでお膳に並んだものを養い親が箸で口に持って行って食べさせる真似をします。

お膳のものをひととおり口元に持っていってからさいごに丈夫な歯が生えることを願う歯がための儀式を行います。

歯がため石やそのかわりのタコなどに軽くつけた箸を赤ちゃんの歯茎にやさしくあててあげます。

歯がため石の儀式はもともとはある地域のみで行われていたのですが、最近では情報網の発達からいろいろなところで行われているようですね。

Sponsored Links

地域や家でやり方が違う

一生食べ物に困らないように、丈夫な歯が生えるようにとの願いは同じでも、こうした儀式は地方によって、また家ごとにやり方が違うものです。

最近ではネットショップで高価なお食い初め膳の食器セットや料亭などのお食い初め用の仕出しが簡単に入手できるようになりました。

高価なお食い初めの食器をその後も使うというのもよいかもしれませんが、無理をせずに離乳食から幼児食まで使えるような器を用意するのもよいのではないでしょうか。

献立も基本の形にそって、あとで大人たちが皆でいただけるような内容の料理を家で準備されるのもよいでしょう。

両家の祖父母やおじおばなど大勢が集まってのお食い初めもあるでしょうし、自分たち家族だけで行うこともあるでしょう。

また、生まれ育った地域によってお膳のしつらえや献立、やり方など異なるので、どれが正式なのかとあまり気負わずに、その子の成長を願ってご自分たちにふさわしい方法でできるといいですね。

気になることがあるのであればお互いの親に聞いてみるのもよいかもしれません。

赤ちゃんの成長をお祝いする節目の儀式です。

あれもこれもと気負いすぎずにお祝いの根底にある願いや気持ちを大切にしてお祝いしてあげてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。