赤ちゃんの耳に水が入ったけど大丈夫?中耳炎になる可能性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

赤ちゃんをお風呂に入れる際に気を付けたいことのひとつが、耳の中に水ができるだけ入らないようにすること。少しでも水が入ってしまうと中耳炎になってしまうのではと心配になるママも多いですが、実際はどうなのでしょうか?今回は水が耳に入らないようにするコツや入ってしまった場合の対処法をまとめてみました。

Sponsored Links

赤ちゃんの耳に水が入ってしまったら

もしお風呂の水が入ってしまった場合、お風呂から上がったときに耳の中やふちをタオルで軽く拭き取ってあげるようにしましょう。

まだ取れていないかもと思うときにはガーゼや綿棒などでやさしく拭き取ってあげれば、とりわけ心配する必要はありません。ただし、あくまでもやさしくです。

プールなどで水が入ってしまうこともありますが、自然と蒸発して抜けるものですので、中耳炎の直接的な原因になることはほぼありません。

ただ、水が入ったからといって綿棒などで強くこすって刺激してしまうと、中耳炎になってしまうこともあるので気をつけましょう。

もし耳に水が入ったかもしれないと思ったときには軽く拭き取ってあげるようにすれば、心配しなくても大丈夫でしょう。

Sponsored Links

耳に水が入らない工夫は?

ただ、できるだけ水が入らないように工夫した方が安心ですね。

お風呂に入れるときにはあまり力を入れすぎなおようにして、耳を軽く蓋をするようにしてあげると良いでしょう。

耳に水が入るかもしれないと心配するあまり、怖がって耳自体をあまり洗わないこともあるかもしれませんが、耳の後ろなども軽く洗ってあげるようにしましょう。

少し前まで赤ちゃんはおかあさんのお腹の中にいたときは羊水の中にいたのに全く問題はありませんでした。

生まれてからもそのころと同じように、少しぐらい耳に水が入ってしまっても大丈夫なのでそんなに心配する必要はありません。

耳には水が入りにくい

基本的に耳は水が入りにくい構造となっています。もし入浴中に赤ちゃんがお風呂の中にもぐって全体がお湯に浸かって耳にも水が入ったように思っても自然と蒸発するようになっています。

ですから、もし耳に水が入ってしまってもすぐに中耳炎になることはないでしょう。

中耳炎が心配な場合の綿棒での掃除の仕方は?

もし耳に水が入ってしまって中耳炎になるのが心配なら、赤ちゃんの耳はできるだけデリケートに扱ってあげることがおすすめです。

とりわけ気を付けたいのが、綿棒での掃除です。やさしく、軽く、垢を取ってあげるだけで良いので、決してゴシゴシと中を擦ることだけは避けましょう。

Sponsored Links

中耳炎になるのはどうして?

中耳炎は中耳に細菌が入って炎症を起こすものです。

耳のトラブルは赤ちゃんの耳に水が入ること自体が問題なのではありません。その後の処置の方が原因となることが多いので、気を付けるようにしましょう。

水を取らなければとあまり強くこすると柔らかい赤ちゃんの皮膚に傷ができたりして、そこから細菌が入ってしまうと炎症を起こしてしまいます。

赤ちゃんの皮膚は薄くてデリケートですが、耳の奥の皮膚はもっと薄いのでちょっとした刺激でも傷がつきやすいのです。

赤ちゃんのお風呂については心配せず楽しんで

赤ちゃんをお風呂に入れるときにはどうしても耳に水が入らないかと不安になってしまうことも多いかもしれませんね。

少々耳に水が入ってもあとでやさしく拭いておきさえすれば何の心配もいりません。

赤ちゃんもお風呂に入るのは気持ちのよいものでしょう。せっかくの気持ちの良い時間をビクビクとするよりも、のびのびと楽しんで入ったほうがいいでしょう。

お風呂に入れる方がビクビクしながら入れていると赤ちゃんも不安になってしまいますよね。

必要以上に心配せずに、入浴のときに気を付けたいケアのポイントを抑えるようにして、せっかくの楽しいお風呂を親子で楽しんで入るようにしたいものですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。