嘔吐下痢までの潜伏期間とうつる前の予防|感染性胃腸炎について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子どもから大人まで毎年たくさんの人がかかる感染性胃腸炎。細菌やウイルスによる感染でおこる胃腸炎ですが、ノロウイルスやロタウイルスによるウイルス性胃腸炎が多いでしょう。いずれも嘔吐下痢の症状が出ますが、潜伏期間やうつる前の予防などについてまとめました。

Sponsored Links

感染性胃腸炎の種類

感染性胃腸炎にはウイルス性のものと細菌性のものがあります。

ウイルス性胃腸炎

感染性胃腸炎で最も多いのがウイルスによるもので秋から冬にかけて流行します。

中でもノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスによるものが多いとされています。

細菌性胃腸炎

病原性大腸菌、サルモネラ菌などによるもので食中毒として起こることが多く、夏は特に注意が必要になります。

感染性胃腸炎の症状

ノロウイルス胃腸炎

熱はあまり高くならず激しい嘔吐下痢が2~3日間続きますが、症状が持続する期間は短く、その後速やかに改善することが多いでしょう。

ただし、高齢者や乳幼児がかかると脱水になりやすく重症化する場合もあります。

11月から少しづつ増えて来て12~3月にピークを迎えます。

ロタウイルス胃腸炎

乳幼児及び子どもに多い感染症で、最初は39度台の高熱が出ることもあり嘔吐が続きます。

嘔吐が1~3日ほどでおさまった後に1週間ほどひどい下痢が続くことが多いでしょう。

2ヶ月から2歳までにほとんどの子どもが感染し発症します。5歳までの子どもはほぼ皆感染したことがあると言っていいでしょう。

それより大きい子どもや大人が感染しても症状が軽いか症状が出ない場合が多いようです。

初めて感染したときに症状が強く出ることが多く、感染胃腸炎で入院する5歳までの子の約半数はロタウイルスによるものです。

最近の日本では3~5月が流行のピークとなっています。

アデノウイルス胃腸炎

3歳児未満の乳幼児に多いのがアデノウイルスによる胃腸炎で季節に関係なく発症します。

熱が出ることはあまりなくノロウイルスやロタウイルスによるものより比較的軽くすみます。

嘔吐の回数も少なく2日ほどでおさまりますが、下痢は1週間ほど続くことがあります。

ロタウイルスによる下痢と同じような白色またはクリーム色の下痢の場合もあります。

Sponsored Links

嘔吐下痢までの潜伏期間とうつる前の予防

ノロウイルス胃腸炎

人から人への感染力が強く、感染してから嘔吐下痢などの症状が出るまでの潜伏期間は短くて数時間~数日で平均して1~2日です。

ひどいときは嘔吐下痢が一日に10回以上もあることがあり、子どもの症状として多いのは嘔吐です。

ノロウイルスは感染力がとても強いので集団感染しやすく、そのために流行しやすくなります。

また、ノロウイルスは遺伝子タイプが違うものが31種類あるので、一度罹って抗体ができたとしても別の遺伝子型のものにかかる可能性があるため、何度も感染する可能性があります。

ノロウイルスは接触感染や飛沫感染によって感染するので予防するには感染経路を絶つことが重要です。

帰宅時や食事前、調理の際には流水や石鹸による手洗いを行うようにします。

発症した場合にはお世話する人は嘔吐物や下痢便の処理のさいには感染を拡大させないようにします。

症状が軽くても嘔吐物や便からは大量のウイルスが含まれているので使い捨ての手袋で処理し、すぐに拭き取って乾燥させないようにしましょう。

乾燥するとウイルスが空気中に散らばってしまうことがあるからです。

ノロウイルスは低温や乾燥には強いのですが、熱には弱いので食材は十分に加熱し調理器具は熱湯消毒します。

Sponsored Links

ロタウイルス胃腸炎

ロタウイルスも非常に感染力が強いウイルスです。保育園等で集団生活をしている場合にはかかりやすくなるでしょう。

1~3日ぐらいの潜伏期間を経て発熱、嘔吐の症状から始まってその後半日~2日ほどで下痢になります。

ノロウイルスの予防と同じように手洗いを徹底し、嘔吐物や便などの処理のときには使い捨て手袋を使います。

乳幼児に感染すると重症化するので赤ちゃんのいる家庭で幼稚園や保育園に通っている上の子がいるときには特に手洗いを徹底してあげください。

確実に予防することは困難ですが、ロタウイルス感染症による合併症や重症化を防ぐためのワクチンはあります。

日本では2種類のロタウイルスワクチンが承認されており、自治体によっては助成があるところもあります。

このワクチンはロタウイルス感染症の予防のためのものではなく、重症化を防ぐためのものです。

ワクチン接種による副反応もあるので接種前にはかかりつけ医に相談しましょう。

アデノウイルス胃腸炎

アデノウイルスによる胃腸炎は先に記したように季節に関係なく感染、発症します。

アデノウイルスは50種類以上ありますが、このうち胃腸炎を引き起こすのは40型、41型です。

アデノウイルスの潜伏期間は3~10日です。

感染者の便の中にあるウイルスが口から入って感染する糞口感染のほか、空気中に飛び散ったウイルスを吸い込んで感染する場合があります。

症状が出ていなくても感染していると自分では気づかないうちにうつしてしまうこともあります。

予防としては他のウイルス性胃腸炎の予防と同じく手洗いを徹底することです。

いずれのウイルス性胃腸炎の予防に対してはマスクはあまり有効とは言えません。

細菌性胃腸炎

細菌によって潜伏期間は1~7日と幅が広くなっています。病原大腸菌は半日~3日、カンピロバクターは2~5日、サルモネラ菌は平均して半日です。

細菌性胃腸炎の予防としては生肉や生卵は避けて十分に加熱したものを食べるようにします。

十分な手洗い、調理器具の洗浄、生野菜を食べるときにはよく洗うこと、またペットからの感染を防ぐために動物に触れた後の手洗いも徹底します。

Sponsored Links

まとめ

  • 感染性胃腸炎はウイルス性のものと細菌性のものがある
  • 予防は風邪予防とほぼ同じで手洗いていねいにする
  • トイレはいつも清潔に
  • 家族に症状が出たときには嘔吐物などは使い捨て手袋をして手早く処理する
  • 感染性胃腸炎の予防のためには肉や卵などはよく加熱してから食べる

>子供が胃腸炎で高熱に!感染性胃腸炎に薬は効かない?

>子供が咳き込んで嘔吐したけど大丈夫?主な2つの原因と対処法

>新生児のうんちの回数が多いけど大丈夫?白や赤い時は要注意

>赤ちゃんの下痢が長引く原因と対処法|受診が必要な症状とは

>子供が嘔吐したときの食事は?消化のよい5つのメニュー

 

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。