切迫流産で自宅安静中でも傷病手当金は支給される?意外と知らない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
悩む女性

妊娠はうれしいものの妊娠中におこってくる体調不良は仕事をしている女性にとってはかなり厳しいものです。切迫流産で絶対安静といわれ仕事を休まざるを得なくなることも出てくるかもしれません。そんなときも傷病手当金の対象になります。妊娠中の体調不良による休業と傷病手当金についてまとめました。

Sponsored Links

傷病手当金とは?

病気やけがなどで仕事を休んだときには会社の健康保険に入っていれば傷病手当金が支給されます。

傷病手当金制度は病気休業中に十分な報酬が受けられない被保険者と家族の生活を保障するための制度です。

仕事以外の理由で病気やけがのために連続する3日間を含み4日以上仕事ができなくて療養しなければならないとき、その間、給与が支払われなければ傷病手当金が支給されます。

仕事や通勤でのトラブルの場合には労災保険の給付対象になるために申請することはできません。

切迫流産で自宅安静でも傷病手当金の対象になる?

妊娠自体は病気ではありませんが、妊娠に伴って起こってくる切迫流産や切迫早産など、長期間にわたって絶対安静といわれるような場合には傷病手当金の対象になります。

妊娠悪阻や妊娠中の合併症などで自宅療養や入院となった場合も対象になります。

要するに妊娠中のさまざまなトラブルで仕事につけなくなって連続した3日間を含む4日以上休んで給与が支給されなくなった場合には傷病手当金の申請手続きができるということです。

仕事ができないというのは自己申告ではなく、いつからいつまで仕事に就けない状態であるという医師の証明が必要なので、自宅療養の場合には医師の診断書が必要になります。

残念ながら国民健康保険にはこういった制度がありません。

傷病手当金は会社の健康保険に加入している場合のみになります。

ですから、会社の健康保険に加入していれば正社員だけでなく、パートタイマー、アルバイト、契約社員、派遣社員であっても対象となります。

切迫流産や切迫早産などで絶対安静になってそのまま予定日まで休まなくてはならない場合も出てきますね。

そんなときにはこの制度のことを思い出してぜひ申請してください。

妊娠とは関係ありませんが、インフルエンザなどで休まなくてはならなくなった場合、うつ病の場合も申請条件にあえば申請することができます。

Sponsored Links

傷病手当金に関してのまとめ

会社の健康保険に加入していることが条件となります。

支給される金額は日給の3分の2です。連続して3日間休んだ後4日目以降仕事に就けなかった日数分、支払われます。

3日間連続して休んで待期完成となり、次に1日出勤したとしてもそれ以降継続して休んだ場合には支給対象となります。

3日間休んだとしても連続ではなく2日休んで1日出て、それからまた2日休んで1日出てその後休むというような場合には対象とはならないので休み方には注意が必要です。

傷病手当金が支給されるかどうかに関わらず、体調が悪いときには無理して出勤しないできちんとお休みをとるようにしましょう。

傷病手当金の申請は休業4日目から2年目以内にしなければなりません。

妊娠中につわりなどの体調不良で数日間休んでも有休が使えたり、直接給与には響かないかもしれません。

ただ、もちろんないほうがいいのですが、切迫流産や切迫早産、いろいろな合併症などの場合には長期にわたっての休養が必要になる場合がでてくることもあります。

そんなときにはとても心強い制度といえるでしょう。

人事担当であっても会社によっては妊娠中のトラブルに関してこの制度が使えることを知らない場合もあります。

こうした制度は利用しないような状況にあるのが一番ですが、もし万が一の場合には働く者の権利として知っておくことは大切です。

ただし、傷病手当金が支給されるのは休業中に給与が支払われない場合に限ります。

Sponsored Links

傷病手当金と出産手当金について

出産のために会社を休んでその間給与が支払われない場合にはやはり会社の健康保険加入者であれば出産手当金が支給されます。

切迫早産や合併症などのために予定日まで休んでそのまま出産となることもあるかもしれません。

その場合の傷病手当金と出産手当金についてですが、平成28年4月からは傷病手当金の額が出産手当金の額より多い場合にはその差額が支給されるようになりました。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。