子供の熱は下げる方がいいの?家庭でできる5つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
風邪で寝込む女の子

子供が高熱を出して真っ赤な顔をしていると何とかして下げる方法はないかと思うのが親心でしょうか。熱が出るのは出る理由があるので下げる必要がない場合もあります。熱が出る理由、熱を出したときの対処法をまとめたので子どもが熱を出してもあわてず対応してあげてくださいね。

Sponsored Links

子どもの熱は下げる方がいい?

子どもは熱が出ると一気に40度ぐらいにまで上がることがあります。熱の高さと重症かどうかということは関係がないので安心してくださいね。

からだに入った病原体をやっつけようとして熱が出るのです。熱はからだの防御反応なのですね。

ですから熱だけを下げるのはあまり意味がありません。

熱は病原体が出しているのではなくからだが病原体をやっつけようとして反応しているときに出るものなのです。ですから熱だけを下げるのはあまり意味がないのですね。

受診するタイミングは

子どもは平熱が高いのですぐに39~40度になってしまうこともあります。高熱でも元気があって水分補給ができていればあわてて受診する必要はありません。

病原菌が蔓延している病院に行くことが別な病原菌をもらってしまうこともあります。

熱が出ているだけなく下痢や嘔吐などの他の症状がひどかったり、ぐったりしているようなときには受診しましょう。

解熱剤は使った方がいい?

解熱剤はやたらと使わないほうがいいのですが、もし使うのであれば次のような症状のときに使いましょう。

高熱による症状を和らげて眠るのが楽になって水分もとりやすくなります。

  • 38.5度以上あって
  • ふうふうと息をするのが苦しそうで
  • 食欲がなく水分もとれていない

解熱剤は病気自体を治すものではないので根本的によくならない限りはしばらくするとまた熱は上がります。

どうしても解熱剤を使うのであれば熱が上がりきったタイミングで使うといいでしょう。

もちろんどんな解熱剤でもよいわけではありません。受診して医師に処方してもらったものを処方通りに使います。

高熱であっても元気がよくてある程度食欲もあり水分補給がきちんとできているのであれば解熱剤は使わずに涼しくして安静にしてあげればよいでしょう。

熱が高いからという理由だけで解熱剤を使っても意味がありませんし、副作用が出やすくなることもあります。

Sponsored Links

子供が熱を出したときの家庭での対処法

手足が冷たい時

熱の上がり始めで寒気があるような時や熱があるのに手足を触って冷たい時はこれからまだ熱が上がる可能性があるので、布団をかけたり厚手の服を着せたりして体を温めてあげましょう。

手足を触って熱い時

着るものを1枚少なく

上記とは逆に、発熱時に手足を触って熱い時は、体温を下げるようにしてあげましょう。

熱がしっかり出てきたら1枚少な目にして掛けるものも少なめにします。

昔はいっぱいかけて汗をかかせるといいと言っていた時期もありますが、汗を出すのはからだの内側からです。

熱が高くなって汗が出てきて暑がり出したら手足を布団から外に出して熱を外に逃がすようにしてあげましょう。

汗をかいたら衣服を取り換え蒸しタオルでからだを拭いてあげます。

こまめに水分補給

熱が出た時の水分補給はとても大切です。体は熱を下げようと汗をたくさんかくので通常よりも多くの水を必要としています。

一度にたくさん飲ませる必要はなく、一回の量は少しずつでもいいのでこまめに水分を取らせるようにしてあげましょう。

部屋の温度は少し涼しく

風に当てないほうがいいからと部屋を閉め切ったままにしておくのはよくありません。

換気に気をつけ部屋の温度はいつもより涼しいぐらいがいいでしょう。

熱が下がってきたらお風呂に入れる

微熱程度になればお風呂に入れてもかまいません。元気が出てきたらお風呂に入ると気分がよくなりますし、子どもは新陳代謝が激しいのですっきりして治りが早くなることもあります。

ただしお風呂上がりのほてったままの体で布団に入れるのはよくありません。からだのほてりが落ち着いてから布団に入れるようにしましょう。

また前の晩には熱があったのに朝になっていたら下がっていたからといってすぐに幼稚園や学校に行かせるのはよくありません。

朝は下がっても夕方になると上がることもあるので幼稚園や学校は丸一日以上熱が出なくなって食欲も戻り元気になってからにしましょう。

熱自体はこわくない

子供が高い熱を出すと心配になるかもしれませんが、熱はからだに入った病原体をやっつけるために出ているので熱自体は怖いものではありません。

熱が出たときには熱の高さに一喜一憂するのではなく全身の状態をよく見るようにしましょう。多少熱が高くてもぐったりしてなければ大丈夫です。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。