電車の子供料金は何歳から?乳幼児でも子供運賃がかかる場合とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
電車に乗る子供

子どもが成長するのはうれしい反面お金がかかることの増えてきてしまいますね。例えば電車などの交通機関も成長とともに子供料金がかかってきます。電車は何歳から子供料金がかかるのでしょう?今回は電車の子供料金について詳しくまとめてみました。

Sponsored Links

電車の子供料金は何歳から?

電車の場合は、

  • 1歳未満が乳児
  • 1歳から6歳未満が幼児
  • 6歳から12歳未満が子ども
  • 12歳以上が大人

という年齢区分に分けられています。従って電車の場合には子ども料金がかかるのは6歳からになります。

ただし、6歳の誕生日を迎えても保育園や幼稚園をまだ卒園していなければ、幼児に含まれるということになっています。

厳密にいえば、小学1年生になった6歳から子ども料金がかかることになります。

卒園したけど入学していない春休み時期は?

では、3月に幼稚園や保育園を卒園したけれどまだ小学校の入学式を迎えていない、3月終わりから4月の始めにかけての時期はどうなのでしょう。

この場合の区分は年度で考えるため、年度が変わるその年の3月31日までは幼児の区分となり、4月1日以降は子どもの区分に変わります。

同様に、小学校の卒業式を終えても、年度が同じ3月いっぱいは12歳の子も子ども料金で電車に乗れます。

子供に人気の電車ランキング

6歳未満でも子供料金がかかることも

基本的には子供料金は小学1年生になった6歳からですが、6歳未満であっても、子ども料金がかかるケースがあるので注意がしましょう。

複数の乳幼児を電車にのせる場合、乳幼児は同伴する大人もしくは子ども1人につき、2人までは無料で、3人目になると子ども料金がかかります。

例えば、おかあさんが3歳の双子と5歳の子を連れて電車にのる場合、子供は皆6歳未満ですが、一人分の子供料金がかかるのです。

Sponsored Links

特急券や座席指定券はどうなるの?

また、新幹線や急行、特急に乗るとき、特急券や急行券などの料金はどうなるのかも気になりますよね。

急行券、特急券などは子ども料金、つまり6歳以上12歳未満(12歳でも小学生は子ども料金)であれば大人の半額となっています。

座席指定に関しては自由席のある電車で、指定席をとらずに自由席に乗るのであれば乳幼児は無料となります。

乳幼児は座席を取らなければ無料

また大人が指定席をとっても、大人が乳幼児を膝にのせて座らせていれば、乳幼児分の指定席料金は無料となります。

ただし乳幼児でも指定席をとって座らせる場合は指定席の子ども料金が必要となるので気を付けましょう。

子供料金はすべて大人の半額?

電車の子ども料金は、基本的に大人の半額に設定されているので、いくらかかるかは大人料金がわかれば簡単に計算できます。

また、JRなど2で割った時に一の位は切り捨てにしている鉄道会社もあります。

端数の扱い方は会社によって違う

例えば大人料金が250円の場合、本来なら子ども料金は125円になりますが、5円の端数は切り捨てるので120円になって5円分はなくなるため、お得感があります。

一方、私鉄などでは端数を切り上げているところもあります。そうなるとこの場合、子ども料金は125円が130円となり、5円分余分に上乗せになってしまいます。

半額料金にした時の端数の扱い方は会社によって異なります。

迷ったら鉄道会社に問い合わせを

グリーン券や寝台券などの一部の特別料金は子供であっても、大人と同額になるものもあります。迷ったら、乗車予定の電車の鉄道会社に一度問い合わせてみましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。