歯がためとおしゃぶりはいつからがいい?目的と役割の違いを知って上手に使う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
おしゃぶりをしながら横になる赤ちゃん

赤ちゃんの歯が生え始める生後半年ごろになると泣いたりぐずったりが多くなることがあります。「歯ぐずり」と言われるこの時期に有効だとされているのが歯がためです。歯がためとおしゃぶりの違いやその必要性、いつからがいいのかなどをまとめました。

Sponsored Links

歯がためとおしゃぶりの違い

おしゃぶりの役割と使う時期

赤ちゃんがおしゃぶりをくわえている姿は何とも言えずかわいいものです。

中にはおしゃぶりを嫌がる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんはお腹の中でも指しゃぶりをしています。生後5ヶ月くらいまでは「吸てつ反射」といって口に触れたものに吸いつく反射行動があります。

赤ちゃんにおしゃぶりを試すのであれば吸てつ反射が活発になる生後3ヶ月ぐらいがよいでしょう。

おしゃぶりは何のため?

お腹がすいたりおしめが汚れて気持ちが悪かったりすると赤ちゃんは泣いて伝えようとします。

寝起きだったり、寝入りばなだったりすると機嫌の悪さが倍増してしまうこともありますね。

そんなときにおしゃぶりを吸わせると落ち着いてくれることがあります。

おしゃぶりを吸うことで気持ちが落ち着くのですね。

だからといって赤ちゃんみんながおしゃぶりを好きなわけではありません。

おしゃぶりは赤ちゃんに絶対に必要なものではないですし、長く使うことでのデメリットもあるので上手に付き合うといいでしょう。

新生児におしゃぶりはいつから?メリットやデメリットは?

Sponsored Links

歯がための役割と時期

赤ちゃんが口にいれるものとしておしゃぶりのほかに歯がためがあります。

同じ口に入れるものですが、おしゃぶりと歯がためとでは目的も役割も与える時期も異なります。

歯がためは何のため?

歯の生え始めは何となくむずがゆく不快な感じがするので歯が生え始めのころは理由もなくぐずることがあります。

赤ちゃんにとってはぐずる理由はあるのですね。

赤ちゃんによって差はありますが、だいたい生後半年から9ヶ月ごろになると下の前歯から順に歯が生え始めます。

このころになって口を手を入れるようになったり、よだれが多くなったり、原因がよくわからないのに不機嫌だったりすると歯が生え始めるころだと思っていいでしょう。

前歯が生えてくるあたりの歯茎を触ってみると固くなっているのがわかります。

このころから歯がためを使うといいですね。

何かを噛むと歯茎のむずがゆさが緩和されるので機嫌がよくなることが多いのです。

赤ちゃんは何かを噛むと歯茎のむずがゆさが和らぐということを体験的に学ぶと何でも口に入れるようになります。

赤ちゃんの周りには危ないものをおかないように気をつけていても知らないうちにその辺にあるものを口に入れてしまい、小さなものだと間違って飲み込んでしまうなんてことも出てこないとも限りません。

あえて歯がためを渡しておくことで間違って他の物を口にするのを防ぐことができますね。

また、歯がためを噛むと歯茎に適度な刺激となり歯茎のマッサージになり、歯の成長やあごの発達を促してくれます。

歯がためを使うころは乳首や哺乳瓶などを吸う時期からカミカミ、モグモグする時期への移行期になるので自分の手で持って噛む練習にもなります。

Sponsored Links

歯がためを選ぶときのポイント

最近の歯がためにはいろいろな素材が使われています。

海外製のものの中には日本では厳しく規制されている素材を使っているものもあります。

特に気に留めておいてほしいのが塩化ビニール製のものです。

塩化ビニールにはフタル酸エステル類が含まれていることがあるのですが、このフタル酸エステル類の中には環境ホルモン物質としてリストアップされているものがあるので、できれば塩化ビニール製は避けたほうがいいですね。

保護材として天然の蜜蝋ワックスや安全基準を満たしているクリアオイルを使用している天然木の歯がためや国産米を原料にした歯がためもあります。

歯がためのデザインは豊富でほんとうにいろいろな形状のものがあります。

人気のデザインとしてはバナナや枝豆、おにぎりなど食べ物の形をしたもの、キリンやカメなどの動物の形のものなどがあります。

いずれにしても赤ちゃんが口に入れるものなので洗いやすいもの、清潔にしておきやすいデザインのものがいいですね。

最近ではネットでなんでも買える時代ですが、店頭でもネットでも赤ちゃんが口にするものを選ぶときには素材に十分注意したいものです。

Sponsored Links

歯がためとおしゃぶりはそれぞれいつから?

以上のように、歯がためとおしゃぶりでは使う時期が異なります。歯がためとおしゃぶりについてまとめました。

おしゃぶり

  • おしゃぶりを試すのであれば生後1ヶ月から5ヶ月ぐらいの間
  • おしゃぶりは嫌がる子もいるので無理につかわなくてもいい
  • おしゃぶりは歯の生え方に影響を与えるので遅くとも2歳半までにはやめたほうがいい

歯がため

  • 歯がためはよだれが増えたり歯ぐずりが始まったころに使わせてみるといい
  • 口に入れても安全な素材のもので持ちやすさや衛生面を考えたデザインのもの
Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。