妊娠初期で卵巣が腫れる原因と対処法|胎児への影響は大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
妊婦さん

妊娠中にはいろいろなトラブルが起こりますが、中でもよくあるのが妊娠初期に卵巣が腫れること。定期検診などで、卵巣が腫れていると言われると胎児に影響がないかと心配になりますよね。そこで今回は、妊娠初期に卵巣が腫れる原因と対処法についてまとめてみました。

Sponsored Links

妊娠初期に卵巣が腫れるのはなぜ?

妊娠がわかって赤ちゃんを授かったと喜んでいたのに、妊娠初期の妊婦検診で突然、医師から「卵巣が腫れていますね」と言われることがあります。

医師に卵巣が腫れていると言われると、お腹の赤ちゃんに影響はないのか、無事に出産できるのかとても不安になってしまいますね。

妊娠初期に卵巣が腫れるのは決して特殊なことではなく、よくあるケースだと言われています。

卵巣が腫れていると言われて不安に感じたら、ひとりでクヨクヨ悩まずに不安な気持ちを医師に伝えて詳しい説明を受けるようにしましょう。

ホルモンやストレスが原因

妊娠初期に卵巣が腫れる原因として、ホルモンの過剰分泌やストレス、疲労などが考えられます。

妊娠すると、胎児をお腹の中で育てる環境を整えるために、女性ホルモンの分泌量が急激に増加します。

そのためホルモンバランスが乱れ、その影響を受けて妊娠初期に卵巣が腫れることがあるのです。

こうした卵巣の腫れは黄体嚢胞またはルティン嚢胞と言われます。

ルティン嚢胞が大きくなる心配があるのは妊娠8~10週ぐらいまでです。1、2週間ほどは腫れがひどくてもホルモンバランスが徐々に整ってくれば、安定期に入る15週頃までには自然に退縮して元の状態に戻ることが多いようです。

まれにねじれて痛みが起こることがありますが、めったにないことなので心配しすぎないことです。

もし、卵巣が腫れていると言われてもあまり思いつめないようにしましょう。不安があれば医師に伝えきちんと説明を受けることです。

ストレスや疲労を溜めないようにし、心身をリラックスさせることがホルモンバランスを整えることにもなります。

無理をしないでできるだけ体を休めるような生活を送っていれば基本的には問題ないでしょう。

Sponsored Links

卵巣に腫瘍ができている

また、卵巣に腫瘍ができているのが原因で腫れているというケースもあります。この場合は妊娠がきっかけで卵巣が腫れたのではなく、妊娠前から腫れていて妊婦検査で詳しく見たら腫瘍が判明したという場合がほとんどです。

腫瘍と聞くとガンなのかな?とショックを受け、かなり悲観的な気持ちになる場合もあるかもしれませんが、悪性か良性なのかは検査してみないとわかりません。

良性の場合(卵巣嚢腫)

卵巣にできる腫瘍のほとんどは良性のもので卵巣嚢腫といわれます。

卵巣の中に液体成分がたまって腫れている状態です。5~10センチぐらいの大きさの場合には超音波検査を行って大きさの変化の経過を見ていきます。

卵巣はお腹の中でぶら下がっている状態なのですが、大きくなると重くなってねじれてしまうことがあります。

ねじれると血流が悪くなるので痛みを引き起こします。また嚢腫が破裂すると出血することもあります。

卵巣が腫れているといわれている場合、痛みが出てきたり出血がある場合には受診したほうがよい場合もあります。もし痛みが出てきたり、出血があって気になるようであれば受診するか、電話で相談してみましょう。

Sponsored Links

すぐに手術が必要な場合も

卵巣嚢腫であってもよほど大きい場合には緊急手術が必要な場合もあります。

良性の場合でもそのままにしておくと、上記のように腫瘍の付け根がねじれてしまい、激しい腹痛を起こすことがあるからです。

そのようなときは母体の安全のためにも、胎児の成長を妨げないためにも手術が必要となります。

手術は体に負担のないメスを入れない内視鏡を使った術式などで行われるので、流産を引き起こす心配もないですし、胎児への影響もありません。

悪性腫瘍の場合

妊娠中に卵巣がんが合併することはめったになく、たとえもし妊娠中に卵巣がんだとわかったとしても比較的早期の状態の場合が多いようです。

ただ、腫瘍のタイプにもよって、進行が遅い場合は出産後に治療を行いますが、進行が速い場合は出産を断念せざるを得ないケースもあります。

この場合は医師と十分相談したうえで最善の方法をとることです。

ほとんどの場合は経過観察のまま出産

妊娠初期に卵巣が腫れていても、良性で小さく、卵巣の腫れ以外に出血や痛みなどがなければ、とりあえず経過観察となります。

自然と退縮する場合が多く、退縮しない場合も出産まで腫瘍が小さく、赤ちゃんの成長や出産の邪魔にならないようなら、そのままの状態で出産を迎えます。

妊娠初期に卵巣が腫れていると言われたら、きちんと説明を受けてひとりで悩まないことです。心配だったり不安なときには医師に相談し、ひとりで思いつめないようにしてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。