赤ちゃんが足の裏に汗をかく原因と対処法|着せすぎに注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんの足

抱っこなどで赤ちゃんの足の裏に触れた際に、汗でじっとり湿っていたりべたべたして濡れているのに気づいたことはありませんか?赤ちゃんが足の裏にたくさん汗をかくと、体調が悪いのではないか?と心配になるおかあさんが多いようです。そこで今回は、赤ちゃんが足の裏にいっぱい汗をかく原因と対処法について紹介します。

Sponsored Links

赤ちゃんがよく足の裏に汗をかくのはなぜ?

赤ちゃんが足の裏に多量の汗をかくのは体にこもった熱を発散させているからです。

赤ちゃんは体内で細胞分裂が速いスピードで進み、体の成長も著しいので大人よりも新陳代謝が活発です。

そのため体温も平熱でも37℃台とかなり高いですよね。大人と同じだけ着せていると暑すぎるので赤ちゃんはよく汗をかきます。

赤ちゃんは足の裏で体温調整

赤ちゃんはあの小さいからだに皮膚の毛穴も汗腺も大人と同じ数だけあります。

ところが、全身の体温調節機能も汗腺の働きも未熟なので足の裏で体温調整をしています。靴下を履かせていると靴下が汗でぐっしょりなんてこともあります。

全身にこもった熱の多くが足の裏に集まるので、足裏から汗を出して冷やして体温を下げているのですね。

> 赤ちゃんの頭が熱いけど大丈夫?すぐに出来る対処法と受診の目安

足の裏がべたべたになるほど汗をかいているということは、赤ちゃんの体に熱がこもって暑いと感じている可能性があります。

冬でも大人が寒いと思って室温を上げ過ぎていたり、赤ちゃんも大人と同じように寒いだろうと厚着させすぎると体に熱がこもってしまいます。

そんなときには足に汗をかいて体温を下げようとしているのです。

足にいっぱい汗をかいていても赤ちゃんがいつもと同じように元気なら、自然のことなので特に問題はありません。

> 赤ちゃんの冬の布団はどうする?着せすぎやかけすぎに要注意

体温調節の仕組み

人の熱というのは食べたものから「代謝」で作られたものを元にして作られます。

作られた熱の75%は体温を一定に保つために使われているのですが、食事というのは体温を一定に保つためにしているようなものなのです。

寒いとふるえて筋肉から熱を発生させます。

また、暑いときには汗をかいて熱を逃すのです。

筋肉を動かしたり汗をかく指示を出すのは脳の視床下部というところが行っています。

視床下部というところは熱を出す、逃さないというような活動を体に命令する部分なのです。

体温が42度以上超えるといろいろな障害が出始めるので日ごろはちょうどよい37度前後になっているのです。

体温は一日を通して一定のように思えますが、実はまだ目覚めていない朝が一番低く夕方が一番高いのです。

体温調節能力を生かすには早寝早起きすることで人間本来の体温リズム通りの生活をし、朝ご飯もちゃんと食べることです。

Sponsored Links

足の裏にいっぱい汗をかく時はどうする?

赤ちゃんの足の裏の汗への対処としては、こまめに汗を拭いて清潔な状態を保ってあげることが大事です。

お風呂に入ったときは足の裏や指の間もしっかりと洗ってあげましょう。赤ちゃんでも足の裏の汗をそのままにしておくと雑菌が繁殖して臭ってくることがあります。

また、授乳時やおむつ交換時など足の裏の汗に気づいたときは、おむつ交換のついでに足の裏もお尻拭きなどのウェットティッシュで拭いてあげるといいでしょう。

赤ちゃんのお尻拭きにはアルコール成分は入っていないと思いますが、アルコール入りのウェットティッシュを使うと、デリケートな赤ちゃんの肌は肌荒れする心配があるのでやめましょう。

ウェットティッシュがない場合、ガーゼを濡らしてやさしく拭いてあげるといいですね。

 

靴下は無理に履かせないでも大丈夫

冬など寒いからと思って靴下をはかせても締め付けるものが嫌いな赤ちゃんが多いので、嫌がって脱いでしまうことが多いですね。

靴下はどうしても足首を締め付けるので嫌がる赤ちゃんは多いみたいです。

靴下を履かないと赤ちゃんの小さい足が冷たくなっていると風邪をひいてしまうからと心配になってしまうかもしれません。

寒い時期には赤ちゃんが嫌がって靴下を脱いでもすぐに履かせようとするおかあさんもいますが、冬でも足が紫色になっていたり赤く腫れあがっているなどの症状がなければ、足の裏で体温調節をしているので無理に履かせなくても大丈夫です。

Sponsored Links

履かせるときは通気性がいいものを

もし靴下を履かせる場合には、通気性がよくて速乾性のある素材の靴下がいいですね。

また、足首をあまり締め付けないものを選びましょう。靴下を履いていて足の裏に汗をかくと汗を上手に分解できないので足が蒸れて足の皮がむけたり、炎症を起こして湿疹ができる場合があるので注意が必要です。

足に汗をかいていると思ったらすぐ靴下を脱がして汗を拭いてあげましょう。

> 月齢別赤ちゃん用靴下のサイズ|履かせるときの注意点とは?

寝ているときの足汗は

赤ちゃんは寝ているときにもよく足に汗をかきます。寝入ってから1~2時間に体温があがってその後下がっていきますが、その間にいっぱい汗をかきます。

足の裏に汗をかくことで寝入りばなに上がった体温を下げるので質のいい睡眠が得られるのです。

着せすぎたり、お布団をかけすぎたりしているとよけいに汗をかくことになるので、寝ているときも暑すぎないか気をつけてあげてくださいね。

> 赤ちゃんが寝るときの服装は?月齢で変わる最適なパジャマ

着せすぎに注意!

大人の感覚では自分が寒いと小さい赤ちゃんはもっと寒いのではないかと厚着にさせがちです。

上記のように赤ちゃんは暑がりで汗をかきやすく、特に足裏に汗をかくことで体温調整をしています。

冬でも室内では洋服を大人より1枚少なくし、生地も少し薄いものにしたりして暑くなりすぎないように気を付けましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。