溶連菌感染症の大人の症状|効果的な対処法と予防法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
喉が痛い女性

溶連菌感染症は子どもがかかりやすい病気ですが、最近は大人でもかかる人が多いようです。免疫力や抵抗力が落ちていると子どもたちの間で流行っている場合には親にもうつり、その親から他の人に感染することもあります。溶連菌感染症の場合には他の感染症とは違った対処が必要になります。溶連菌感染症の大人の症状、予防法や対処法についてまとめてみました。

Sponsored Links

溶連菌感染症って何?

溶連菌というのは溶血性連鎖球菌の略です。この溶血性連鎖球菌にはいくつかの種類があって健康な人の口の中や皮膚に常在菌として存在しています。

ところがそのうち人に対して病原性を発揮するA群に属するものが感染症を引き起こすのです。

溶連菌感染症は秋から初夏にかけて多くみられ、2~14歳の幼児や学童がかかりやすく、そのうちの50%は5~9歳となっています。

主にのどに感染するためにのどが痛くなったり、38度以上の高熱が出たりします。

また、体や手足に発疹が出ることもありますが、咳や鼻水はほとんど出ません。

からだや手足に発疹が出る猩紅熱(しょうこうねつ)も溶連菌感染症の一種です。溶連菌感染症には猩紅熱以外にもいくつかのタイプがあります。

扁桃に膿がつき出血斑という赤いぼつぼつが口の奥にみられたり、舌が苺のように赤く、ぼつぼつしてきます。

イチゴ舌という症状ですね。また、首のリンパ節が腫れたりのどの痛みのほかにお腹が痛くなったり嘔吐が付く場合もあります。

Sponsored Links

溶連菌の大人の症状は?

小さな子どもがいる家庭で子どもが溶連菌感染症にかかると親がかかってしまうことが多々あります。

ところが、大人の場合には免疫力があるので子どものような溶連菌感染症特有の症状はあまり現れないことも多いのです。

頭痛や微熱、のどの痛みなどいわゆる普通の風邪症状の場合が多いのですが、抵抗力が低かったり妊娠していたりすると重症化しやすいので注意が必要です。

子どもが溶連菌感染症にかかっていたり、まわりで溶連菌感染症がはやっているときに次のような症状が出ている場合には自己判断せずに診察してもらった方がいいでしょう。

  • 熱が38度以上ある
  • 喉が痛い
  • 首の前のリンパ節が腫れている
  • 首周りから胸にかけての皮膚が赤くなっている
  • 嘔吐がある
  • 数日前に家族や友人に溶連菌感染者がいた

咳がなくて以上のような症状が出ている場合にはかなり高い確率で溶連菌感染症の疑いがあります。

Sponsored Links

溶連菌感染症にかかった時の対処法

溶連菌感染症とわかった場合、抗生物質を服用すれば2~3日で喉の痛みも和らいで熱も下がります。

ところが症状がよくなったところで服用をやめてしまうと再発する可能性があるのです。

またリウマチ熱や腎炎などの合併症を引き起こしてしまうこともあります。ここが普通の感染症とは異なる点です。

溶連菌感染症は自然治癒する場合もありますが、抗生物質を服用することでつらい期間を短縮することができますし、ほぼ確実に合併症を防ぐことができます。

まわりに溶連菌感染症の人がいて、風邪症状が2日以上続くときにはやはり受診したほうがいいでしょう。

そして溶連菌感染症とわかって薬が出された場合には合併症の予防のために、決められた期間、決められた量をきちんと服用するようにしましょう。

合併症として腎炎にかかるとむくみや血尿などの症状が出てくるので症状が出てきたときはすぐに受診しましょう。

また腎炎は見た目ではわかりにくいので1ヵ月後には尿の検査を受けるといいでしょう。

熱が出てのどに強い痛みがある場合には受診するとのどについた細菌の検査をします。

5~10分以内で溶連菌に感染しているかどうかがわかります。他の細菌もいるかどうか、抗生物質の効き具合はどうかなどの検査の場合には結果が出るまでに4~5日かかることもあります。

喉の細菌検査をして数日後に結果を聞きに来るように言われたときには必ず確認するようにしましょう。

> 溶連菌感染症は大人の場合は自然治癒する?抗生物質は必要?

Sponsored Links

日頃からできる予防法

溶連菌感染症は秋から冬にかけてと春から夏にかけて、大きく2回の流行期間があります。

秋から冬にかけては喉に、また春から夏にかけては皮膚に症状が出やすいと言われています。健康な状態でも菌を持っている人も多くそういった人から感染することもあります。

溶連菌感染症では鼻水や咳の症状は出ませんが、普通の咳やくしゃみなどによる飛沫感染を防ぐためにも人混みに行くときにはマスクをするようにしましょう。

外から帰ってきた場合には手洗いうがいも忘れずに。

日ごろからストレスをためないようにしたり、質のよい睡眠をとり、バランスの良い食事などで免疫力を高めておくことも大事ですね。

免疫力を高める簡単な方法がありますよ。

> 笑いで免疫力アップ!インフルエンザも感染症も怖くない

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。