溶連菌感染症は大人の場合は自然治癒する?抗生物質は必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
喉が痛い

風邪に似た症状の溶連菌感染症。子どもがよくかかる病気ですが、大人の場合には子どもほど症状が強く出ないこともあります。大人が溶連菌感染症にかかった場合には風邪のように自然治癒するのでしょうか。溶連菌感染症について、大人がかかった場合、予防法など、大人の溶連菌感染症についてまとめました。

Sponsored Links

溶連菌感染症について

溶連菌というとたいそうな菌のように思いますが、自然界に広く存在している菌で健康な人の口の中や皮膚にも生息しているごくありふれた細菌の一種です。

どこにでもいる菌なのですが、喉につくと喉が強く痛み、高熱が出るなどのきつい症状が出ます。と一般的に言われていますが、感染しても発症しないこともあります。

大人の場合には溶連菌の抗体がすでにある場合がほとんどなので症状もそれほどひどくなく風邪症状ですむこともあります。

溶連菌と言ってもA群からB群、C群・・・・・・とかなりの種類があり感染症を引き起こすのは病原性を発揮するA群に属するものです。

溶連菌感染症の症状についてはこちらのページに詳しくまとめているのでご参考ください。
> 溶連菌感染症の大人の症状|効果的な対処法と予防法

溶連菌に感染しても大人は自然治癒する?

溶連菌は感染力が強いのですが、子どもが感染して症状が出ていたとしても同じ家族であっても症状が出ないうちには検査に行く必要はありません。

基本的に溶連菌感染症は自然治癒する病気と言われています。

抗生物質を服用するとつらい症状を早く緩和し合併症をほぼ確実に防ぐと言われていますが、大人の場合には抗生物質の服用をしても症状が1日ぐらい早くよくなる程度です。

よほどひどい症状でないときには特に大人の場合にはそのままにしておいても自然治癒することもあるので慌てなくて大丈夫です。

ただし、妊娠中は免疫力が低下しがちなので感染しやすくなるので完治させた方がよいでしょう。妊娠中でも服用可能な抗生物質があります。

また、まれに次のような合併症を起こすこともあるので注意が必要です。大人の発症例がないものもありますが、子どもの場合には合併症を引き起こすこともあるので気をつけてください。

Sponsored Links

溶連菌感染症と合併症

溶連菌は合併症を引き起こしやすく、最初に罹ったときに完治させておかないと再発することもあります。また次のような合併症を引き起こすこともあります。

リウマチ熱

日本では最近ではあまり見られなくなりましたが、40度ぐらいの高熱がが出て関節が大きく腫れたり心臓弁膜症を引き起こすこともあります。ただし、大人の発症例はありません。

腎炎

溶連菌が原因で起こるのは急性糸球体腎炎です。症状としては高血圧、血尿、浮腫、上まぶたが腫れるなどで急性腎不全のような症状が出ます。

咽頭炎

喉の粘膜が炎症を起こしてリンパ節が腫れます。急に37~38度の熱が出てのどが痛くなります。風邪と同じ症状なので溶連菌によるものかどうかは細菌検査が必要です。

扁桃炎

溶連菌が原因で起こる扁桃炎は高熱が出てのどが痛みます。のどの痛みは強くイチゴのようなぶつぶつが舌にでき「イチゴ舌」と言われます。イチゴ舌は溶連菌に特有の症状です。

血管性紫斑病

溶連菌感染後に激しい腹痛や浮腫が見られたり、関節痛、出血斑などの発疹が出ることもあります。

とびひ

溶連菌が原因であるときには感染率が高くなることがあります。かなりかゆくなりかくと次々と広がるので「飛び火」と言われます。ただしとびひは幼児や子どもだけがかかる病気です。

Sponsored Links

溶連菌感染症にかからないために

子どもに多い溶連菌感染症ですが、免疫力が低下している場合には大人でもかかります。

溶連菌は家族間で感染しやすく溶連菌の感染率はきょうだい間では50%、親子では20%という統計もあります。

子どもが溶連菌感染症にかかった場合には家族間で食器やタオルなどの共有は避けましょう。

溶連菌に限らず免疫力が落ちているときには感染症にかかりやすくなっています。

日ごろから免疫力を高めるようにすることです。バランスの良い食事をとり、適度な運動をして質の良い睡眠をとるようにしましょう。

免疫力アップのためには悩みがあってもいつまでもくよくよせずに一日に1回は爆笑するといいなんていう説もありますよ。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。