子供の息が臭い!よくある5つの原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
口を開けた女の子

ある時にふと、自分の子供の息が臭いことに気づいてショックだった経験があるというおかあさんは意外と多いようです。子供の息が臭い原因はいろいろありますが、それぞれの原因によって適切な対処を取る必要があります。今回は、子供の息が臭い主な5つの原因と対処法をご紹介します。

Sponsored Links

子供の息が臭い主な原因とは

子どもの息が臭い主な原因としては次の5つが考えられます。

  • 歯磨き不足
  • 口呼吸の習慣化
  • 鼻のトラブル
  • 臭いの強い食べ物
  • 胃腸の病気

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

歯磨き不足

まず考えられる原因は、十分に歯磨きができていないことやじょうずにきちんと磨けていないことです。

基本的に、どんなに小さな赤ちゃんでも歯が生えてきたら歯磨きをすることを習慣にしましょう。

歯が十分にきちんと磨けていないと、汚れが歯に付いたままになるので、歯垢が溜まって口臭の原因となってしまいます。

このような状態が続くと虫歯や歯周病にもつながってしまうことがあります。

歯周病はおとなだけがなるものではありません。

歯が生えたら歯磨きをすることを習慣化すること、また、うまく磨けていないようであれば早めにきちんと歯磨きをするようにしましょう。

おかあさんかおとうさんが必ず仕上げをしてあげるといいですね。

また、歯を痛がったり、虫歯になっているような場合は、すぐに歯医者を受診して、虫歯の治療だけでなく、歯周病などの病気がすでに進行していないかを、確認してもらうといいでしょう。

歯医者さんでは、歯科衛生士さんが正しい歯磨きの仕方なども教えてくれます。歯医者さんは虫歯の治療に行くだけではありません。定期的に検診を受けることで歯の健康を保つことができます。

> 赤ちゃんが歯磨きを嫌がる時の対処法|楽しくできるコツとは

Sponsored Links

口呼吸の習慣化

口呼吸が習慣化していることが口臭の原因となっていることもあります。口呼吸をすると口の中が乾燥しがちになり、乾燥すると口の中の臭いは強くなります。

さらに、口の中が乾燥するとばい菌が繁殖しやすくなります。口呼吸が原因で口臭がある場合は、鼻呼吸を意識させるようにして口の中を乾燥させないようにすることです。

口呼吸をしていると唾液も乾燥してしまいます。唾液は歯の再石灰化などに欠かせないのですが、唾液が少なくなると唾液による効果を受けられなくなってしまい、虫歯や歯周病に弱くなってしまう原因にもなります。

子供のうちに口呼吸の習慣をやめ、鼻呼吸に切り替えましょう。

鼻呼吸を上手にできるようになるためには口の周りの筋肉を鍛えるトレーニングが効果があります。

大きな口を開けて「あ、い、う、え、お」としっかり発音すると口の周りの筋肉が鍛えられます。

小さい子であれば、おかあさんが「あっかんべー」をするとマネをしてするようになりますが、「あっかんべー」は舌を思い切り出すので唾液の分泌もよくなり口周りの筋肉も鍛えられます。

鼻のトラブル

鼻づまりなどの鼻のトラブルが原因で口臭がすることもあります。鼻トラブルがあるとどうしても口で呼吸をするようになり、口が臭くなってしまうのですね。

小さい子は自分で鼻をかめないので、鼻がつまって鼻のトラブルが長引きやすくなってしまいます。

親がこまめに鼻の中の鼻水などをスポイトなどで吸ってあげて口呼吸になるのを防いであげてくださいね。

> 赤ちゃんの鼻水を取る4つの吸い方|大人が感染する可能性は?

また、鼻呼吸で大きく深呼吸をするなどして、鼻呼吸をすることを徐々に体で覚えていくトレーニングも効果的です。

Sponsored Links

臭いの強い食べ物

子供の口臭の原因のひとつに食べ物が原因となっていることがあります。

大人でも餃子やニンニク料理など臭いが強いものを食べると一時的に口が臭くなりますが、子供も食べるものによっては口臭が発生する場合があります。

食べ物が原因の場合は一時的なものなのでしばらくすると臭いはおさまります。

臭いの強いものを食べた後は歯磨きをしっかりし、しばらく様子を見てみましょう。

もし口臭が長く続くようであれば別の原因も考えられます。口臭が長引く場合は食べ物が原因とは限りません。

胃腸の病気

他に口臭の原因として考えられることとしては胃腸の病気があります。

上記4点の理由が当てはまらない場合には、もしかしたら胃腸が弱っているのかもしれません。

胃腸などの内臓に原因があって口が臭う場合があるからです。

胃が弱っていたり胃のどこかが悪いと、胃の中で食べ物が十分に消化されなくなってしまいます。

食べたものが十分消化されないと胃の中で発酵してしまい、口臭の原因となる物質が発生してしまうのです。

上記4点が当てはまらないのに子供の息が臭いという場合には、念のために小児科を受診し、どこか悪いところはないか調べてもらってくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。