女の子を妊娠した時の特徴は?お腹の形や胎動で分かる事も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
妊娠したママのお腹に耳を当てる笑顔の子供

妊娠するとお腹の赤ちゃんが女の子か男の子は気になりますね。最近ではエコー検査で生まれる前に性別がわかりますが、一般的に言われている女の子を妊娠したときの妊婦さんの特徴をまとめてみました。

Sponsored Links

赤ちゃんの性別がわかるのは何週目?

妊娠するとお腹の子が男の子か女の子かはとても気になる人も多いかもしれません。お腹の中の赤ちゃんの性別は、実は卵子と精子が受精した瞬間に既に決まっています。

ただ実際に赤ちゃんの性器が形成されて、性別がわかるのは早くても妊娠16週目頃です。

また、妊婦検診の際のエコー検査で、映し出される画面から実際に赤ちゃんの性別が確認できるのは妊娠20週前後とされています。

そのため妊婦さんが性別を確認できるのは妊娠中期になってしまいます。

しかも、エコーに映る時の赤ちゃんの体勢によっては性器が手や足などに隠れてしまい、性別を確認できるのがもっと後になる可能性もあります。

女の子を妊娠した時のお腹の特徴

ただ、実際にエコー検査で性別を確認する前の時期でも、昔からお母さんの体つきや嗜好の変化によって、女の子を妊娠した時の特徴がわかる場合もあります。

女の子を妊娠した時の特徴というと、まずに一番よく言われるのがお腹の見た目です。

妊婦さんのお腹を上から見ると横長、特に右側に広がって見える時はお腹の子が女の子の特徴の一つとされています。

そのため後ろから見ると、お腹が横に出ているのがわかるので、後ろ姿でも妊婦だとすぐにわかります。

Sponsored Links

女の子の場合は女性ホルモンの影響を受ける

また右の乳房にしこりが出来たり、何となく以前より肌が白く透き通るようになってきたり、女性ホルモンの関係でお腹や腕、足などの体毛が濃く多くなってきた場合も女の子の特徴と言えます。

つわりがひどいと女の子?

更に、妊婦さんの顔つきが穏やかで優しい感じに変わってきた場合も当てはまります。

他にも、以前に妊娠の経験があると比べることができるのでわかりやすいかもしれませんが、妊娠初期のつわりがひどい場合や、妊娠中に甘いものを好んで食べたりすると女の子の確率が高いと言われています。

胎動も性別で違う?

赤ちゃん側からのアプローチとしては、女の子は胎動が激しいというものがあります。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、男の子はぐにゃぐにゃと動くのに対し、女の子はお腹の中でくるくる回るように動いていることなどが挙げられます。

男の子はお腹が出て来る?

男の子の場合はお腹が手前に出てきてとがってくるので、後ろ姿だけでは妊婦だとわかりにくいとされています。

このように紹介した女の子を妊娠した時の特徴は、一般的に昔から言われていることなので全てのケースのおいて当てはまるとは限らず、お腹が横長だったのに出産すると男の子だったという場合もあります。

妊娠するとこれから生まれてくる赤ちゃんの性別は気になりますが、女の子だったらこんな特徴があるんだぐらいの軽い気持ちで、あくまで参考程度に頭に入れておくのがよいでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。