病気

ヘルパンギーナに罹ったらいつまで休むべきか?予防法と感染を拡大させない方法

風邪を引いた子供

手足口病、プール熱と共に三大夏風邪のひとつのであるヘルパンギーナ。その年によって流行の波がありますが、免疫が発達していない小さい子どもが夏にかかりやすい感染症です。ヘルパンギーナの症状、予防法、罹った場合いつまで休むとよいかなどについてまとめました。

続きを読む

赤ちゃんの病気の症状はからだの防御反応!日ごろの様子を知っておく

泣いてほっぺが赤くなった赤ちゃん

赤ちゃんは病気になるといろいろな症状が出ますが、これはからだの防御反応なので症状を完全に止めてしまうと病気はよくなりません。赤ちゃんは月齢が小さいほど病気の進行が早いものですが、回復し始めると元気になるのも早いものです。症状があっても機嫌がよければそれほど心配はいりません。赤ちゃんと病気についてまとめてみました。

続きを読む

新生児の黄疸の数値のビリルビン値とは?ほとんどの場合は心配ない!

赤ちゃんのおでこにキスをするおかあさん

黄疸というと大人の場合にはちょっと怖い病気というイメージがあるかもしれませんが、新生児の場合にはほとんどの赤ちゃんに黄疸が見られるのでそう心配はありません。黄疸の原因となるビリルビンについて、新生児の黄疸の治療はその数値によって決まることなどをまとめました。

続きを読む