七五三にかかる費用の相場はどのくらい?みんなで楽しいお祝いに! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
笑顔の家族

子どもが成長してくると、気になる行事として七五三がありますね。テレビなどのニュースで, 晴れ着を着て神社に家族揃ってお参りをしている姿を見ると、ほほえましいと思うと同時にお金がかかりそうで大変だなという思いもあるでしょう。今回は七五三にかかる費用や相場についてまとめてみました。

Sponsored Links

七五三は子どもの成長を祝う行事

七五三は11月15日に神社に行って、神様に子どもの成長を報告し、感謝をし、これからも元気に育つようお願いする行事です。

最近では11月15日にこだわらず、10月中旬から11月前半の縁起の良い日(大安の日など)や土日祝日など、家族の揃いやすい日に行われることが多くなっています。

一般的に男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年に行います。

以前は数え年で行っていましたが、現代では満年齢で行うことが多いようです。

七五三のお祝いをどのようにするかについては特に決まりはないので、家族で相談して決めればよいでしょう。

子どもたちが晴れ着を着て親や祖父母といっしょに神社にお参りし、千歳飴を持って記念撮影をし、その後、家族揃って会食をするのが一般的的なパターンとなっているようですね。

Sponsored Links

七五三にかかる費用の相場はどのくらい?

晴れ着を着て写真撮影をするだけが七五三ではありません。

子どもの成長の報告と感謝の意味を込めて神社に参拝する方が多いですね。

お初穂料(ご祈祷料)

自分たちで神社に行ってお参りをするだけでもよいのですが、拝殿で祝詞をあげてもらってお祓いをしてもらう場合には、ご祈祷料を納めます。相場としては3000円~10000円ぐらいです

神社によってはご祈祷料が決まっているところもあります。

ご祈祷をしていただく場合には予約が必要な神社もあるので事前に連絡をしたほうがいいでしょう。

最近は祝詞をあげてもらわずにお賽銭をあげて家族みんなでお参りをするケースも多くなっており、その場合はお賽銭の額によりますね。

衣装代・着物代・着付け料金にどれくらいかかる?

子どもたちが着る着物やスーツなど晴れ着にかかる費用は、当然のことですが、購入する場合とレンタルの場合で金額が大きく違ってきます。

レンタルする場合は、15,000円~30,000円ぐらいです。

購入する場合は、20,000円ぐらいから上限はきりがありません。

購入した場合には使用後のクリーニング代に最低5,000円ぐらいかかります。

さらに着付けやヘアメイクを頼むと別に10,000円ぐらいは必要になります。

購入せずとも親戚や友人・知人から借りて返すときにクリーニングをしてお礼をするという方もいるでしょう。

また、購入するにしても新品ではなく、ネットオークションなどを利用すればかなり低価格で購入することもできます。

一度しか着ることがないので、ネットオークションで購入してネットオークションで手放していけば上手にリサイクルしていけます。

Sponsored Links

写真代及び写真撮影代

七五三にかかる費用のなかでも大きな割合を占めるのが写真代です。

写真館や写真スタジオで撮影する場合は、1枚5000円ぐらいからでしょう。

あとはプリントする枚数などによります。

もちろんご自分たちで撮影すればずいぶんと割安になります。

七五三の写真撮影は、写真館でお願いすれば衣装も借りることができてヘアセットなども込の料金設定になっているところが多くなっています。

早めに写真撮影に関して、撮影代や衣装のレンタルの有無などをいくつかの写真館に問い合わせてみるとよいでしょう。

食事代及び会食代

祖父母、親、子どもなど家族揃って外のお店で食事をする場合、一般的な相場は大人3000円~10000円、子供1500円~3000円ぐらいでしょうか。

もちろん、外食せずに家で食べることもありますね。

人数が多ければ仕出しやオードブルを頼むこともあるでしょうし、家族だけで子どもの好きなものを中心としたお料理でお祝いしてもいいのです。

世間一般のやりかたがこうだからと迎合せずに、自分たちの七五三のお祝いのしかたを考えてみてくださいね。

Sponsored Links

お祝い金

七五三は内輪のお祝いなので、近親者からのお祝いが主になりますが、いくらぐらいが相場なのでしょう?

親戚ではないけれど親しい友人や知人の立場でお祝いする場合は3000円~5000円ぐらい。

ご祝儀ではなく、子供さんが喜ぶ品物をプレゼントするのもいいかもしれませんね。

甥や姪などの親戚の場合は、5,000円~10,000円ぐらいです。

祖父母が孫に贈る場合は、10,000円~数万円ぐらいが相場になっています。

この場合、お祝い金の代わりに食事代や写真代を負担したり、品物を贈ることもあります。

これもまた気持ちの問題です。

世間の相場うんぬんよりもお祝いする気持ちを伝えるほうが大切です。

ご祝儀を頂いた場合のお返しはどうすればいいのでしょう?

なるべく早いうちにお礼の気持ちを伝えます。

内輪のお祝いなのでお祝い返しは必要ありませんが、気になってお返しをする場合は、お祝いを頂いてから2週間以内にお礼状と頂いた金額の3分の1~半額ぐらいの品物を送るといいでしょう。

まとめ

七五三に関わらずこうしたお祝い事の行事はお金はかけるときりがありません。

七五三という行事にどの程度重きを置くか、どの部分にお金をかけるか、地域性や親戚間の関係など家庭によってかなり異なります。

親戚や地域との関係性も考えながら夫婦でよく話し合って自分たちの納得のいくように決めるといいでしょう。

七五三は子どもの成長を感謝するお祝いです。

世間体を気にせずにみんなで楽しいお祝いができるといいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。