ロンパースはいつから着せる?プレオールやカバーオールとどう違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
笑顔の赤ちゃん

初めての赤ちゃんだと着せるものや時期に迷ってしまうこともあるかもしれません。ロンパースやプレオール、カバーオールなど、赤ちゃんの肌着やベビーウェアについてまとめました。

Sponsored Links

赤ちゃんの肌着や服の名称

赤ちゃんの肌着や服は特別な名称がありますね。

ロンパースもそのひとつです。

ロンパースってどんな形?

大人の洋服であれば上半身をトップス、下半身をボトムスという言い方をしますが、ロンパースというのはこのトップスとボトムスがつながっているもので、脚の部分はついていません。

股のところにスナップがついていておしめが替えやすくなっています。

厚手の長袖のものもあれば薄手の半袖のものもあって、肌着として着せるもの、アウターとして着せるものもあります。

カバーオールって?

赤ちゃんに着せるものとしてロンパースのほかによく聞くのがカバーオールでしょうか。

カバーオールというのはロンパースと同じようにトップスとボトムスがつながったものですが、足首まで覆うようになっています。

ズボンやパンツだとおしめを替えるときに脱がせたりはかせたりが大変ですが、カバーオールは股から脚の部分にスナップがついていて全開できます。

ロンパースもカバーオールも股部分のスナップのほかに、着替え用として前や横にスナップがついています。

スナップは肩部分にあるかぶるタイプのものもあります。

また、股下以外にはスナップはついていなくて、肩部分が前後にかぶさっていてかぶせるタイプのもあります。

Sponsored Links

ロンパースはいつから?プレオールは?

ロンパースはどちらかというと服というよりは下着や部屋着のようなものと考えたほうがいいでしょうか

前開きや横開きになっているロンパースであれば首が座っていない時期でも着せやすいですね。

ロンパースは上下がつながっているので、はだけてお腹が出ることはありません。

ロンパースのサイズは50からあります。

デザインによっては少し大きめのものを用意して生後1ヶ月ぐらいから着せてもよいでしょう。

いろいろなデザインのロンパースがあるので、下着や部屋着としてだけでなく、最近では外出用の服としても着せることができるものもありますよ。

短肌着と長肌着

日本では出産時には新生児期に着せるガーゼやメリヤス地の短肌着や長肌着を準備することが多いですね。

暑い夏生まれの赤ちゃんにはガーゼの短肌着は重宝します。

赤ちゃんは汗をよくかくのでいくら暑い夏だからといって裸はよくありません。

ガーゼの短肌着を何枚も用意して着替えさせるといいですね。

長肌着は個人的にはいらないかなと思います。

Sponsored Links

欧米では新生児期からロンパース

欧米には紐で結ぶようになっている日本にあるような短肌着はないので、首の座っていない時期から上からすっぽりかぶせるロンパース型の肌着を着せることが多いですね。

このタイプの肌着はロンパースと言ったりボディオールと言ったりするようです。

便利なプレオール

最近では月齢の低い赤ちゃん向けにちょっと曲がった赤ちゃんの脚の形に沿って作られたプレオールがあります。

カバーオールの前(プレ)に着るものといった感じでしょうか。

これがなかなか重宝します。

新生児期の赤ちゃんは手足をバタバタとよく動かすので長肌着だと脚の部分がめくれてお腹が出てしまうことがおおいのですが、プレオールだとそんな心配はいりません。

長肌着として売られている中にも裾の部分が二股にわかれて脚が入るようになっているものもあります。

これだとお腹がめくれる心配はありませんね。これはコンビ肌着といいます。

新生児期には外に連れ出すことはほとんどないので外出用の服は1着か2着あれば十分でしょう。

プレオールにもかわいいデザインのものがありますよ。

Sponsored Links

ツーウェイロールも便利

また、ツーウェイロールといって股下のスナップをとめるかどうかでベビードレスのようになったりカバーオールのように着せたりできるものもあります。

肌着の上に着せるものとして準備しておけばベビードレスを卒業してからでも着られるので便利ですね。

新生児期には外に連れ出すことがほとんどないのでベビードレスを着せることもほとんどありません。

ですから、カバーオールにも転用できるツーウェイロールは重宝しますね。

赤ちゃん服は機能性重視

いろいろな名称がある赤ちゃんの下着や服ですが、メーカーによって呼び方が違っていることもあるので、名称にこだわらず、赤ちゃんの大きさや動きに応じて着せやすいもの、動きやすものを選ぶのが一番ですね。

月齢が小さいうち、特に新生児期はよだれやうんちなどですぐ汚すのでかわいいおしゃれなものよりもシンプルなデザインでよいので何枚もあったほうがいいのです。

枚数はあったほうがいいのですが、月齢に合わせたサイズのものだけだとすぐに着られなくなるので、洗濯が間に合わないときには大きめのサイズのものを代用してもいいでしょう。

最近はとてもかわいい赤ちゃん服が多いですが、見た目よりも脱いだり着たりがしやすいか、素材はどうか、縫い目はどうかなどを吟味して、赤ちゃんが動きやすいものを選んであげてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。