節分に飾るいわしの由来|地方ごとに異なる意外な習わし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
節分に飾るいわしの由来

節分には豆まきをして恵方巻を食べるほかにいわしを飾ることは知っていますか?節分に豆まきをして恵方巻を食べるのは無病息災を願って邪気を払うため。いわしを飾る由来もそれと同じなのでしょうか?

Sponsored Links

節分にいわしを玄関に飾るって本当?

地方によっていろいろあるようですが、いわしの真ん中の身の部分は食べて頭と尾を竹串にさして玄関先に飾るところがあるのです。焼いたいわしの頭をヒイラギの小枝に刺すのが一般的みたいです。

「一般的みたい」と書いたのは、私自身は話には聞いたことがあっても実際にやっているのは一度も見たことがないからなのです。

ママ友に聞いたら「小さいころには玄関先に飾ってあるのを見たことがあるなあ」って言っている人もいましたが、私は小さいころは北海道に住んでいたので見たことないのかもしれません。

そもそもヒイラギ自体が確か北海道にはなかったような・・・。

どうしていわし?

節分の日にいわしを焼いて食べてその頭を飾るのは主に関西。いわしというのは「鰯」と書くけれど魚へんに弱いって書きますよね。

いわしというのは「弱し」「卑し」から来ているらしいのですが、弱くて卑しい鰯を食べることで「陰の気を消す」のだそうです。

昔はいわしは安い魚だったので「卑し」だったかもしれませんが、今は高級魚とまではいかないものの結構いいお値段していますよね。

いわしは焼くときに独特の臭いがあって煙も出ます。その臭いと煙で鬼を追い払ってしまうということなのですね。

Sponsored Links

ヒイラギといわしの組み合わせって

節分の鬼

ヒイラギの葉っぱにはトゲがあります。ヒイラギの葉っぱのトゲで鬼の目を刺して鬼が入ってこられなくするのです。

ヒイラギのトゲと鰯のくささで鬼を退散させるというわけなんですね。

中にはいわしを焼く煙と臭いで鬼をつってヒイラギの葉っぱの棘で目を刺すと言われているところもあるようですよ。

要するにヒイラギと焼いたいわしの頭は「柊鰯(ひいらぎいわし)」と言って魔除けになるということなのですね。

この「柊鰯(ひいらぎいわし)」は「やいかがし」ともいわれています。「やいかがし」は「焼嗅」と書きます。焼いた臭いを嗅がすということでしょうか。

鬼を退散させるだけじゃなくて

いわしは焼いたらすごく煙が出ますよね。この煙で虫を追い払ってしまおうということでもあるらしいですよ。

昔の害虫駆除対策なのでしょうか。

立春の前日の節分にこうしたことをするというのはきっと春になる前に虫を駆除するということなのですね。

また、いわしにはDHAやEPAやカルシウムなどが多く含まれています。

最近はこのDHAやEPAが不足がちなんですね。

わざわざいわし由来のDHAやEPAたっぷりのサプリメントなどがあるぐらいですから。

無病息災を願ってその本家本元のいわしを焼いて食べるというわけなのでしょう。

冬は日が短いし何となくウツウツした気分になってからだもだるくて何かをしようと思ってもやる気がおこりにくいなんてことはないでしょうか。

そんなときにはDHAがいいそうですよ。春になる前にいわしでDHAを補ってやることで冬のどんよりした気分を改善するサポートになるのかもしれません。

昔は、今みたいに殺虫剤やサプリメントなどというものがなかったので、昔の人の生活の知恵ですね。

> 節分に食べる豆の数は決まってる?ちゃんと理由があるんです

Sponsored Links

柊鰯(ひいらぎいわし)の納め方

節分のイワシとヒイラギ

節分の時の豆まきの豆はそのまま年の数ほどいただいたり福茶にして飲んだりしますが、玄関に飾った柊鰯(ひいらぎいわし)はどうやっていたのでしょう。

いわしの胴体は食べてしまうわけですが、飾った頭はまさかそのままゴミ箱にポイなんてことはないはずです。

お正月のお飾りはだいたい7日に取り払って15日のどんど焼きで焼きますが、柊鰯(ひいらぎいわし)も同じような儀式的なことがあったのでしょうか。

そもそも柊鰯(ひいらぎいわし)はだいたいどのくらい飾っておくものなのでしょう

地方によって違うみたいで、節分の次の日つまり立春にはずしてしまうところもあれば2月いっぱいは飾っておくとか1年間は飾っておくというところもあるようです。

長い間鰯の頭が玄関に飾ってあるのは想像しただけでもちょっと・・・・ですね。

外した柊鰯(ひいらぎいわし)は神社に持って行ってお焚き上げしてもらったり、半紙などにくるんで塩で清めて自宅で焼いたり埋めたりするようです。

> 恵方巻きの方角の決め方とは?実は毎年すでに決まってる!

Sponsored Links

地方ごとに違う節分の習わし

地方ごとに多少の違いはあっても節分には柊鰯(ひいらぎいわし)を飾って豆まきをして恵方巻を食べるというのが一般的な節分の習わしのようですね。

といっても柊鰯(ひいらぎいわし)に関しては今でもやっているとこがあるのかなとは思いますが。

だいたい恵方巻ももともとは大阪あたりの地方限定の習わしだったのがスーパーやコンビニの大型商戦によって全国的に広まったのですよね。

節分の習わしは地方によってはもっといろいろあるんですよ。

四国では節分にこんにゃくを食べ、関東ではけんちん汁を食べる風習があります。出雲地方には節分そばなるものもあるようです。

福茶って知っていますか。豆まき用に炒った大豆3粒と塩昆布か佃煮昆布を少しと梅干し1個を湯飲み茶碗に入れて熱湯を注いで節分のときに飲むお茶のことです。

福茶も京都・関西地方の風習とも関東地方の行事食ともいわれています。

山口県では節分のころになるとスーパーの鮮魚コーナーにはいわしだけでなくクジラも並んでいます。

山口県では郷土料理としてくじらが昔から食べられて来ていたからのようです。

くじらを節分に食べるのは大きなくじらにあやかって大きな幸せを願ったり、志を大きく持って大きく成長するようにという願いが込められてるのだそうです。

> ひな祭りの意味って?雛人形や食べ物もそれぞれ由来があるよ

季節の行事には意味がある

節分だけでなく季節ごとの行事には大きな意味があって昔の人の智慧がつまっているのですね。

それぞれの地方によっていろいろな風習があるので今住んでいるところの昔からの習わしを調べてみたり、自分の親の世代まで伝わってきてたことを聞いてみたりするとおもしろいでしょう。

そして習わしの一部でもいいから子どもたちと体験してみるといいかもしれませんね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。