仕事と育児の両立のための簡単に実践できる7つのヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんとおかあさん

仕事をしながら育児もする場合、両立は決して簡単なことではありません。なかなか難しい仕事と育児の両立。難しい仕事と育児の両立を上手に乗り越えられる7つのヒントをご紹介しましょう。仕事と育児の両立させるためにすべてを自分だけで背負い込まないヒントにしてください。


Sponsored Links

仕事と育児の両立するには100%を求めない

ヒント1:完璧を求めない

仕事と育児を上手に両立させる為には、まず「完璧」を求めないことです。

ひとりであんまり頑張りすぎないでくださいね。「これくらいできれば上等」という気持ちが大事です。

特に子どもは大人が思う通りには動いてくれません。また、生活していれば日々予期せずいろいろなことが起こってしまうのは当然のことです。

その度に一喜一憂していたのでは精神が持ちません。そのときそのとき、臨機応変に対処していきましょう。

ヒント2:子どもに対しても100%を求めない

おかあさんにしてみれば、自分が仕事をしている間に「これをしておいて欲しい」「これができるようになったら」と考えてしまいますが、どの子も同じようにできるようになるとは限りません。

子どもができないことに目を向けてイライラするのではなく、子どもができたことを褒めてあげて100%を求めない姿勢で子どもと向き合ってあげてくださいね。

ヒント3:子どもと自分の健康を一番に考える

育児も仕事も、「健康な母親」と「健康な子ども」がいてこそ成り立ちます。どちらかが体調を崩すと、保育園に行けない、仕事に行けない、育児ができないということになってしまい、両立は難しくなりますね。

自分たちの健康を一番に考えて生活しましょう。それでも子どもが小さいうちはしょっちゅう熱を出してしまいます。

ただ、それもいつまでも続くものではありません。最近は病児保育や病後保育をやっているところもあるので、事前に調べておきましょう。

Sponsored Links

周囲の理解を得て、制度なども活用

ヒント4:周囲の人の助けを断らない

仕事と育児を両立していると「まわりに甘えてはいけない」と強がるおかあさんもいます。

しかし、人間の体は1つしかなく、手は2つしかありません。ひとりで頑張っていても子どもにとって本当に必要な手を差し伸べられないのであれば、周囲の人の手を借りたほうがはるかに良い結果を招くこともあるのです。

周囲が助けてくれるときには、ありがたくその恩恵を受けるようにしましょう。何でもひとりで背負い込まないでくださいね。

ヒント5:会社同僚とのコミュニケーションをとる

育児をしながら仕事をしていると、仕事の大切な場面であってもどうしても早退しなければならないことが出て来ることもあります。

そのような場合に一番迷惑をかけてしまうのは同僚ですね。

同僚とは日ごろからコミュニケーションを取り、育児に対して会社や同僚の理解を得ておくようにしましょう。

ヒント6:就業先の制度は積極的に利用する

会社の有給制度や、子どものために休める制度などがある場合には積極的に活用し、仕事をしているメリットを感じられるようにしておきましょう。

そうすることで、仕事に対してのモチベーションもあがりますし、育児面でも恩恵を受けられるので、子どももおかあさんの仕事への理解度が高まります。

Sponsored Links

家事を軽減する時短を

ヒント7:家事を時短するための工夫を

子どもを育てながら会社に勤めていると、どうしても勤務後に家事をしなければなりません。

掃除は気になったときにその都度こまめにするようにして、ちゃんとした掃除は週末にするなど家事も工夫しましょう。

買い物も週末にまとめ買いをしたり、最近ではネットスーパーを利用することもできます。

食事も週末に下ごしらえしたものを焼いたり、温めたりするだけにしておくなど、家事の時短を目指しましょう。

もし経済的に余裕があるのであれば家事を時短できる食器洗い乾燥機や乾燥機付き洗濯機などを利用するという手もあります。

料理もフードプロセッサーを使うと時短できます。

手抜きできるところ、絶対に手抜きしたくないところを自分で決めて上手に家事をこなせるようになるといいですね。

夫がいる場合にはもちろん協力してもらいましょうね。

7つのヒントを押さえて仕事と育児の両立がしやすい心と環境を目指して

子どもが小さいときにはどうしても仕事と育児の両立に悩むことが多いかもしれません。

子どもがある程度大きくなっても仕事と育児の両立はなかなか大変です。特にシングルでひとりで育てているとなおさらです。

仕事と育児の両立で悩んだときには、上記の7つのヒントをもとに、日々の生活を見直してみましょう。

すべてに完璧を求めないことと仕事と育児を両立するための環境づくりを上手に工夫していくことが大切ですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。