前駆陣痛の症状で吐き気がある?本陣痛との違いは痛みの間隔と強さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お腹に手を当てる妊婦

前駆陣痛という言葉を聞いたことはありますか。陣痛が始まったからと言ってすぐに出産というわけではありません。本陣痛の前に起こる陣痛が前駆陣痛で出産への準備段階に起こります。前駆陣痛の症状や対処法についてまとめました。

Sponsored Links

前駆陣痛って?

陣痛というのは赤ちゃんが生まれるために子宮筋が収縮するときに起こる痛みのことをいいます。

前駆陣痛というのは読んで字のごとく定期的な痛みが起こる本陣痛の前触れとして起こり、本陣痛の予行練習のようなものです。

出産前の必要なプロセスなのですが、だからといってすべての妊婦さんが本陣痛の前に必ず前駆陣痛を経験するわけではありません。

前駆陣痛の症状は?

前駆陣痛の症状はかなり個人差があります。

ちょっとした圧迫感を感じるだけの人もいれば痛みがかなりきつい人もいます。

よくたとえられるのが生理痛の痛みです。

生理痛の痛みも人によってかなり違いますが、下腹部にズーンというような鈍痛が来る感じです。

また、下痢のときのように下腹部がチクチクする人もいれば骨盤周辺に痛みを感じる人もいます。

多いのがお腹がカチカチに張る痛みです。

赤ちゃんが生まれるために徐々に下がってきて子宮が刺激されて子宮が収縮し始めるので、お腹が張ってくるのです。

Sponsored Links

前駆陣痛の症状で吐き気?

前駆陣痛の症状のひとつに吐き気があります。

出産が近くなると赤ちゃんが下に降りるので胃の圧迫感がなくなり、それまで感じていた胃のムカムカもなくなってそれに伴う吐き気もおさまってきます。

にもかかわらず、臨月になってお腹や腰の痛みとともに吐き気をもよおすことがあります。

また、胃がキリキリと痛むこともあるようです。

こうした吐き気や胃痛も前駆陣痛の症状のひとつです。

前駆陣痛と本陣痛の見分け方

臨月になってお腹や腰に痛みを感じるといよいよ陣痛が始まったと思うかもしれません。

出産につながる陣痛を本陣痛といい、その前触れとして起こる陣痛が前駆陣痛です。

出産につながる本陣痛と前駆陣痛はどのように違うのでしょうか。どのように見極めるとよいのでしょうか。

前駆陣痛の子宮収縮の痛みはまだそれほど強くありません。

そうはいっても本陣痛の強い痛みはあとで体験するのですから、初めて体験する前駆陣痛の痛みを本陣痛と勘違いすることもあるかもしれませんね。

初産の場合にはすべてが初めての経験なのでわからなくて当然です。

出産してからあれが前駆陣痛だったのかと思い当たることもあります。

前駆陣痛と本陣痛の大きな違いは痛みの間隔です。

Sponsored Links

前駆陣痛と本陣痛の痛みの間隔

前駆陣痛の痛みの間隔は不規則で痛みを感じる時間も長かったり短かったりします。

安静にしていると痛みが遠のいて忘れたころに痛みがやってくるといった感じです。

ところが本陣痛になると痛みの間隔が規則的で間隔もだんだん短くなっていきます。

規則的に等間隔で痛みや張りがやってきて、時間がたつにつれて間隔は短くなり痛みも強くなってきます。

中には前駆陣痛がないまま本陣痛が起こって出産へという方もいます。

臨月に入って痛みを感じたら痛みの間隔を測りましょう。

陣痛計測アプリが便利

最近ではダウンロードしてすぐ使える陣痛間隔を計測してくれるアプリがあります。

陣痛がきたときにスタートボタンを押し、おさまったときにストップボタンを押すことで陣痛の間隔を自動的に計測してくれるものです。

アプリによって多少の違いはあるようですが、陣痛間隔を簡単に計測できるとても便利なものです。

痛みが等間隔であれば病院や産院に電話をして指示をあおぎましょう。

病院や産院までの距離等で〇分間隔になったら来るようにとの指示があるはずです。

Sponsored Links

前駆陣痛の対処法

前駆陣痛が始まって数日以内に本陣痛に移行する場合が多いのですが、1週間~1日以内と人によってさまざまです。

前駆陣痛の痛みは本陣痛よりも軽いのですが、本陣痛を経験していなければそれなりにきつくてつらいものです。

姿勢や横になり方を工夫して痛みが和らぐ体勢を見つけましょう。

腰を温めたりさすってもらうと楽になることもあります。

深くゆったりとした呼吸を心がけてリラックスしましょう。

音楽を聴いたり、誰かとおしゃべりをするなど痛みに集中しなくなる方法を考えましょう。

もうすぐ予定日

予定日が近づいてお腹が張ったり痛くなったりしたときには痛みの間隔を測るようにしましょう。

前駆陣痛なしに本陣痛からお産になる場合もあります。

また痛みが強まらないまま前駆陣痛から微弱陣痛になることもあります。

痛みが強くない微弱陣痛であっても前駆陣痛と異なるのは間隔が規則的なことです。

陣痛の間隔が規則的になってきたのに痛みの強さが変わらないときにはすぐに産院に連絡しましょう。

出産が1週間後になるのか1日以内に始まるのかはわかりませんが、痛みの間隔が不規則なうちにいつお産が始まってもよいように準備をしておきます。

もちろん臨月に入ったら出産準備はしっかりしておいてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。