妊娠したのに基礎体温が上がらない!考えられる5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
基礎体温

妊娠すると、上がるはずの基礎体温がなかなか上がらないと心配になる方は多いでしょう。普通であれば上がるはずのものが、上がらないとナーバスになってしまいますね。妊娠初期の基礎体温はどのように変化し、どういう場合がちょっと心配な状態なのでしょうか。詳しくまとめてみました。

Sponsored Links

妊娠すると基礎体温は上がる!

女性は生理や排卵の周期に伴って基礎体温が低い低温期と基礎体温が高い高温期を繰り返しています。

基礎体温をきちんとつけていると妊娠の可能性をいち早く知ることができます。

妊娠すると高温期を保った状態が続きます。14日以上高温期が続くと妊娠の可能性が高くなります。

高温期の基礎体温の目安は36.7度以上ですが、個人差があるのでいつもの自分の基礎体温よりも0.5~ 1.0度高ければ高温期といえるでしょう。

妊娠しているのに基礎体温があがらない

基礎体温があがっている状態が続いているので妊娠していると思っていたのに途中で下がってしまうことがあります。

妊娠しているはずなのに基礎体温が上がらない、下がってしまう理由には次の5つが考えられるでしょう。

インプランテーションディップ

実は途中で下がってしまうこと自体が妊娠のはっきりした徴候ととらえることもできます。

受精卵が子宮に着床して妊娠ということになるのですが、この着床時に基礎体温が下がることがあるのです。インプランテーションディップと言われています。

インプランテーションディップは高温期に入ってから7~10日目ごろに起こり、1~2日ほど基礎体温が上がらない状態が続きます。

ただし、妊娠しているからといって着床時に必ず基礎体温が下がるわけではなく個人差があります。もし3日以上低い状態が続く場合にはインプランテーションディップではなく低温期に入ったと言えるでしょう。

基礎体温自体に個人差あります。一般的には基礎体温の高温期は36.7度以上が目安となり、低温期はそれよりも0.5~1.0度ほど低くなります。

ただし、もともと体温が低い場合には高温期であっても36.7度以下の人もいます。また、低温期と高温期の差があまりない人もいます。

ですから、自分の基礎体温の値をきちんと把握していることが大切なのです。

Sponsored Links

基礎体温が正しく測れていない

自分の基礎体温の値をきちんと把握するためには正しく測る必要があります。

基礎体温が正しく測れていないために妊娠しているはずなのに基礎体温が上がらないと思い込んでしまうこともあります。

基礎体温の正しい測り方を知っていますか。

朝目覚めてすぐに横になったまま体温計を舌の下にいれて測ります。舌の裏側で測るのですね。舌の上では誤差が出てしまうようです。

基礎体温計は一般の体温計と違いコンマ以下の温度も正確に測れるようにできています。

ですから、季節の変わり目などで部屋の温度も急に下がったりすると夜の間に体温計を置いていた場所などによっては測定に影響がある場合も出てきます。

もし気になるときには安静にした状態のまま30分後にもう一度測ってみましょう。

睡眠不足やストレス

睡眠時間がしっかりとれずに睡眠不足になっているときには体温が低くなっていて基礎体温も正確には測れません。

また、妊娠によって精神的なストレスに敏感に反応してしまうことも基礎体温に影響を及ぼすようです。

妊娠初期の段階で基礎体温の表がバラバラになっているときには睡眠不足やストレスの影響を受けている場合も多いので、質の良い睡眠を十分に確保してゆったりリラックスして過ごすようにしましょう。

Sponsored Links

胎盤が形成されると低温期に

妊娠中ずっと高温期が続くわけではありません。

胎盤ができあがる12~15週ぐらいまでは高温期が続きますが、胎盤ができあがると低温期に入ります。

ですから、だいたい20週ぐらいまでには低温期の体温に戻ることが多いのですが、これも個人差があってずっと高温期が続く場合もあるようです。

流産の可能性も

妊娠初期の段階で基礎体温が数日間下がった状態が続くときには流産の可能性があることもあります。

基礎体温が下がったからといって、上記のような場合もあるので即流産というわけではありません。

ただし、お腹が痛くなったり、出血があったりする場合にはすぐに受診したほうがいいでしょう。

妊娠初期の流産は先天的な異常が原因の場合が多く防ぎようがないことがほとんどです。とても残念なことですが、何かをしてれば防げたというものではないので自分を責めないでくださいね。

気になるときには受診しましょう

一般的には妊娠すると基礎体温があがって高温期が続きますが、中には上記のような理由で一時的に下がってしまうこともあります。

また、もともと高温期と低温期の差があまりない場合もあるので、そんなときは妊娠しても体温が上がらないと感じることもあるかもしれません。

妊娠していて体温が上がらないと感じて心配なときは、心配がストレスになるとよくないので、安心するためにも受診したほうがいいでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。