妊娠してから体温が高いけど大丈夫?低温期になるのはいつ頃?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
基礎体温

妊娠すると女性の体にはいろいろな変化が起こってきます。体温の変化もそのひとつです。妊娠後何となく熱っぽくて心配になるかもしれませんが、妊娠してからのからだの変化について知っていたら安心しますよね。今回は妊娠してから体温が高くなる理由についてまとめてみました。

Sponsored Links

妊娠初期は高温期が続く?

妊娠すると何だか体がだるい、熱っぽいと感じて体温を測ると自分の普段の平熱より高いので心配になる人もいるでしょう。妊娠すると女性の体は、体温が高い状態が続くメカニズムになっています。

月経と体温の関係

女性の体は月経を境に、体温が高い高温期と低い低温期が交互に訪れます。

月経が始まってから大体2週間位、排卵が起きるまではずっと低温期が続きます。

排卵が起きた時点で、妊娠の準備を促すプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増えます。

プロゲステロンには体温を上昇させる作用があるので、排卵日には体温が急に上昇してその後高温期へと移行します。

排卵された卵子が受精しないと2週間ぐらい高温期が続いた後、体温が下がり月経が始まります。

プロゲステロンの分泌量が減るため月経が始まると体温が下がり、低温期へと移行するというサイクルを繰り返すのです。

Sponsored Links

妊娠後に高温期が続く理由とは

しかし、排卵のタイミングで卵子と精子が受精し、子宮内で着床して妊娠すればプロゲステロンの分泌量が増えます。

妊娠状態を継続させるために、プロゲステロンの働きも活発化して、体温を上昇させたままの状態になります。妊娠するともちろん月経も始まらないので、低温期に入ることなく高温期がずっと続くというわけです。

高温期から低温期への移行

ただ妊娠中の高温期はずっと続くというわけではなく、大体妊娠12から15週目位を過ぎると徐々に低温になります。

大体妊娠20週目前後には、通常の低温期くらいの体温に落ち着きます。高温状態から低温へと移行するのは、子宮内でお母さんから赤ちゃんへ栄養分や酸素などを送る胎盤が形成されるからです。

それまでは、卵巣からダイレクトにプロゲステロンが分泌され、赤ちゃんの成長を促していました。

しかし胎盤を通じてプロゲステロンが分泌されるようになったため、プロゲステロンが母体に与える影響が少なくなったためです。

妊娠初期の低温には注意!

また、妊娠初期であっても、一時的に低温になる場合もあります。外気温が低いとても寒い日には体温も低くなることがあります。また妊婦さん自身の疲労や睡眠不足、ストレスなど体調不良も低温の原因となります。

たとえ低温になったとしても、1日か2日で元の高温期に戻るようなら一時的なものと考えられるので問題ないでしょう。

他の症状もチェック

しかし、数日間低温状態が続くと流産の可能性も考えられます。その際は低温状態以外にも、腹痛や下腹部からの出血など、他の症状を伴うケースがほとんどです。

あまり慌てずに、他の症状がないかチェックしながら念のため一度かかりつけの産婦人科を受診してみることおすすめします。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。