妊娠検査薬が陰性なのに生理がこないときは多胎?水分の取りすぎ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
悩む女性

妊娠検査薬が陰性なのに生理が来なくて妊娠していることもあります。多胎の場合や水分の取りすぎで陰性になることもあるのです。妊娠検査薬の正しい使い方や陰性・陽性についてまとめました。

Sponsored Links

妊娠検査薬で妊娠がわかる仕組み

受精卵が着床するとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが胎盤から分泌します。

妊娠検査薬は尿中のこのhCGの値によって妊娠しているかどうかを判定する薬です。

尿中のhCG値が一定以上になると妊娠検査薬が反応する仕組みになっています。

市販されている通常の妊娠検査薬の場合は尿中のhCG値が50mIU/mL以上になると反応しますが、これは生理開始予定日から1週間後以降となります。

hCGの分泌量は個人差がありますし、検査薬を使うタイミングも重要です。

妊娠検査薬はいつから使える?

通常の妊娠検査薬の場合には判定可能時期である生理開始予定日の1週間後以降に使うようにします。

それ以前に使っても確実な検査結果が得られないこともあります。

早く知りたいからとあまり早い時期に使っても通常の妊娠検査薬の場合には正しい判定は出ないのです。

どうしても早く知りたい場合には最近は尿中のhCG値が25mIU/mLぐらいでも反応する「早期妊娠検査薬」も市販されています。

検査薬によっては生理開始予定日の5日前や生理開始予定日から使えるものもあります。

妊娠を望んでいる場合には妊娠しているかどうかを早く知りたいと気持ちから検査薬に書かれている判定可能時期よりも前に使ってしまいがちです。

タイミングが早すぎると正しい結果は得られないので注意してくださいね。

Sponsored Links

妊娠検査薬が陰性でも妊娠していたら多胎?

妊娠検査薬はhCG値が一定以上であれば陽性反応が出ます。つまり妊娠の可能性があるということです。

ところが判定結果が陰性なのに妊娠している場合もあります。

下記のような理由が考えられます。

フライング検査

一番多いのがフライング検査だったという場合です。

フライング検査というのは検査薬の説明書に書かれている時期に検査をしていなかったり、周期の乱れから検査をする時期ではないときに検査をしてしまった場合のことをさします。

検査時期を確認しなおしてフライング検査だと思われる場合には1週間後に再検査してみるといいでしょう。

水分の取りすぎの場合

水分を取りすぎた後に検査をした場合、尿の濃度が薄くなっているのできちんとした検査結果が得られないことがあります。

尿の濃度が薄くなっている場合にはhCG濃度が薄くなることがあり、妊娠していても陰性反応しか出ないこともあります。

朝一番の尿の濃度が高いので水分を摂取する前の朝一番の尿で検査するようにしましょう。

Sponsored Links

多胎でホルモン濃度が高い場合

妊娠検査薬はhCG濃度が高すぎても反応の上限を超えてしまい陰性反応が出てしまう場合があります。

もちろん、双子妊娠であっても正しい時期に検査をすれば陽性反応が出ることもあります。

正しい時期に検査をしても多胎妊娠の場合は人によって反応が異なることもあるようです。

子宮外妊娠などの場合

受精卵が子宮以外に着床した場合には妊娠していても陰性反応になることがあります。

このような場合には子宮内膜に着床した場合に比べてhCGホルモンの分泌がどうしても鈍くなるので陽性反応が出る時期に反応しないこともあるのです。

子宮外妊娠などの異常妊娠の場合も一度は陰性であってもしばらくして検査すれば陽性になります。

Sponsored Links

妊娠検査薬で陰性反応でも妊娠してる?

妊娠検査薬で陰性反応が出ても下記のような症状がある場合には妊娠している可能性が高いと言えます。

基礎体温で高温期が続く

基礎体温を付けていると排卵すると高温期に入って生理が来ると低温期に入ることがよくわかります。

ところが、妊娠すると2週間以上高温期が続きます。つまり生理開始予定日を過ぎても高温期が続いてれば妊娠している可能性があるのですね。

微熱がある

妊娠していると基礎体温の高温期が続くので微熱があるように感じたり、体がだるくなったりします。

つわりの症状が出る

つわりが始まる時期は個人差がありますが、妊娠4~5週目くらいから始まります。

妊娠4週目というのは最終月経開始日から4週間たったころです。

つわり=吐き気と思う方が多いようですが、吐き気だけではなく眠気が出たり臭いに敏感になったり、食べ物の好みが変わったりすることもあります。

妊娠検査薬は正しい時期に使う

一般の妊娠検査薬は生理周期が順調な場合には生理予定日の1週間後から検査をすることができます。

生理周期が不規則な場合には前回の周期を基準にして予定日を計算し、その1週目ごろに検査します。

妊娠を望むあまりきちんとした反応が得られる前に使いがちですが、説明書に書かれている通りの時期に使うことでより確実な結果が得られるのです。

検査結果が陰性であっても生理が始まらないときには再検査するか産婦人科を受診するようにしましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。