プール熱は何科を受診したらいい?プールに入らなくても感染する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
おでこに手を当てる子供

子どもの三大夏風邪のひとつといわれているプール熱。プールの水を介して感染することも多いのでこう呼ばれます。子どもにプール熱の症状が出たときは何科を受診するといいのでしょう。プール熱の症状、感染経路、予防方法、受診科についてまとめました。

Sponsored Links

プール熱の症状が出たときは何科を受診する?

プール熱の症状が出たときには何科を受診すればよいのか、そもそもプール熱というのはどんな症状なのか、感染経路、家でのケアについてなど順を追ってみていきましょう。

プール熱って?

プール熱(咽頭結膜熱のことです)はプールの水を介して感染することが多いのでプール熱といわれます。

ノンエンベロープウイルスの1種であるアデノウイルスによって引き起こされる感染症です。

プール熱の症状

  • 39度ぐらいの高熱が続く
  • 咽頭炎
  • 結膜炎

以上のような症状があるので咽頭結膜熱といわれます。

急に発熱し高熱は数日から1週間ほど続くことがあります。

喉が痛み、結膜炎になって目が充血し涙が多くなり目やにが出ます。

頭が痛くなったり、からだがだるくなったり、食欲がなくなったりします。下痢をすることもあります。

3~5日ぐらい症状が続きますが、少しづつ改善していきます。

高熱が続くときには脱水症状や熱性けいれんに注意が必要になります。

何科を受診したらいい?

初診は小児科がいいでしょう。

自然に治癒することが多いですが、目の症状が強い場合には目の治療が必要になるので眼科に相談してみるといいですね。

Sponsored Links

プール熱にかかったときに家でできること

高熱が何日も続くと心配になるかもしれませんが、熱を出すことでからだがウイルスと戦っているのです。

ですから解熱剤はやみくもに使わないほうがいいのです。

高熱が続いて苦しそうなときには一時的に熱を下げることでからだも楽になるので医師に相談して解熱剤を処方してもらうといいでしょう。

勝手に解熱剤を使わないことです。

水分補給をしっかり

喉が痛むので食欲が落ちることが多く心配になるかもしれませんが、食欲が落ちることよりも脱水が心配です。

脱水にならないようにしっかり水分補給をしてあげましょう。

酸を含まない柔らかい食べ物

食欲がないときには無理に食べさせず、水分補給に気をつけ、熱が下がって少し食欲が出てきたらのど越しがよく刺激が少ないもの、例えばおかゆ、プリン、ゼリー、アイスクリームなどをあげるといいですね。

酸を含むものは喉の痛みが増すので、酸を含むトマトや果物、ヤクルトやヨーグルトなどは避けたほうがいいでしょう。

熱がなければ入浴OK

熱があまりに高いときや元気がないときは入浴は避けたほうがいいですが、プール熱は夏の暑い時期にかかることが多いので熱がそれほど高くなく元気であれば一番最後に入浴させてあげましょう。

Sponsored Links

プール熱の感染経路

プール熱はその名の通りプールの水を介しての感染が多いのですが、感染経路はプールだけではありません。

プール熱の感染経路は次のふたつです。

  • 飛沫感染
  • 接触感染

咳やくしゃみなどの飛沫によって感染するのが飛沫感染です。

咳やくしゃみをしたときに触った手指や目やになどが感染源になってドアノブやもおもちゃ、タオルなどから感染するのが接触感染です。

また、便からも1ヶ月ほどウイルスが排出され続けます。

予防と二次感染を防ぐためにできること

喉からは2週間ほどウイルスが排出されます。

便からも1ヶ月ほどは排出されるので、症状がおさまってからもウイルスは排出されているのですね。

タオルや洗面器などは共有しないようにしましょう。

おもちゃの貸し借りもやめておいたほうがいいですね。

目やにや涙を拭きとるときには目に直接触れないようにし、ティッシュなどの使い捨てのものを使うようにしましょう。

もし、目やにや涙、唾液などがついたタオルを洗う場合には洗剤だけではウイルスは不活性化しないので別に洗うようにします。

おむつをしている子が感染・発症した場合には世話をする人は使い捨て手袋をするか、おむつ交換の後に必ず石鹸・流水で手を洗うようにします。

またおむつの捨て方にも注意が必要です。

プールに入るときには

夏は学校でもプール授業がありますね。

プール熱はプールの水を介しての感染も多いのでプールに入るときには水中ゴーグルを使った方がいいでしょう。

プールからあがった後はしっかりシャワーで洗い流しましょう。

プール熱にかかった後のプールは?

プール熱に感染発症したときには、熱が下がり、のどの痛みがなくなり結膜炎の症状がなくなってから2日後には出席停止がとかれます。

出席停止が解かれて登校できるようになればプールに入ることもできます。

感染を防ぐためにプールには入れてもタオルは絶対に共有しないようにしましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。