産休、育休中の給与はいくら位もらえるの?社会保険は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
考える夫婦

産休や育休という言葉は聞いたことはありますね。では、具体的に産休中や育休中にどれくらいの給与が、どれくらいの期間もらえるのか、ご存知でしょうか。具体的な内容についてはご存知ない方が多いようです。そこで今回は、育休や産休を取った場合の給与事情や社会保険等について詳しく解説します。

Sponsored Links

育児休業とは?いくら給与がもらえるの?

育児休暇と育児休業は正式には異なるもので、育児休業は、育児休業法という法律で定められているものです。

一方、育児休暇というのは法律の制度とは関係なく、一般的に育児のためにとる休暇のことです。

育児休業は原則として子どもが1歳になるまでは必ず取得できると法律で決められています。

勤め先に育児休業の規定がない場合にも条件があっていれば会社に申し出れば取得できるようになっています。

基本的には、正社員だけでなく、パート・派遣・契約社員であっても1年以上同じ会社に勤め、子どもが1歳に達した日を超えても引き続き雇用される見込みがある場合には取得することができます。

育休というと母親が取得するイメージがありますが、実は男女の別は定められておらず、法律的には夫も育児休業できる立場にあります。

夫の場合には赤ちゃんが生まれた日から取ることができます。

また、保育所へ入れたいのに入れない場合には、1歳6ヶ月まで育児休業できるとも定められています。

会社によってはさらに長い期間を育児休業できると定めている会社もあります。

Sponsored Links

雇用保険から支給される「育児休業給付金」

育児休業中の給与は会社には支払い義務はないので、ほとんどの会社で支払われません。

給与の何割と決めて支払われる会社も中にはありますが、割合が低い場合が多いようです。

育児休業中に会社から給与が支払われない場合や支払われたとしても額が少ない場合には、雇用保険から「育児休業給付金」が支給されます。

支払われる額は出産前に働いていた会社の給与に応じて変わってきますが、育児休業開始から6カ月目までは給与の67%、それ以降は50%となります。

ご自分の給付金の額を計算してみましたか。育休中に何がしかの給与が支払われている場合には給与額によって給付金は制限されます。

育児給付金の手続きは?

育児給付金は雇用保険から支払われるので当然雇用保険に加入していることが前提となります。

手続きは会社が行ってくれるので産休に入る前に会社の総務か人事に相談するといいですね。

事前に「育児休業基本給付金の申請書」「受給資格確認票」をもらっておき、育休に入る1カ月前までに、会社に提出するようになります。

Sponsored Links

育児休業中の社会保険はどうなる?

育児休業中も産休のときと同様、社会保険料の負担もなくなります。

給与は支払われないものの、会社には属しているので、基本的な社会保険は育休中も働いている時と変わりません。

この場合、社会保険料は免除されるので支払わなくてもいいことになります。

ですから、この期間中は、社会保険料を納めることなく保険証も使える上、厚生年金も被保険者のまま加入している期間になります。

ただし、住民税は発生するので要注意です。

産休中はいくら給与がもらえるの?社会保険は?

産前6週間と産後8週間の間は産休と言い、出産の為に休む期間となります。

この間は本人が希望すれば休業することができます。また、産後に関しては産後6週間は必ず休業しなければならないと労働基準法で定められています。

この間の給与も会社から支払われるケースは少ないですが、社会保険料の負担はありません。

産休中には健康保険組合や共済組合から出産前の給与から算出した「出産手当金」が支給されまます。

給与の約2/3に相当する額が毎月手当金として支給されます。

ただし、出産前に退職する場合には支払われません。また、国民健康保険の場合も支給されません。

出産手当金には税金はかかりませんが、産休中や育休中であっても、前年の所得に応じてかかる住民税は発生しますし、支払う義務があります。

産休中も育休中も支給される給付金制度

このように、会社側が給与を毎月支給するケースは少ないものの、産休中と育休中にはそれぞれ、健康保険組合や雇用保険の給付金が支給されるので安心して出産・育児ができますね。

また、どの健康保険に入っていても出産一金は支給されます。

子どもの一人につき平均して42万円ほどになるようです。

こうした制度を知って利用すれば仕事を休んでいても安心して出産を迎えられますね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。