パパの子育ての悩みを解決のためにママを理解する4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
男の子の子育て

ひと昔前までは子育てと言えば母親でしたが、最近はママといっしょに子育てに参加するパパも増えています。そんなパパだからこそある子育ての悩み。悩んでいるのはあなただけではありません。パパの子育ての悩み解決法についてまとめました。

Sponsored Links

パパも頑張っているのに

ママといっしょに子育てをしようと意欲的なパパが増えていることはとてもすてきなことですね。

ところが、少しでもママに楽になってほしいと頑張っているつもりが空回りしているような気がしているパパも多いのではないでしょうか。

子育てで忙しいママの家事を少しでも楽にしてあげようと洗濯物をたたんだり、洗い物をしたりしているのにダメ出しが出るとがっかりしてしまいますね。

「どうせたたむのならもっと丁寧にたたんでほしい」「洗い残しがないようにもっときれいに洗ってよ」なんて・・・・

また、せっかく子どもをお風呂に入れたのに体の洗い方がまずいと言われたり、いっしょに遊んでいると「遊んでいられていいわね」なんて言われてしまう。

特に今まで家事なんてしたことがなかったパパが、ママは子育てで大変だからと急に家事の手伝いをやりだすと、ママのやり方と違うことでママからクレームが出たりすることがあるんですよね。

日ごろやらないことはすぐにはうまくなりません。今まで家事をしたことがないパパがいきなりやってもうまくいかなくて当たりまえ。だったら、ママに「どうやればいい?」って聞いてみましょう。

子どもをお風呂に入れたり、おむつを替えたりするのもそう。ちょっと手伝うだけじゃなくていっしょに子育てをしていこうと思ったら、ママに教えてもらって上手になっていきましょう。

パパにわかってほしいこと

まずパパにわかってほしいのは子育てはエンドレスだということです。つまり、ここからここまでは子育ての時間、あとは家事の時間と区切れないのですね。

特に赤ちゃんのときはおむつを替えたり、おっぱいを飲ませたり、ぐずったらずっと抱っこしていたりなど、家事をしながら24時間体制で当たらなければいけません。

ママにしてみたら自分は24時間かかりっきりなのに、いくらパパが頑張ってくれても家事の一部、育児の一部をやってくれているだけと思っているかもしれません。

もちろん、パパに少しでも手伝ってもらえたらママもうれしいでしょう。でも、もしかしたら、だからこそ、要求が多くなってしまって、私はこんなに頑張っているのに、ちょっと手伝ってくれたぐらいで・・・なんて思うのかもしれませんね。

> 育児中に夫にイライラした瞬間ベスト10!

もしかしたら、ママが心のどこかで思っているのは頑張っている自分をわかってほしい、やさしいことばをかけてほしいということなのかもしれませんよ。

ちょっとした言葉かけひとつでママの気持ちもほっとなごみます。

赤ちゃんの間は特にママはエンドレスの子育てでいっぱいいっぱいになっているんです。そんなとき、パパから心からやさしい言葉をかけられたらほんとうにうれしいものです。

パパがママに心からやさしい言葉をかけられるのはほんとうにママに感謝しているからでしょう。

産後のママの心身の状態をわかってほしい

産後はホルモンバランスが変化するので、ママは自分でもよくわからないのにイライラしてしまうことがあるのです。

その上エンドレスの子育てで体が疲れていてもゆっくり休むことができなくて、ホルモンバランスの乱れに輪をかけてイライラが募ってしまうのですね。

更年期になると女性はホルモンバランスが崩れて、イライラやうつなどいろいろな症状が出るのですが、産後もまたホルモンバランスが崩れていることでついイライラしてしまうのです。

女性のからだとこころの変化について理解してあげましょう。

> 育児ストレスで夫と喧嘩に!3つの対処法で乗り切ろう

ママが疲れているなと思ったらゆっくり休める環境にしてあげてください。また、ママがイライラしているときにはどうしたらいいのかという解決策を話し合う前に時間をとってとにかくじっくり話を聞いてあげてください。

親身になって話を聞いてくれる人がいると、それだけで気持ちが落ち着いて自分で解決してしまうこともあるのです。

じっくり話を聞いてくれるのがパパだとママの気持ちも落ち着くことでしょう。

また時にはママもひとりになりたいこともあるでしょう。家事を手伝ってもあげるのもよいですが、たまにはママひとりの時間を作ってあげませんか。

家でパパが子どもと遊んでいてもママは気になってしまいます。ママをひとりにしてあげるために子どもと公園や散歩に出かけてみるのもいいかもしれません。

ただ、日ごろ子どもとあまり遊んだことがないパパだと預けるのが心配な場合もあるでしょう。

ママはどうしたいのか聞いてみてくださいね。

Sponsored Links

パパの子育てお悩み解決法

パパは自分も子育てを頑張っているのにとママはわかってくれないと悩んでいるかもしれませんね。

パパも頑張っているのに・・・と思っているということは、これだけやってあげてるのにどうしてママはダメ出しをするんだろう?という気持ちがどこかにありませんか。

子育ては夫婦ふたりでするものです。ママはいつもひとりでやっています。もしパパに「これだけやってあげてるのに」という気持ちがどこかにあるとすれば、それはママに伝わってしまうでしょう。

パパの子育ての悩みを解決するには子育て中のママのことを理解してあげてくださいね。

  • 子育てはエンドレスであることを理解して
  • 下手なら教えてもらおう
  • いまこのときを楽しもう
  • お互いの気持ちを話し合おう

子育てや家事を楽しんでやってみませんか

もしかしたら、家事も子育てもママの方が上手かもしれません。パパは下手なら下手でもいいのです。パパがママを楽にさせてあげたいと思うのなら、どうせ関わるのなら、楽しんでやってみてはいかがでしょう。

下手なのだから聞いてみる、下手だけどやってみる、下手でごめんねと言ってやってみる、楽しみながらやってみるといいのではないでしょうか。

この瞬間は今だけ

子どもはすぐに大きくなります。いまこの瞬間は二度とありません。特に赤ちゃんのうちはわけもなく泣き叫んだり、ちょっと目を離せば何をするのかわからない、ほんとうに大変かもしれません。でも、そんな時期はほんとうに短いのです。

子どもは必ずいつか親から離れていきます。いつまでもパパ、パパなんて言ってくれません。赤ちゃんのうちから子育てに関わっていると子どもの成長過程をママといっしょに楽しむことができます。

パパは仕事で忙しい?

今では育児休暇は男性もとれることになっているとはいえ、実際にとるとなるとなかなか難しいのが現実でしょう。

子どもが生まれてもパパにはこれまでとは変わらない会社での仕事があります。仕事で疲れて帰って来てなおかつ家事や子育てなんてと思う日もあるかもしれません。

仕事を持ってるママなら仕事に家事に子育てにと大変です。

家庭によってママとパパの関係やあり方、子育てや家事へのかかわり方は違っているでしょう。

自分の気持ちを話し合う

けれど、ママ、パパ、子どもがいての家族です。家族の誰かだけに負担がかかることなくみんなが笑顔で幸せに日々を送るために、自分たちはどうやっていくのか、どうしたいのか、パパとママでよく話し合いましょう。

ママだからこそできること、パパだからこそできること、お互いの協力があってできることがあるはずです。単なる役割分担ではなくお互いの気持ちも話し合うことが大切です。

また、子どもが小さいうちはパパとママですが、子どもが大きくなっても夫婦の関係は続いていきます。ある程度子どもが大きくなってからの自分たちの在り方もときには話し合ってみるのもいいのではないでしょうか。

もちろん子どもが小さいうちでも子どものパパとママというだけでなく、共に人生を歩んでいく夫婦として話し合う時間、楽しむ時間を持つことも大切ですね。

> 子育てでイライラするのは夫が原因?育児中の夫婦円満のコツ

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。