ちくびが痛い!更年期にズキズキ痛むのは?原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
痛い

ホルモンバランスが乱れる更年期にはいろいろな症状が出てきます。ちくびが痛いというのもそのひとつでズキズキしたりチクチクしたりします。更年期でちくびが痛い症状についてまとめました。

Sponsored Links

更年期って

更年期というのは閉経前後の約10年間のことをさしています。

日本人女性の平均的な閉経年齢は50歳前後といわれているので、更年期というのは45~55歳といえますね。

ただ閉経年齢は個人差があるので更年期も当然人によって違ってきます。

更年期にはいろいろな不快な症状があらわれてきますが、これは「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌に関わってきます。

更年期とエストロゲン

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、妊娠・出産・女性らしさに関係するホルモンです。

8~9歳ごろから分泌され、30代半ばのピーク時からは卵巣機能の低下とともに分泌量も減少し、40代半ばごろには急激に減っていきます。

視床下部にある脳下垂体がエストロゲンの分泌をコントロールしています。

脳下垂体がエストロゲンの分泌を促すものの、45歳ぐらいになると卵巣機能が衰えているのでエストロゲンは分泌しにくくなるのです。

そうすると、視床下部が混乱してしまって自律神経が乱れてしまうので更年期障害といわれるさまざまな症状が表れてくるのですね。

更年期は女性であれば誰にでも訪れるものですが、更年期障害といわれる不快な症状の感じ方は個人差があります。

Sponsored Links

更年期障害の症状

更年期障害には体の症状と心の症状があります。

体の症状としては、だるい、疲れやすい、動悸やのぼせ、耳鳴り、頭痛、腰痛、肩こり、乳首や乳房の痛み、からだのかゆみなどがあります。

心の症状としては、イライラやうつ症状、不安、不眠などがあげられるでしょう。

40代前半でもプレ更年期といって更年期と似たような症状を感じることもあります。

更年期にちくびが痛い!

通常であればエストロゲンとプロゲステロンはバランスよく分泌されているのですが、更年期になると卵巣機能の低下でエストロゲンが減少しプロゲステロンの分泌が増加します。

プロゲステロンは一時的に乳腺組織を増加させたり、乳腺内の血管を拡張させるためにちくびが痛いと感じるようになるのです。

更年期のちくびの痛みはチクチクする痛みだったりズキズキしたりと人によっていろいろです。

ズキズキちくびが痛い症状を和らげるには

ちくびの痛みに限らず更年期にあらわれる諸症状をやわらげるには更年期に減少するエストロゲンの減少を遅らせたり、エストロゲンを増やす方法があります。

Sponsored Links

エストロゲンを増やす3つの方法

規則正しい生活

生活が不規則になって睡眠不足になったり疲労がたまったりストレスがたまるとホルモンバランスは簡単に崩れてしまいます。

疲れたときはしっかり休んで良質な睡眠をとるようにしましょう。

規則正しい生活がいいと言っても固執するあまりそのこと自体がストレスになってしまうこともあります。

自分なりのストレス解消法を見つけてゆったりとした気持ちで日々を送りましょう。

バランスのよい食事

肉がメインで野菜が少ない食事やジャンクフードばかりというのは更年期だけでなく一般的によい食事とはいえません。

更年期に入ったら特に食生活には気を付けましょう。

大豆イソフラボンはエストロゲンに似た働きをします。

豆腐や油揚げ、納豆、きな粉、豆乳などの大豆製品を意識して摂取するようにしましょう。

またビタミンEは卵巣の老化を防いでくれます。

多くの女性が大好きなアボガドには良質なビタミンEだけでなく、利尿作用のあるカリウムも多く含まれています。

アボガドは脂肪分が多く高カロリーですが、代謝を高めるオレイン酸も豊富なので脂肪燃焼効果があります。

Sponsored Links

重症なときは医学療法やサプリメント

症状が重症なときは医学療法を用いることもあります。

足りなくなったホルモンを補うホルモン補充療法やエストロゲンに似た働きをもつサプリメントの摂取などで女性ホルモンを補う方法もあります。

ホルモン補充療法を受けるにはもちろん婦人科を受診する必要があります。

更年期障害を和らげるサプリメントとしてはプランセタやサポニン、エクオールが豊富なものが知られています。

痛みが気になるときは

更年期に起こりやすいちくびが痛いという症状ですが、痛みが長引いたり、乳首から分泌物があるなど気になる症状があるときには受診しましょう。

受診して何もなければ安心できますし、もし他の病気が隠れている場合には治療することができますからね。

更年期になってちくびが痛いときには更年期外来や乳腺外来を受診しましょう。

最近では婦人科の中に乳腺外来や更年期外来などがある病院も増えていますが、そうした外来がない場合でも婦人科を受診してくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。