1歳の赤ちゃんが離乳食を食べない原因と簡単な3つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
離乳食を食べる赤ちゃん

生後6か月頃から離乳食をスタートさせて、少しずつ色々なものが食べられるようになってきたのに、1歳頃からなぜか離乳食を食べなくなる赤ちゃんは多いようです。せっかく離乳食を作っても赤ちゃんが食べてくれないと、どうして食べてくれなの?と悲しくなってしまいますね。今回は1歳の赤ちゃんが離乳食を食べない原因と対処法についてまとめてみました。

Sponsored Links

1歳の赤ちゃんが離乳食を食べない原因は?

1歳頃の赤ちゃんが離乳食を食べない原因としてまず考えられるのがこのころになると食べ物の好みがはっきりしてくることです。

1歳ぐらいになると食べ物にも慣れてきて、自分の好みがはっきりしてくるので好き嫌いが出てくるのですね。

「ばっかり食べ」の時期

好きなものしか食べないという「ばっかり食べ」が出て来るのもこのころです。

食べ物の形や色、味などに敏感になって、ほんとうにひとつのものしか食べなくなる子もいるので、親としては心配になってしまうかもしれません。

「遊び食べ」も始まります

食べ物を手でグシャグシャにしてみたり、落としてみたり、スプーンなどで遊んでみたりと「遊び食べ」が始まるのもこのころですね。

また、歩けるようになると食事の途中なのにおもちゃで遊びだしたりする子もいます。

怒っていませんか?

赤ちゃんがちゃんと食べないとどうしてもイライラして叱りつけたり、無理に座らせて食べさせようとしてしまいがちですね。

そうすると赤ちゃんは食事を嫌なこととして認識してしまい、ますます食べなくなってしまいます。

他にも赤ちゃんが嫌がる食感やにおい、味の食材を使っていたり、いっぱい食べさせたいと思って食事の量を多くしすぎても離乳食が進まなくなることがあります。

離乳食を食べない時の対処法

1歳の赤ちゃんが離乳食を食べるようにするために、食べない原因を一つずつチェックしながら、対処していきましょう。

生活のリズムを整える

まず、空腹を感じるためにも早寝早起きを心がけましょう。おやつの量も控えめにしてごはんも決まった時間に食べるなどして生活リズムを整えましょう。

間食を減らして、毎日同じ時間に食べるようにすることで、朝、昼、晩のご飯の前にお腹が空くようになります。そして、日中はできるだけよく遊んで体を動かすことも大切です。

Sponsored Links

食事が楽しくなるように

食事中はテレビを消しておもちゃは片付けて食事に集中できる環境を整えましょう。

食事の時間はできるだけ家族そろってできるといいですね。

ときどき笑顔で声掛けして食事の時間は楽しいと思えるようにしましょう。赤ちゃんがあまり食べなくても無理強いしないでくださいね。 

お皿に盛り付ける量も少なめにしましょう。

全部食べきった時の達成感を感じることができ、お皿のご飯を食べきることが嬉しくなりますよ。スプーンも持ちやすいものに変えてみましょう。

食事のエプロンや食器も好きなキャラクターのものにすると、食事が楽しくなるかもしれません。

なかなか食べない赤ちゃんに楽しくなるように離乳食をあげるおかあさん

「ばっかり食べ」は気にしない

赤ちゃんにとってなじみのある食べ物ばかり食べたがる「ばっかり食べ」はそう神経質にならなくても大丈夫です。

食べ物の好みは成長によって変わってくるので、そのときは食べなくても少し期間をあけてもう一度出すとすんなり食べることもあります。

逆にそれまで食べていたのに急に食べなくなるということもあります。

赤ちゃんの好き嫌いはしょっちゅう変わるので、今はこの食べ物を食べたくないんだと思って無理やり食べさせないようにしましょうね。

どうしても野菜が嫌いで食べたがらないときには子どもが好きな献立の中に細かく刻んだり、ペースト状にして入れるなど調理法を工夫してみるのもいいかもしれません。

細かく刻んだりペースト状にしてしまうのは食材の形をわからなくしてしまうので、あまりよくないという方もいるようですが、食材に慣れるまでの一時期です。

「野菜嫌い」と決めつけないでいろいろ工夫してみましょう。 

> 子供の野菜嫌いは当たり前!上手に付き合う5つのポイント

一喜一憂しない

「ばっかり食べ」も「遊び食べ」も一時期のことです。肩の力を抜いていっしょに食事を楽しんでくださいね。

そうはいっても栄養面が気になるかもしれません。

そのときだけを見れば偏っているようにみえるかもしれませんが、長期的にとらえればその子にとってはバラナスがとれた食事をしているので心配いりません。

「遊び食べ」が始まったら、「もう終わりにしようね」と言って片づけましょう。すると、「まだ食べる~」とばかりな様子を見せることもあるかもしれません。

そのときは一度は下げずに「ちゃんと食べようね」と続けてもいいでしょう。

それでも「遊び食べ」をやめなければお腹がいっぱいなのかもしれません。そこで切り上げるようにするといいですね。

赤ちゃんは日々成長しています。それまで食べなかったのに急に食べ出すこともあります。

今はこういう時期なんだと思って一喜一憂しないで大きな流れで見ていきましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。