NHKおかあさんといっしょファミリーコンサートの応募方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
笑顔の女の子のアップ

NHK教育テレビの「おかあさんといっしょ」では、生で歌や体操が体験できるファミリーコンサートを全国で開催しています。ファミリーコンサートは人気が高く当選倍率も20倍と言われていますが、より確実に当選する方法はあるのでしょうか?今回は、コンサートスケジュールや応募方法についてまとめてみました。

Sponsored Links

NHKおかあさんといっしょのファミリーコンサート

番組を見ていると、たまにファミリーコンサートを録画したものが放送されているので、実際に行ったことがない人でも、何となくどのような感じかは知っているかもしれませんね。

ファミリーコンサートには、テレビの「おかあさんといっしょ」にいつも出演している歌のおねえさんやおにいさんなどのメンバー以外にも、懐かしいキャラクターや昔の歌のおねえさんなどが出演することもあります。

ファミリーコンサートに応募するには?

ファミリーコンサートの開催月日や開催地、会場などは、毎年変わりますが、北は北海道から南は九州まで全国各地で行われているので、地方に住んでいる人も東京や大阪まで出かけなくても見に行けるチャンスがあります。

2016年のコンサートスケジュール

日程 開催地 会場
5/2(月) – 5/5(木・祝) 東京都渋谷区 NHKホール
7/16(土) 千葉県松戸市 森のホール21
9/24(土) 北海道北見市 北見市民会館
10/1(土) 和歌山県和歌山市 和歌山県民文化会館
11/3(木・祝) – 11/6(日) 東京都渋谷区 NHKホール
12/3(土) – 12/4(日) 愛媛県松山市 松山市民会館
12/10(土) 愛知県刈谷市 刈谷市総合文化センター
12/23(金) – 12/25(日) 大阪府大阪市 NHK大阪ホール

2017年のコンサートスケジュール

日程 開催地 会場
1/14(土) 宮城県仙台市 イズミティ21
2/4(土) 栃木県足利市 足利市民会館
2/11(土) 福岡県福岡市 福岡サンパレス
3/4(土) 北海道函館市 函館市民会館
3/11(土) 島根県益田市 島根県芸術文化センター「グラントワ」

ファミリーコンサートの応募方法ですが、まずは上の表のコンサートスケジュールを確認しましょう。

公演日の2、3ヶ月前になるとNHKのホームページに1週間程度の申し込み期間と専用の特設電話番号が掲載されるので、こまめにチェックしておきましょう

申し込み開始期間になったら、まず発信者番号が相手方に通知される電話を使って、専用の電話番号にかけます。

すると音声ガイダンスが流れるので、案内に従って応募の登録を済ませます。完了すると、受付番号を言われます。忘れないように確実にメモを取りましょう。

Sponsored Links

応募結果の確認方法

応募は先着順ではなく、抽選になるので慌てなくても大丈夫です。1歳以上の子どもはチケットが必要です。

1回の応募でチケットは4人分まで、1つの電話回線で1回のみ申し込みが可能なので間違えないようにしましょう。

その後、抽選により当選か落選が決まりますが、確認は自分で行います。

1週間ほどの当選の確認期間があるので、その間に申し込みした特設電話に電話をかけると、受付番号によって抽選の結果が伝えられます。

NHKの「おかあさんといっしょ」を生で見るにはファミリーコンサート以外にスペシャルステージとテレビの収録に参加することができます。それぞれの応募方法は以下のページを参考にしてください。

ファミリーコンサートに実際に行った人からのアドバイス

ファミリーコンサートは毎年高い人気を誇っており、倍率はなんと20倍、つまり20人に1人しか当たらないと言われています。

運良く当選してコンサートに行くことができた人に、どうやってチケットを取ったのか、コンサートでのお子さんの様子、これから応募しようとしている人へのアドバイスなどを聞いてみました!

Sponsored Links

サキママ

2014にNHKホールであったおかあさんといっしょのファミリーコンサートにいきました。

申し込みは、NHKに電話で申し込みましたが、何回か電話してやっとつながった感じです。

子どもはまだ小さかったので、生のおねえさんおにいさんを見ても、ピンと来なかったようでしたが、歌や踊りはすごく楽しそうにリズムを取ったりと、とっても嬉しそうにしていたので、思い切って応募して良かったと思います。

ちなみにトイレはとても混むので、あらかじめ近くで済ませておいたほうがよいと思います。

また、帰りはとても混んでいて、会場から出るだけでも大変なので、できれば早めに切り上げて会場を出ると最後まで観る場合と比べてかなり楽に帰ることができますよ。

めろんママさん

2、4年前のゴールデンウィークと秋に計3回NHKホールで開催されたファミリーコンサートに参加しました。

チケットは事前の電話抽選申し込みにて取りました。

簡単に取れるということはなく、チケット抽選の倍率の高さが最大の難関なので、両家の祖父母も巻き込んで登録可能な固定・携帯番号全てから抽選申し込みをして、また複数回開催の場合は、連休中日や午後の回など少しでも競争率が低くなりそうな回を選んでチケットを取りました。それでも全く取れない時もありました。

イベント中は、いつも見ているテレビの中のお兄さんお姉さんが生ですぐ近くで見られるので、子ども達はもちろん、ママ達も黄色い歓声で大興奮でした。

これから応募される方へのアドバイスとしては、とにかく最初の倍率突破のために面倒ですが、できるだけ多くの電話番号から抽選申し込みすること。

そして、これは当選後の裏技ですが、当選しても気を抜かず、チケット引き換え可能な日時になったら開始時間と同時にチケットを引き換えにコンビニダッシュすること。

経験上、引き換えが早いと前の方の席になっていたので、さらに間近で見られますよ!

Sponsored Links

オッキーさん

2016年2月上旬にNHKのおかあさんといっしょのファミリーコンサートの甲府公演の2回目に参加しました。

どうしても子どもと行きたかったので身内などにお願いして固定電話12回線分を使って申し込みました。

私の場合は12回線分1回線しか当たらなかったので、なかなか当たるのは難しいと思います。

会場では知ってる曲や好きな曲が流れるとテンションMAX。ブンバボーンは会場全体が最高潮に盛り上がっていました。

行きたいな、行ってみたいと思ってる方は、とても素敵な時間が楽しめるので子どもの思い出のためにも、ぜひ頑張ってチケットを取ってください。

先ほども言いましたが、応募する際はできるかぎり、回線を多くするのが当選するコツです。

ちなみに、私たちが行った甲府のコラニー文化ホールは駐車場が少ないので、近隣の民間駐車場に停めるのがベスト。

モカさん

2013年11月2日東京NHKホールでの秋のファミリーコンサートに参加しました。

一般応募(電話から)で抽選がはずれたので、ネットオークションで落札しました。

電話回線4回線で応募しましたがいずれも抽選はずれました。ネットオークションで定価の3倍位の落札額でなんとかチケットを入手しました。

コンサート会場では子どもは、まばたきもしないくらい微動だせず約1時間硬直してステージに注目していました。

一般応募(電話)はかなり狭き門です。もし外れた場合は、ネットオークションでわりと出回るので、抽選結果が出た後は注目してみてください。またNHKホールでは外と中にグッズの販売があります。

また会場内で人形劇(当時はポコポッテイト)のぬいぐるみと記念撮影することができますので、はやめに会場入りして並ぶ時間を確保した方が良いと思います。

Sponsored Links

EMIKOさん

2013年と2014年2年連続で息子が1、2歳の時に大阪会場のイベントに参加しました。

チケットは電話予約で抽選でした。なかなか取れないと聞いていたので何人かの友だちと一緒に申し込みました。

電話1回線につき一回の申し込みだったので固定電話、携帯、実家の電話など何回線か申し込みました。

そのうち当選したのは1、2回線分だったのでチケットを取るのはなかなか大変です。

イベント中は子どもは一緒に歌ったり手拍子をしたりと真剣に見ていました。

おかあさんといっしょのキャラクターが出てくると遠くからでも手を振って楽しんでいました。

応募の際は携帯電話で予約した方が当選率が高かったです。

会場近くに住んでいる人よりも違う地域に住んでいる方が当選しやすい気がします。(実家からの申込みなど)

イベントには途中で子供が飽きてしまうこともあるので少しのおやつを持って行きました。おかあさんといっしょのキャラクターグッズがあると一緒に楽しめてよかったです。

キャラクター人形の前で写真などを撮る場合は早めに行ったほうがいいです。

帰りだと混むので先に撮ることをおすすめします。トイレも混むのでオムツがはずれだばかりの時はオムツと着替えは念のために持って行くといいです。

大人も子どもと一緒に楽しめるのでおすすめのイベントです。

Sponsored Links

オークさん

三年前に射水の高周波文化ホールに参加しました。NHKの番組のホームページから応募して当たりました。

1回目のトライですぐに当たったのでチケットは思ったよりも簡単に取れました。

イベント中は子どもは大好きなキャラクターが出てきたり、好きな歌をお兄さん、お姉さんが歌っていたので終始楽しそうでした。

また、会場の皆も参加型の手遊びなどあったので喜んでいました。

会場へは早く着くことをオススメします。駐車場がたくさんになってしまったり、座席も早い者勝ちなので。

クミムイさん

2015年1月の大宮ソニックシティのファミリーコンサートを観にいきました。

キャンセル待ちチケットをコンビニのロッピーで並んでとりました。

チケット販売開始1時間前に並べば取れました。

歌を聴きながら踊って楽しそうにしていました。

キャンセル販売が確実だと思います。その際は3枚や4枚だと取り辛いそうなので、我が家は2枚でチャレンジし、結果チケットを取ることが出来ました。

Sponsored Links

izumieさん

2011年秋、広島の会場(広島文化学園HBGホール)で参加しました。

チケット入手は簡単ではなく、最終的にチケットは、キャンセル分を購入しました。

主人や私の両親、姉妹の電話も借り、8回線利用して応募しましたが全て落選でした。

後日ローソンで販売されるキャンセル分のチケットをねらって発売時間の1時間前からロッピー前で待機しました。先頭を確保でき、無事チケットを購入しました。

イベント中は、子どもはまだ1歳だったこともあり、会場の雰囲気に驚いたのか歌などは歌えずただじっと舞台の上を見ていました。

キャンセル待ちのチケットを購入するときに、ロッピーで発売時間より前に入力することができる事項を入力しておくとスムーズに購入できました。

ソラモモさん

2015年の冬に「わんわんといっしょ名古屋公演」に家族で参加しました。はいだしょうこさんが出演するということで、私たち親も楽しみにしていました。

パパとママ、2歳の長女と5ヶ月の次女の4人で行き、3席連続の席で探していました。

チケットは公演の2週間前ギリギリでしたが、ローソンチケットで取ることが出来ました。

日曜日の午後からの公演だったので取れましたが、土曜日や日曜日の早い時間の公演だと1ヶ月以上前には準備しておいた方がいいと思います。

そして人数が多いほど連続席が取りにくくなるので、早めに準備した方がいいと思います。

そして公演は、親も興奮するほど楽しめました。

子どもたちも驚きながら歌いながら笑いながら楽しんでいました。意外と次女の方が喜んでいた気がします。

子どもたちもまた行きたいと何度も言っているので、また来年辺りチャレンジしようと思います。

ゆたんぽさん

2014年11月、土岐公演にいきました。電話で1回線のみだとなかなか取れないと聞いていましたが、うちは1回線のみ応募して当選しました。

公演が始まると子どもたちは身を乗り出して楽しそうに見入っていました。

友だちは8回線応募して全部外れたそうです。1階席、2階席とあったので、たくさん応募する方は半分ずつ応募するといいと思います。

やはり1階席は人気が高く、競争率も高いみたいですが、私は2階席の1番前の席だったのでよく見えて満足でした。ちなみに臨時駐車場はかなり遠かったので、私は歩いて行きました。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。