入学祝のお返しにつけるのしの書き方は?相場はどのくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
入学祝のお返しにつけるのしの書き方

子どもがいる家庭では春になると卒業、進学、入学と学校にかかわる行事が立て続けにある場合も多いですね。卒業祝をいただくことはあまりないけれど入学祝はよくいただくのではないでしょうか。入学祝いをいただくのは嬉しいけれど悩んでしまうのがそのお返し。入学祝いのお返しにつける「のし」はどうやって書くか知っていますか?お返しの相場はどのくらい?入学祝いのお返しについてのポイントをまとめてみました!

Sponsored Links

入学祝のお返しにつける「のし」はどうやって書く?

一般的には入学祝いのお返しはいらないと言われていますが、相手によってはお返しをした方がいい場合もありますね。基本的にお返しを贈るのは、内祝いの気持ちを込めてということになるので、のしはあったほうがいいでしょう。のしの表書きの上側に「内祝」か「入学内祝」、下側に小学校の入学祝の内祝であれば出産の内祝のときのように子どもの下の名前だけでもいいのですが、中学・高校以上の入学祝の内祝であればフルネームを書くといいでしょう。

お返しをする前に子どもから感謝の気持ちを

入学祝のお返しは、何かを送るだけではなくていただいた子ども本人から「ありがとう」の言葉を届けるのが大事です。子どもに誰からお祝いをいただいたのかをきちんと話して電話で感謝の気持ちを伝えるなり手紙を書かすなりするのがいいでしょう。

お祝いをいただいたときにはなるべく早くお礼をするのが礼儀です。ですからなるべく早めに子どもの口から「ありがとう」を伝えるようにしましょう。最近はスカイプを使ってテレビ電話も可能なので相手によってはスカイプなどで表情も伝えることができますね。

小学校の入学祝い

入学祝いをいただいたお返しをするときの相場は?

品物などでお返しをするのであればいただいた金額の3分の1~半分ぐらいがお返しをするときの相場と言われています。あまり高額なものをお返しに選ぶと相手が逆に気を遣ってしまうかもしれません。もともとお返しは期待していない場合もあるでしょうし、逆にお返しをするのが当たり前と思っている場合あるかもしれないので相手との関係性を考えて送るといいでしょう。

お祝いをいただくのはたいてい身内でしょうが、中には友だちや知り合いの人からいただくことがあるかもしれません。そんなときは内祝いの気持ちを込めてお返しをするといいですね。

Sponsored Links

入学祝のお返しの品物は何をすればいい?

入学祝いのお返しに内祝いとして何を差し上げると喜んでいただけるでしょうか。昔々のことになりますが、今でもはっきりと覚えているのが私自身の小学校入学のときの内祝いです。

親戚からお祝いをいただいてそのお返しを兼ねて内祝いを贈るということで差し上げたのが小さな三段重ねの丸いお重。持ち手のついたお盆状のもの中にすっぽりおさまるかわいらしいもので蓋の内側には私の名前が入っていました。

そんなに高価なものではなかったと思いますが、当時小さいながらに内祝いの品物ってこういうものをするんだと思ったのを覚えています。自分の家にもひとつあって結婚するときに持ってきたのでしっかり覚えているんです。とっても重宝して今でも使っていますよ。

ただ個人の好みがはっきりしていて物があふれている最近ではどうなんでしょう。逆にあとに残らないものがいいのかもしれませんね。お菓子とかお茶やコーヒーとか相手の嗜好を考えて選ぶといいでしょう。いただいたお祝いの半分~3分の1ぐらいを目安にしてください。

入学おめでとう

Sponsored Links

入学の内祝いはいつまでに?

内祝としてお返しをする場合には入学式がすんで1週間~1か月以内にはするとよいようです。お祝いをいただくのは入学のずっと前の場合もあるでしょうからあまり遅くなってしまっても間の抜けた感じがしてしまいますね。

ほんとうは入学した子どもといっしょに訪問して直接渡すのがいいみたいですが、遠くだとそういうわけにもいかないので、お祝いが送られてきたらすぐに電話でお礼をいうなりはがきを出すなりしておきましょう。

住んでいる地域によって異なる場合もあるから周りに確認しよう!

住んでいる地域によっては、入学祝にはお返しは不要というようなところもあるので自分が住んでいるところではどうなのかは知っておく必要がありますね。とはいっても入学祝というのはだいたいきょうだい間でのやりとりになるでしょうから、お祝い自体のやり取りをどうするのかということも含めて事前に話をすることができるといいでしょう。

ただきょうだい以外の親戚の場合には事前に話し合うなんていうことはできないですし、身内のルールみたいなのあるかもしれないので親や他のきょうだいに聞いてみるといいですね。

入学祝のお返しは関係性を考えて

入学祝の場合には特にお祝いをいただいたからといって必ず何か品物をお返ししなくてはならないわけではないので相手との関係性を考えて臨機応変に考えるといいでしょう。当たり前のことだけどお返しをしない場合でもお祝いをいただいたお礼は忘れずにしてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。