乳首が痛い!生理前?妊娠してる?更年期?病気の可能性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
心配する女性

乳首が痛いと不安になってしまいますね。乳首が痛い原因としてはいくつか考えられますが、原因のひとつにホルモンバランスの乱れがあります。今回は乳首が痛い症状についてまとめてみました。

Sponsored Links

乳首が痛いのは女性ホルモンの影響

乳首や乳房が痛いという症状の多くは女性ホルモンの分泌が関係していることが多いですね。

ときどき乳首が痛いという方はご自分の生理周期と照らし合わせてみてください。

生理の前や生理のときに痛くなっていませんか。

生理のときは女性ホルモンが不安定

女性ホルモンには黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)があります。

生理が始まる前にはプロゲステロンの分泌が盛んになって胸や乳首に張りや痛みを感じることがあるのです。

プロゲステロンの分泌が多くなると腹痛や頭痛などが起こったり、精神的に不安定になったり、、イライラしたりすることもあるのです。

生理前のこれらの症状は月経前症候群(PMS)と言われています。

定期的に乳首が痛いというのであれば生理の周期との関係を見てくださいね。

生理前になると胸が張ってきたり、下着が当たるだけで痛かったり、乳首がヒリヒリしたりする人もいます。

これらの症状も月経前症候群の症状のひとつといえます。

血の巡りをよくするために温かい飲み物を飲むなどしてからだを温めてあげるようにしましょう。

Sponsored Links

生理がこなくて乳首が痛いときは

生理の予定日になっても生理がこないのはホルモンバランスが崩れている場合と妊娠しているときですね。

妊娠すると胸が張ったり乳首が痛くなったりします。

妊娠初期は黄体ホルモン(プロゲスエロン)が大量に分泌するのですが、このホルモンには血管拡張作用があって乳房の内側から血管が神経を圧迫するので胸が痛くなることがあるのです。

このように神経が過敏になっているので乳首も敏感になりいつもは感じない痛みを感じたり生理前に痛みを感じる人はより敏感になったりするのです。

妊娠初期には乳首が熱くなって痛む人もいて乳首の痛みにはかなりの個人差があります。

また、妊娠中期・後期になると産後の授乳のために乳腺や乳管が発達して胸が大きくなっていきますが、そのときに痛みを感じる人も出てきます。

年代別にみる乳首の痛み

10代の乳首の痛みは成長と関係

10代は体の成長が著しい時期でからだの成長と共に胸も大きくなっていきます。

この時期は女性ホルモンの分泌が一気に増える時期なのですね。

10代で胸や乳首を痛いと感じるのは成長痛の一種と考えられます。

乳首はとてもデリケートな部分なので下着にすれて痛いと感じることも出てくるでしょう。

あまりぴったりとした下着よりも少しゆったりしたものを付けるようにした方がいいですね。

この時期に多少乳首が痛くてもあまり心配することはありません。

10代は生理が始まってもまだ周期が不安定なことも多いのですが、成長期を過ぎて月経周期が安定してくると痛みも次第におさまってきます。

Sponsored Links

20代・30代の痛みはホルモンバランスの乱れが影響

成長期を過ぎ成人したあとの乳首の痛みはホルモンバランスの乱れが大きく影響してきます。

20代・30代は子育てや仕事に忙しい時期でストレスを感じることも多くストレスからホルモンバランスが崩れてしまうのですね。

睡眠不足や過度のダイエットでもホルモンバランスは乱れます。

ゆったりとリッラクスする時間を持ったり生活習慣を見直すことも大事ですね。

上記のように生理前や妊娠することで痛みを感じることも出てきます。

40代・50代は更年期が関係

40代・50代となると更年期といわれる時期になります。

更年期というのはホルモンバランスが乱れてさまざまなからだの不調に悩まされる時期でもあります。

ホルモンバランスの乱れはいろいろな年代で起こってきますが、更年期に起こるホルモンバランスの乱れというのは卵巣機能の低下によるもので女性ホルモンが急激に減少することで起こってくるのです。

この時期に乳首が痛むのは更年期障害といわれている症状のひとつですが、人によって現れ方や感じ方は異なります。

特にこの時期にはエストロゲンと化学構造が似ているイソフラボンが含まれている大豆製品をとるようにしましょう。

ただし、過ぎたるは猶及ばざるが如しです。

採りすぎも禁物です。

サプリメントはとりやすいのですが、サプリメントを利用するときには摂取量に気を付けてくださいね。

まれに病気が隠れていることも

乳首がヒリヒリ痛み、膿のようなものが出てくる場合、乳管閉塞による乳輪下乳腺炎という病気が考えられます。

これは良性疾患なので乳がんとは違いますが、婦人科の診察を受けたほうがいいでしょう。

乳がんは痛みがないと言われていますが、炎症性のがんの場合には乳首のまわりが熱をもって痛む場合もあります。

乳腺症や乳腺炎は良性疾患ですが、乳腺炎の場合には乳がんと似た痛みがある場合もあります。

気になる乳首の痛みはひとりでクヨクヨと悩まずに婦人科を受診してみてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。