新生児黄疸はいつまで続く?症状は?治療が必要な場合とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんの冬の布団

生まれてすぐの赤ちゃんはまさに赤いですね。だから赤ちゃんなのですが、ほとんどの赤ちゃんは生後2~3日もたつと黄色くなってきます。新生児黄疸といわれる症状なのですが、赤ちゃんが黄色くなってくると心配になるかもしれません。ほとんどの場合は生理的現象なので心配はいらないのですが、この症状はいつまで続くのでしょうか。ちょっと気になる新生児の黄疸についてまとめてみました。

Sponsored Links

新生児黄疸ってどうしてなるの?

黄疸というのは黄色い色素を持っているビルビリンという物質が体内で増加することで起こります。

ビルビリンは赤血球中のヘモグロビンが壊れてできるものなのですが、新生児期は赤血球の寿命も短く大量にビルビリンができます。

本来であればビルビリンは肝臓で処理されて腎臓から排出されるのですが、新生児期の赤ちゃんは処理能力が追い付かないので血液中のビルビリンが多くなってしまうのですね。

ビルビリンが増えると肌が黄色みを帯びる新生児黄疸という症状になるのです。

新生児黄疸はいつまで続くの?

一般的にはこの新生児黄疸は生後2~3日ぐらいから始まって10日から2週間ぐらいでおさまります。

生まれてすぐは未熟だった肝臓の機能もそれぐらいになるとビルビリンを処理できるようになってくるのですね。だんだん黄色みが薄くなってきます。

ところが中にはそれ以上続く赤ちゃんもいます。母乳育児の赤ちゃんで母乳性黄疸といいます。

完全母乳の赤ちゃんは黄疸が長引きやすく1ヵ月以上続くこともありますが、母乳性黄疸は病気ではないので治療の必要はありません。

Sponsored Links

新生児黄疸で治療が必要なとき

新生児黄疸の場合はビルビリンの値によって治療が必要になることもあります。

裸にした赤ちゃんにアイマスクをつけて青白色光や緑色光の蛍光灯の光を当てる光線治療を行います。

こうするとビリルビンが水に溶けやすくなり、腎臓から排泄されるので血液中のビリルビン値が低下するのです。光線治療は24時間続けて行います。

24時間たって値を確認してよければ治療はそれで終わります。

もし値の下がりがよくなければ12~24時間ぐらい延長して様子をみることもあります。

母乳育児の赤ちゃんの黄疸が長引くのは

母乳には肝臓の酵素を弱める働きがある女性ホルモンが多く含まれています。

黄疸のもととなっているビルビリンは肝臓で処理されるのですが、母乳を飲むことで女性ホルモンも摂取することとなり、肝臓の機能が弱まるのでビルビリンの処理も間に合わなくなるのです。

完全母乳の赤ちゃんはどうしても黄疸が長く続く傾向にあり2週間~1ヵ月くらい続くこともあります。

Sponsored Links

母乳性黄疸が気になるときは

母乳性黄疸は治療の必要はありません。どうしても気になるようであれば日中は窓越しの明るい場所に寝かせたり、外気浴をさせるといいでしょう。

日差しにあてるのは病院で行われる光線治療のようなものです。ただし直射日光にあててはいけません。

外気浴をさせる場合には足元から少しずつお日さまにあてていくのですが、直射日光が強すぎる場合にはカーテン越しにやりましょう。

母乳をミルクに替えると母乳性黄疸の症状はおさまりますが、黄疸を防ぐためだけにわざわざミルクに切り替える必要はありません。

母乳には赤ちゃんに必要な栄養素がしっかり含まれています。新生児黄疸から母乳性黄疸となるころは母乳育児も軌道に乗ってきたころでしょう。母乳は続けましょうね。

次のようなときは受診を!

母乳性黄疸は心配することはありません。ただし、1ヵ月以上続く場合や黄疸症状とともに白いウンチの場合には病気の可能性もあるので受診しましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。