新生児は風邪をひかないってほんとう?ママの抗体は万能じゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
鼻水が出てる赤ちゃん

新生児はお腹の中でママの抗体をもらってくるから風邪をひかないと思っていたのに風邪をひいてちょっとびっくりなんていうママもいるかもしれません。実はママの抗体は万能じゃないんです。新生児の風邪によく似た症状や新生児が風邪に罹らないために注意することなどについてまとめました。

Sponsored Links

新生児のうちは風邪をひかないはうそ?!

生まれて来るときにママから病原体に対する抗体を持ってもらってくるので新生児は風邪をひかないと思っている方は多いかもしれません。

実はそれはママが持っている抗体だけなのでママが罹ったことがない感染症には新生児でもかかってしまうことがあります。

また初乳を飲ませれば免疫ができるから感染症に対して大丈夫というのも嘘ではありませんが、これも感染症に罹りにくいというだけですべての感染症に対して万能ではないのです。

もちろん、免疫系の構築や栄養面において新生児にとって初乳がとても重要であるということには変わりはありません。

風邪に関して言えば、風邪のウイルスは何百種類もあるのでママがひいたことのない風邪にはかかってしまうことがあるんです。

Sponsored Links

新生児の風邪に似た症状

くしゃみ

新生児は粘膜が敏感なのでちょっといたことですぐくしゃみをします。

空気中のほこりが刺激となったり、ちょっと冷たい風が入るなどの少しの温度変化が刺激となってくしゃみがたくさん出ることがあります。

鼻づまり

新生児のうちは鼻の穴の内側が狭く、粘膜からの分泌物も多いのでちょっとした温度変化や乾燥などで鼻がつまりやすいのです。

また、ちょっと母乳やミルクを飲みすぎるとはき戻しをしやすく、それが口からだけでなく鼻からも出てくることがあってそれが鼻づまりの原因になることがあります。

赤ちゃんは口呼吸ができないので鼻がつまるととても苦しそうにします。

おっぱいやミルクの飲みすぎが原因で鼻づまりになってしまうこともあるのですね。

そんなときは鼻吸い器で吸ってあげるといいでしょう。

ミルクを吐く

風邪の症状のひとつとして嘔吐下痢がありますが、赤ちゃんがミルクを吐くからといって必ずしも風邪に罹ったからとはいえません。

新生児のうちは特によく吐きます。

赤ちゃんの胃の形が未発達なのですぐに逆流してしまうので吐きやすいのです。

ガバッと吐くと心配になりますが、その後ケロッとしていて元気がよければ問題はありません。

熱が高い

大人であれば37度というと微熱で何となくからだがだるくなることもありますね。

新生児の体温は平常時でも37~37.5度ぐらいなのでこのぐらいでは熱が高いとは言えません。

またこのころは外気温にも左右されやすいので部屋の温度が高いと体温も高くなります。

授乳後や大泣きした後も体温は高くなる傾向があります。

部屋の温度を調整すると体温も下がることが多いですし、元気があれば心配はありません。

Sponsored Links

新生児が風邪をひいたときの症状

新生児が38度以上の熱が続くときには発熱している状態です。

ただし、発熱だけで機嫌がよく、よく飲み、よく眠れているのであれば問題はありません。

新生児が風邪の原因のひとつであるRSウイルスが原因となる感染症にかかると咳が激しく、無呼吸状態になることがあります。

RSウイルスは乳幼児が風邪をひいたときの原因となるウイルスとしては最も多く、新生児にとってはとても恐ろしいウイルスです。

新生児が風邪にかからないために

赤ちゃんが風邪をひくのは家族からの感染が一番多いと言えます。

ですから、新生児が風邪をひかないようにするには家族が風邪をひかないのが一番です。

風邪は飛沫感染によるので万が一家族が風邪をひいてしまったときにはマスクをしてウイルスが拡散するのを防ぐことです。

家族が風邪をひいてしまったときには治るまで赤ちゃんと接触しないのが一番です。

ママが風邪をひいてしまった!

新生児のママが風邪をひいてしまったらどうしたらいいでしょう。

授乳をしている場合には授乳は辞めておいた方がいいのかと考えてしまいますよね。

風邪をひいているママが授乳しても新生児は母乳から風邪をひくことはありません。

逆に抗体が作られているので授乳はしたほうがいいのです。

ただ、飛沫感染するので授乳するときはマスクをして授乳してあげましょう。

Sponsored Links

新生児に感染させないためにできること

大人であればちょっとした鼻風邪程度で終わってしまうRSウイルスですが、新生児が感染発症すると重症化することがあります。

風邪をひいた大人は新生児には接触しないようにしましょう。

外からウィルスを持ち込まないために帰ってきたら手洗いをしてください。

風邪をひいてしまった人がお世話しなければならないときにはマスクをします。

くしゃみや咳が出るときには必ずティッシュをあててするか、急なときには腕を曲げた部分でおさえ、その後必ず手洗いをします。

咳やくしゃみのときに手のひらを口にあてるとその手で触ったところから感染します。

こんなときは受診

新生児は平熱自体が高いので多少熱があると思っても機嫌がよく母乳やミルクをよく飲んでおしっこもちゃんと出ていれば心配することはありません。

それでも何かおかしいと感じるときには受診しましょう。

38度以上の熱が続いてぐったりしていたり、泣き声が弱弱しかったり、母乳やミルクを飲もうとしない、呼吸が苦しそうだったりするときには時間外でも受診してください。

症状はそうはっきり出ていないけれど、何か気になるというときには小児救急電話相談#8000で相談してみるとよいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。