真夏も乳幼児のやけどに要注意!公園の遊具だけじゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんとおかあさん

やけどというと暖房器具を多く使う冬に起こりやすいと思いがちですが、実は真夏もやけどの危険がいっぱいです。猛暑が続く真夏は公園の遊具だけでなく思わぬところが熱くなっています。危険を察知できない乳幼児は大人が気をつけてあげなくてはいけません。真夏に乳幼児がやけどしないように注意する点についてまとめました。

Sponsored Links

真夏にも乳幼児のやけどは多い!

やけどの原因というと暖房器具や熱湯を思い浮かべるでしょう。

乳幼児の場合にはホットカーペットやこたつ、湯たんぽなどに長時間触れていて起こる低温やけどにも要注意です。

ところが、乳幼児のやけどは冬だけでなく真夏にも多いのです。

高熱になる公園の遊具

金属製の滑り台や鉄棒、ジャングルジム、ブランコなどは直射日光に当たるとかなりの温度まであがります。

気温31度でも滑り台の表面温度が70度になっていたという報告例もあります。

危険なのは金属製のものだけではありません。

滑り台のまわりに敷いてあるゴム製マットや木製のベンチも炎天下であればかなりの温度になっています。

砂場の砂も高温になります。

駐車場やアスファルトも

炎天下のアスファルトはかなりの高温になります。

日中熱をため込んでいるので日が落ちてからでもアスファルトの温度は急には下がりません。

アスファルトの上を最初から裸足で歩くことはないでしょうが、芝生を裸足で走り回っていてそのままアスファルト部分に出てしまうこともあります。

また、金属製のマンホールのふたもかなりの熱さです。

立体駐車場は鉄製の床面になっていることが多いですが、直射日光にあたっているとその床面もかなりの熱さになっています。

やっと歩けるようになった幼児がそんなアスファルトや駐車場を歩いていて何かの拍子で転んで手や足をつくととんでもないやけどをしてしまいます。

Sponsored Links

車も危険がいっぱい

炎天下に駐車していると車体は60度以上になることもあります。

シートベルトの金具やチャイルドシートの金具もかなりの高温になります。

レザーシートはすぐやけどするほどではないとはいえ、長時間肌が直に触れていてると低温やけどを起こしてしまう可能性もあります。

車だけではありません。

炎天下にとめてある自転車やバイクのサドルやハンドルなども注意が必要です。

また、駐車中のバイクや車のマフラー部分も高温になっていることがあるので触れないようにしましょう。

屋外にある金属製のもの

公園の遊具だけでなく直射日光があたる屋外にある金属製のものは高温になるので要注意です。

ドアノブや金属製の手すり、デッキ、側溝の鉄板などはもちろん、金属製のものだけでなく石のタイルやゴム製のマットなども注意が必要です。

花火

花火をするときにはもちろん大人がついているでしょう。

それにも関わらず花火によるやけども多いのです。

小さい子どもは大人には思いもつかない行動をします。

花火を持っている手とは反対側の手で花火の火のついている部分を触ってやけどをしたり、花火を振り回してからだに触れてしまいその部分をやけどをした例もあります。

花火をする季節はサンダル履きが多いので素足です。線香花火のような小さな花火でも火種が足に落ちてやけどをすることがあります。

また、燃え尽きた花火に思わず触ってやけどをすることもあります。

子どもの目線で気をつけてあげてくださいね。

蚊取り線香

最近は部屋で蚊取り線香をたく家庭は少ないかもしれませんが、ベランダや玄関先、庭先などで使うことはあるでしょう。

珍しいので何かなと思わず触ってやけどしてしまうこともあるようです。

蚊取り線香を使うときには触ると熱いので絶対に触ってはいけないと教えておきましょう。

バーベキューのとき

夏は戸外でバーベキューをすることも多いですね。

食べるものを取ろうとして鉄板や網に触ってやけどをしてしまうこともあります。

Sponsored Links

乳幼児は皮膚が薄い

小さい子どもは何が熱いかわかりません。

触って熱いと経験させるのも大事ですが、真夏の屋外では触るだけでやけどをしてしまうこともあるので金属製のものなど触ると熱いということを教えることです。

教えてもまだわからない乳幼児は大人がしっかりと注意してみてあげましょう。

小さい子どもは動きが不安定で転んでもすぐには起き上がれません。

熱いと思っても咄嗟の行動ができないのです。

べったりと手がついて大やけどになることもあります。

また、乳幼児の皮膚はとても薄いので大人が熱いと感じる温度よりも低い温度で深いやけどになってしまいます。

お出かけのときだけでく日々の生活の中でも思わぬところに危険があります。

Sponsored Links

もしやけどをしてしまったら

とにかく冷やすことです。

流水で20分以上かけて冷やします。

流水で冷やせないときにはビニル袋に氷を入れて冷やしたり保冷剤を使います。

また、タオルを冷たい水で冷やしてやけどの部分にあて、タオルがぬるくなったらまた冷やしてを繰り返します。

衣服がはりついているときには服の上から冷やしながら直ちに受診します。

やけどをして大泣きをしていると早く病院へと思ってあわててしまいますが、軽いやけどであれば痛みが落ち着くまで流水をかけてその後は保冷材などで冷やしながら受診します。

ただし、大人の手のひらよりも大きなやけどの場合には流水で冷やしすぎはよくありません。

濡れたタオルなどで冷やしながら受診しましょう。

大人が気をつけてあげる

子ども自身が気をつけるように話して聞かせることは当然ですが、小さい子どもは言って聞かせてもなかなかわからないものです。

子どもは思ってもみない行動をしますし、思わぬところや思わぬ行動でやけどをしてしまうケースが多々あります。

危ないものには触れさせない、危険なことをきちんと教える、目を行き届かせる、乳幼児がいる家庭では特に大人はしっかり注意を払ってくださいね。

>乳幼児をやけど事故から守る!安全な環境を作るためのチェックポイント

>ヴァセリンでやけど跡は消せる?ワセリンとの違いや効果的な使い方

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。