妊娠中期の腹痛で軟便で下痢!歩けないほど痛い!大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
臨月

妊娠中期の安定期に入ったごろに便秘や下痢、軟便になったり、腹痛がひどくて歩けないような状況になったりすることもあります。妊娠中期の腹痛や軟便などについてまとめました。

Sponsored Links

妊娠中期の腹痛や軟便、下痢の原因は?

日ごろは快便だった人が妊娠してから便秘になったり、逆に下痢や軟便になってしまうこともあります。

妊娠中はホルモンバランスの変化により妊娠前の体調や体質が変わることがあるからなのです。

ですから、妊娠前は便秘気味だった人が妊娠してから軟便や下痢気味になることもあるのです。

プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が増加する妊娠中期になると割とよくおこります。

プロゲステロンは腸の働きを抑制する作用があって腸の状態が不安定になるために軟便になったり下痢になったりしやすくなるのですね。

また、妊娠中期になると子宮が大きくなるので靭帯が引っ張られるために腹痛も起きやすくなったりします。

子宮が大きくなって腹痛が起こってくる場合と軟便や下痢が原因での腹痛の場合もあります。

ホルモンバランスの変化で起こる様々な症状

妊娠するとホルモンバランスが変化するためいろいろな症状が起こってきます。

腸内環境にも大きな影響を与えるので便秘になったり、軟便になったり、下痢になったりしてしまうのですね

人によって表れてくる症状は異なります。

下痢は妊娠の初期のころから起こりやすい症状です。

Sponsored Links

食事の変化によっておこる症状

妊娠すると食べ物の好みが変わったり、つわりがおさまった妊娠中期になると食欲が出てきて冷たい食べ物や飲み物を多くとりすぎて軟便や下痢になってしまうこともあります。

口当たりがいいからと冷たい物をとりすぎるとからだを冷やしてしまいます。

妊娠していなくても言えることですが、妊娠中は特に気をつけて常温以上のものをとるようにしたほうがいでしょう。

妊娠中は腸の動きが鈍くなる

妊娠すると腸の動きが鈍くなるために食べたものが腸の中を移動するスピード遅くなってしまいます。

長い間食べたものが大腸にとどまっていると水分が吸収されて便が硬くなり便秘になってしまいます。

妊娠中、便秘になりやすいのはこのためなのですが、腹痛がしばらく続いたあとに硬い便がゆっくりと出ていきそのあとに手前にあった軟便が次々と排便されて下痢状になるのです。

ですから、便秘だと思っていたら軟便になって下痢になったりすることもあるのですね。

Sponsored Links

腹痛で便の調子が悪いとき

一度にたくさん食べないようにして何回かに分けて食べるようします。

薄味にして水分は多めにとります。

香辛料は控えめにして肉類や豆類などガスを発生させやすい食べ物は控えるようにします。

時間をかけてよく噛んでたべるようにしましょう。

腹痛がひどいときは

妊娠中期には便秘と下痢を繰り返したり、人によってはずっと軟便だったりとお通じに関してはかなり個人差があります。

どちらにしてもお腹が痛くなったときには食事の量を少し控えて安静にします。

横になったり、体の向きを変えたりするといいですね。

便秘や下痢、軟便の腹痛がおなかの赤ちゃんに影響を及ぼすことはありませんが、おかあさんの体力を消耗させるのであまりにひどい場合は産院で相談してみることです。

腹痛で歩けないほど痛くなる

妊娠中期には便秘や下痢、軟便を繰り返していて腹痛が起こることもありますが、実は腹痛の原因は他にあったということもあります。

上記にも書いたように妊娠中期になると子宮が大きくなるので子宮を支えている靭帯が引っ張られて下腹部が痛くなることもあるのです。

靭帯が引っ張られて痛くなるときは右か左かどちらか片方の場合が多いですね。

どちらか片方に歩けないほどの激痛が走ることもあります。

下腹部が痛くなったら楽な姿勢をとって横になるといいでしょう。

歩けないほどの痛みが頻繁に起きたり、長く続く場合には切迫流産や切迫早産の可能性も考えなくてはなりません。

産院に連絡して早めに受診するようにしてください。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。