産後の生理がまばらで不安!しばらくは周期や量が不順でも大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
悩む女性

産後生理が再開しても周期や期間、出血量がまばらだとどこか悪いのではないかと気になりますね。産後の生理について、まばらになる原因や対処法などをまとめました。

Sponsored Links

産後の生理の再開はいつ?

乳汁分泌ホルモンといわれているプロラクチンは出産直後に最も多く分泌された後はゆっくりと低下していきますが、その後は授乳することによって分泌量が増えます。

このプロラクチンは母乳育成のために必要なホルモンなのですが、子宮収縮を促したり、排卵を抑制する働きもあります。

つまり産後しばらくの間はプロラクチンの働きによって母体の回復を早め、排卵や生理が抑制されているのですね。

産後生理再開の時期は母乳育児かそうでないかによって異なります。

母乳育児の場合にはプロラクチンの影響で排卵が抑制されるために生理再開は早くて産後3~4ヶ月後ですが、半年から1年たってからのことが多いようです。

一方、ミルク育児の場合には産後2ヶ月で排卵することもあります。

Sponsored Links

産後の生理がまばらなのはどうして?

産後一旦生理が再開してもその後しばらくの間は周期や期間、量が一定しない場合が多いですね。

産後は生理の周期も期間も量もまばらなことが多いのです。

妊娠や出産は女性の身体はさまざまな変化を及ぼします。

自分では妊娠前に戻ったように感じてもしばらくの間は実際には体の回復がついて言っていなかったり、ホルモンバランスも乱れがちです。

そのうえ慣れない赤ちゃんのお世話もありますね。

次のようなことで産後の生理は不順になりがちなのです。

授乳しているため

上記でも述べましたが、授乳することでプロラクチンというホルモンが多く分泌され排卵を抑制しているのです。

断乳して1ヶ月ぐらいでプロラクチンの分泌が正常に戻りますが、断乳後も1~3ヶ月ぐらいは生理は一定しないことが多いでしょう。

子宮が完全に回復していない

妊娠して徐々に大きくなっていった子宮は産後少しずつ収縮して元に戻っていきます。

だいたい4~8週間で元の大きさに戻って徐々に回復していくために一度生理が来たとしても規則的になるには時間がかかります。

ストレスのため

24時間体制での赤ちゃんのお世話はなかなか大変です。

睡眠不足になりがちな上に授乳することで栄養不足になってしまったり、育児書通りにいかない赤ちゃんのお世話で精神的にも肉体的にも大きな負担を抱えてしまいがちです。

生理はエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの働きによるものですが、ストレスがたまるとストレスの影響を受けてこれらのホルモンが正常に分泌されなくなる場合が出てきます。

これらの女性ホルモン分泌に関わる視床下部や脳下垂体の働きはストレスによる影響を受け安いのです。

ちなみに、ストレスの影響を受けてホルモン分泌のバランスが崩れて生理が不規則になるのは産後だけではありません。

産後は慣れない育児のためにストレスがたまりやすい状態にあるということは覚えておきましょう。

血行不良のため

産後はどうしても運動不足になりがちです。また、授乳のために貧血になりやすく血行不良になりやすい状況にあります。

血行不良になるとどうしても体温は下がり気味になるので生理不順になりやすいのです。

過激なダイエット

妊娠前の体形に戻したいからと授乳中にも関わらず過激なダイエットを行うと栄養不足になってしまい、生理の周期や期間、量なども乱れてしまいます。

体形が気になっても産後すぐのダイエットは危険です。

Sponsored Links

産後に生理がまばらでも大丈夫

以上のような理由で産後に生理が再開してもしばらくの間は不順であることが多いので、産後に生理がまばらでもそう心配しなくても大丈夫です。

また、妊娠前と後では生理の周期や出血量が変わることもあります。

中には妊娠前の生理時はいつも大変だったけれど、産後、生理が軽くなったという人もいます。

産後の生理不順の対処法

まず、産後に生理が不順になる原因を理解しましょう。

そして、生理不順が気になるときには自分で対処できる部分は対処することです。

例えば、ストレスをためないように休めるときにはゆっくり休んだり、きちんと栄養をとったり、血行をよくするために軽い運動をしたりなど、できることはありますね。

体形が気になってもしばらくはダイエットはやめてバランスのよい食事をとって、赤ちゃんのために自分のためにきちんと栄養をとるようにしましょう。

また、心地よい刺激を受けることでホルモンバランスも整てくるので、育児の合間に好きな音楽を聴いたり好きな香りがあればアロマディフューザーなどを用いるのもよいですね。

産後はどうしてもホルモンバランスが崩れているので安定するまでには時間がかかるため、生理再開後に周期や期間、出血量などが不順であってもそう心配しなくても大丈夫です。

それでも心配なときは

産後しばらくしても生理の周期や出血量が気になるときはひとりで悩んでいないで、一度産婦人科で検診を受けるとよいでしょう。

子宮の状態を診てもらって何ともなければ安心ですし、もし万が一のことがあってもすぐに処置をしてもらえますね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。