おせち料理の意味や由来とは?これで子供に聞かれても大丈夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
おせち料理の意味や由来

最近はお正月に家でおせち料理を食べる家はどれぐらいあるのでしょう。通販でおせち料理を申し込んで年末にお届けなどという便利なサービスもあるので、作らないけれど食べるという人は結構いるのかもしれませんね。おせちは食べても昔みたいにおせち料理は家で手作りという家は少なくなっているでしょう。とはいえ、お正月と言えばやはりおせち料理。子供に聞かれても答えられるように意味や由来をまとめました。

Sponsored Links

おせち料理はどうして「おせち」って言うの

おせち料理って漢字では「御節料理」と書きます。

「節」というのは季節の変わり目のこと。節は年に5回あるのですが、年に5回ある季節の変わり目には宮中行事として神様にお供え物をして「宴」を開いていたそうです。そのときのお祝いの料理のことを御節料理と言ったのです。

5回ある季節の変わり目の他に重要なのが新しい年を迎えるお正月です。特にお正月に食べる料理のことをさしておせち料理というようになりました。「おせち」ともいいますね。「おせち」は「御節」と書きます。

おせち料理の内容は知ってますか?

おせち料理の基本は知っていますか。三種類の祝い肴、お煮しめ、酢の物、焼き物。この三種類の祝い肴というのは関東と関西では少し違っています。

関東の祝い肴は「黒豆、田作り、数の子」。一方、関西の祝い肴は「黒豆、数の子、たたきごぼう」という説と「数の子、田作り、たたきごぼう」という説があるようです。この祝い肴だけでも普段とは違う感じがしますね。

他には何を思い浮かべるかな

おせち料理というと祝い肴のほかには栗きんとん、紅白なます、伊達巻、紅白かまぼこ、昆布巻、海老などを思い浮かべるのではないでしょうか。

最近は洋風おせちとか中華風おせちなどもあるので、子どもたちは全然ちがうものを思い浮かべるかもしれませんね。

本来のおせちというのはお正月三が日ぐらいは日ごろ忙しい主婦を家事から解放するという意味合いを持っていたので保存がきくものが多いのです。

またお正月三が日には包丁を使わない、つまり料理をしないという風習もあったようです。どうして刃物を使わないのかというとお正月には刃物は縁起が悪いからとのことだそうです。

おせち料理の中身

おせち料理の意味って知っているかな

おせち料理それぞれには意味が込められているということは聞いたことがあるでしょう。

それぞれに子孫繁栄、五穀豊穣、無病息災などの願いが込められています。おせち料理に使われている食材や料理にはそれぞれ意味や由来があるのです。

黒豆

「まめ」には丈夫とか健康とかいう意味があり、一年中まめに働いてまめに暮らせるようにという願いが込められています。

数の子

数の子はなんの卵か知っていますか?ニシンの卵なんですよ。とはいってもニシン自体をあんまり知らないかもしれませんね。ニシンは二親と書いてそれからたくさん卵が産まれるので子宝と子孫繁栄の願いが込められているのです。

田作り

田作りはわかるでしょうか。田作りのことはごまめともいいます。カタクチイワシの小魚のことを「ごま」と言うのですが、田作りにはその「ごま」を使っています。

昔は田んぼや畑に小魚を肥料としてまいたことから田作りというのです。文字通り五穀豊穣を願っているのですね。

小魚で小さいけれどお頭付きなのでおめでたいのです。ごまめは「五万米」や「五真米」と書きます。

ごぼう

ごぼうは細くて土の中深くまで根をしっかり張るので縁起のいい食材です。細く長く幸せにという意味合いが込められています。

たたきごぼうはごぼうをたたいて身を開くので開運の縁起をかついでいるとも言われています。穴子の八幡巻は知っていますか。

下煮をしたゴボウに穴子を巻いて甘じょっぱく炊いたものです。これもおせちに入っていたりしますね。

栗きんとん

栗きんとんはきれいに作るとほんとに黄金色になります。栗金団とも書きます。「金団」というのは金の団子、もしくは金の布団ということで財運をもたらすものです。

栗は「勝ち栗」と言って昔から縁起がいいとされて尊ばれてきました。

Sponsored Links

紅白なます

紅白なますは大根と人参で白と紅。お祝いの水引をイメージしており紅白にはおめでたい意味もありますね。

どうしてなますというのかというと生の魚介と酢を使っていたからなのです。今は生のお魚の代わりに干し柿や昆布やゆずの千切りを使ったりしていますね。

伊達巻

伊達というのは伊達男の伊達と同じです。華やいでいたり派手だったりすることを言います。

華やかな卵焼きということです。伊達巻というのは名前の通り巻物のようなので学問や習い事の成就を願って食べる卵焼きといえるでしょう。

紅白かまぼこ

かまぼこは切り口が半円みたいで、初日の出の形に似ていると思いませんか。

紅は魔除けを表して白は神聖を表します。紅白というのはなんでも縁起がいいといわれているのですね。

昆布巻

昆布は「よろこぶ(養老昆布)」の語呂合わせからきています。一家発展の縁起ものなのです。

昆布は昆布巻以外にもお煮しめに結び昆布として使われたり鏡餅のお供えにも使われたりします。

海老

おめでたいときに欠かせないのが海老です。海老は長生きの象徴なのです。

ヒゲが長く腰が曲がるまで長生きするということなのですね。おせち料理で食べるだけでなくお正月飾りにも使われていますね。

おせち料理

お重に詰める意味

こうした料理をお重に詰めるのがおせちです。お重に詰めるのはめでたさを重ねるという意味からなのです。最近は一段だったり、二段だったり、多くても三段重ねが多いみたいですが、本来は四段重ねでした。

  1. 一の重
    黒豆カズノコ、田作りなどの祝い肴
  2. 二の重
    伊達巻は栗きんとんなどのような甘いもの
  3. 三の重
    さかなやエビなどの海の幸
  4. 与の重(四の重じゃないよ)
    お煮しめなどの山の幸

地方によって違ったりその家々のしきたりなどでも違うようですね。

今度のお正月のおせち料理はどうする?

おせちは食べない?食べるけれど買う?それとも作ってみる?

我が家はしっかり作っていた数年間もあったけれど最近作るのは黒豆、栗きんとん、紅白なます、お煮しめぐらい。

子どもが小さいときは年中行事として体験してほしかったこともあってちゃんと作っていましたよ。

年末に作ることになるから子どもが小さいと大変といえば確かに大変でしたが、段取りをきっちりたててやったら大丈夫。

和食が世界無形文化遺産に登録された今、意味や由来を考えておせち料理に挑戦してみるのもいいかもしれません。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。