ひな祭りの意味って?雛人形や食べ物もそれぞれ由来があるよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ひな祭りの意味は?

3月3日はひな祭り。桃の節句ともいいますが、ひな祭りの意味を知っていますか?
子供に聞かれても答えられるように、ひな人形やひな祭りに食べるちらし寿司などそれぞれの意味や由来をまとめてみました!

Sponsored Links

ひな祭りには意味があるの?

ひな祭りはもともとは古来中国から伝わってきたものです。

昔の中国で旧暦の3月巳の日に行われていた上巳の節供(じょうしのせっく)が、三がふたつ重なる3月3日に行われるようになって重三の節供(ちょうさんのせっく)となったんだそうです。

それがなぜひな祭りと関係があるかというと・・・・実はそのお節供のときに悪いことをお祓いするために川で身を浄めていたんだそうです。

それが日本でも行われていたお祓い(おはらい)の行事と結びついたのですが、日本では川で身を清めるのではなく人形に肩代わりしてもらってその人形を川に流すようになったというわけなのです。

かなり昔にはひな祭りのあとには流しびなといってひな人形は川に流していたんですね。

いろいろな神事や行事、信仰などがひとつになって今のひな祭りの原型となったのです。

ひな祭りの原型は江戸時代にできた

お人形遊びというのは昔からありました。平安時代のころにすでに「ひいなあそび」といって小さな人形で子どもたちが遊んでいたようです。

もともとは貴族の間の遊びだったのが室町時代のころには男女一対の人形を贈り物とする風習が起こったのだそうです。

その一対の人形を3月3日の夜には枕元に置いておいて次の日にお寺や神社でお祓い(おはらい)をしてもらい片づけてまた次の年に取りだすようになったのだそうです。

江戸時代の初めのころにはまだ平飾りでしたが、中ごろになってひな人形を段飾りするようになったのですね。

ただそれはお武家さんや町人の家の飾り方で、宮中やお公家さんたちの間では男女一対のひな人形でした。

それがだんだん豪華になっていったのですね。

Sponsored Links

雛人形をすぐ片付けるのはなぜ?

ひな人形はおひな祭りが終わったらすぐに片づけないと婚期が遅れると言われていますが、知っていますか。それはむかしむかしのひな祭りから来ているのです。

一日だけ飾ってお祓い(おはらい)をしてもらって次の年まで片づける風習があったり、流しびなといってひな祭りがすんだらひな人形は川に流していたりしたからなのですね。

雛人形

ひな祭りは女の子のお節供

江戸時代には江戸幕府が1月7日を人日、3月3日を上巳、5月5日を端午、7月7日を七夕、9月9日を重陽の節供としていました。

もともとは上巳の節供も端午の節供も邪気や厄災を祓うためのものでしたが、端午の節供が男の子節供として祝われるようになってきたのと上巳の節供では「ひいな」が主体になるので女の子の節供ということになったのです。

桃の節句っていうけれど

ひな祭りのことを桃の節句というのは旧暦の3月3日ごろに桃の花が咲くからだということはご存知かもしれませんね。

桃は邪気を祓うと言われており、重三の節供のころには中国では桃の花を浮かべたお酒を飲んで桃の葉を入れたお風呂に入って無病息災を願っていたのです。

ひな祭りのときに桃の花を飾るのも季節の花だからというだけではなくてちゃんと意味があるのですね。

Sponsored Links

ひな祭りには何を食べる?

昔からの行事の折には行事食といってその行事特有の食べ物があります。

ひな祭りにも行事食がありますが、ひな祭りというと思い浮かべるのはちらし寿司でしょうか。

どうしてひな祭りにはちらし寿司を食べるのでしょう。そもそもちらし寿司はいつごろから食べられているのか知っていますか。

ちらし寿司の由来として有名なお話があります。

備前の国(今の岡山県)で1654年に大洪水があったとき当時の藩主が倹約のために「一汁一菜令」を出したのですが、制限された中でも少しでもおいしいものが食べたいと思った人たちがご飯にいろいろなものを混ぜ込んだ寿司飯を「一菜」とみなしたのだそうです。まさに庶民の知恵ですね。

ひな祭りとちらし寿司自体にはそれほどのつながりはないようなのですが、具材として使われているものは意味があって使われているようですよ。

例えば海老は腰が曲がるまで元気に長生き、蓮根は先の見通しがきくように、菜の花は春の花。

それにお寿司自体が「寿を司る」と書くぐらいお祝いで食べる縁起がいいものなのですね。

ちらし寿司

お寿司といっしょにハマグリのお吸い物

ちらし寿司といっしょにいただくのがハマグリのお吸い物。

どうしてあさりではなくてハマグリなのでしょう。ハマグリの貝殻は「対」になっている貝殻でないとぴったりあわないので一生ひとりの人と添い遂げられるようにという願いがこもっているのです。

でも、ハマグリは結構高いので謂れ(いわれ)は頭に入れておいてお寿司にあうお吸い物でもいいかもしれませんね。

Sponsored Links

菱餅やあられにも意味がある!

ひな祭りのルーツともいわれている古代中国の上巳の節供では母子草(春の七草のゴギョウ)を入れたお餅を食べる風習がありました。

日本に伝わってきて母子草のかわりにヨモギを入れるようになったようです。

ただ菱餅という名のごとく菱形のお餅になったのは江戸時代です。

当時はヨモギを入れた緑のお餅と菱の実を入れた白いお餅を組み合わせたものだったようです。

それが明治時代になってクチナシの実を入れてピンク色(赤)にした餅が加わって三色の菱餅になりました。

赤(ピンク色)には魔除けの意味があり、白には子孫繁栄や清浄の意味合いが、緑には草萌ゆる大地から長寿や健康の意味合いがあるのです。

ヨモギには増血作用、菱の実には降圧作用、クチナシには解毒作用があるので色の持つ意味合いだけでなく実際の効果も大いにありますね。あられも菱餅と同じで三色です。

ひなあられはもともとは菱餅を砕いて作ったようなので同じ色なのは当然ですね。

関東と関西で違うひなあられ

関東のひなあられは甘いポン菓子に色をつけたもので原料はうるち米。

関西のひなあられはもち米で作られていて直径1㎝ぐらいのかきもちにしょうゆや青のり、エビなどで味付けがしてあります。

たいていは自分が住んでいるところのことしか知らないので進学や転勤などで違う土地に行ったら同じ名前でもまったく違うものだったということがよくありますが、ひなあられもまさにそうですね。

Sponsored Links

ひな祭りに飲むのは甘酒?白酒?

白酒はうるち米ともち米を蒸して米麹と焼酎で仕込むのでアルコール度数が10%ぐらいあります。

甘味はあるけれどれっきとしたお酒です。もちろん家では作れません。

甘酒は柔らかく炊いたお米に米麹を混ぜて作るのですが、こちらは家でも作れます。

白酒はもちろん子どもは飲んではいけません。子どもが飲むのは甘酒です。

甘酒にはほかの作り方もあって酒粕に砂糖や水を加えて作るものもあります。

こちらの甘酒はアルコールを含んでいるので子どもはやめておいたほうがいいでしょう。

白酒は江戸時代ぐらいから飲まれるようになりました。それまでは桃花酒といってお酒に桃の花を浮かべて飲んでいたようです。

桃は邪気を祓うといわれていたことと桃が百歳(ももとせ)に通じるからなのですね。

日本の伝統行事と伝統食

日本の伝統行事には必ずといっていいほどお祝いの伝統食がつきものです。

単なる縁起担ぎだけではなくて実際に効能があるものもありますし、いろいろな意味合いや願いが込められているのですね。

ひな祭りも昔からの祀りごとや風習といったいろいろな流れが時代を重ねていく中でひとつになって今のような形になってきたのです。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。