笑いで免疫力アップ!インフルエンザも感染症も怖くない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
笑顔の女の子

笑うことが免疫力アップにつながることを知っていますか。実は科学的にも証明されているのです。笑うことでインフルエンザや風邪が予防できればこんないいことはありませんね。笑いと免疫力アップの関係、笑いの効能についてまとめてみました。

Sponsored Links

笑いがなぜ免疫力アップに?

研究によって笑うことでNK細胞などの免疫細胞が刺激されて活性化することがわかっています。

また、笑うと顔の筋肉が動きます。そのとき動いた筋肉が脳に働きかけることで血管が広がって血行がよくなります。

顔の筋肉が動けばよいのですから実は作り笑いでも効果があるのです。

また、笑うことで交感神経と副交感神経が切り替わって脳に刺激が伝わるのですが、このとき神経ペプチドという免疫機能を活性化させるホルモンが分泌されるために免疫力がアップするというわけです。

お腹を抱えて笑うとお腹に力が入り自然と腹式呼吸になりますね。

腹式呼吸で新鮮な酸素がたっぷりとからだにとりこむことでエネルギーがあふれてきます。

笑いヨガで免疫力をアップしよう

笑いヨガというのは笑いながらヨガのポーズをとることではありません。

笑うこととヨガの呼吸法を組みわせたものなので笑いヨガというのだそうです。

笑いヨガはグループで行います。

最初は作り笑いでいいのです。にっこり笑いながらアイコンタクトをしていると笑いが広がります。

ミラーニューロンって知っていますか。

人間の脳には他の人の感情をコピーしてしまうミラーニューロンという細胞があるのです。

いつもニコニコしている人のそばにいるとミラーニューロンが働いて楽しくなります。

一方でいつも陰気で文句ばかり言う人のそばにいると気が滅入ってしまいます。これもミラーニューロンの働きなのです。

作り笑いから始まってもグループみんなが笑いだせば脳は簡単に騙されてしまいます。

大事なのはもうひとつ、遊び心です。

作り笑いから始まってその笑いを長く続けるために必要なのが遊び心です。

笑いヨガには40種類のエクササイズがありますが、遊び心満載のようです。

笑いの効果の科学的証明

笑いとガン細胞

笑いはガンを抑制する効果があります。

実はがん細胞は生まれたときから常に発生しているのですが、免疫細胞であるNK細胞がフルに働くことでガンを抑制することができるのです。

そしてNK細胞を活性化するカギが笑いなのです。

ガンの発生を抑えるだけでなく、万が一ガンになっても笑うことで進行を抑えたり、痛みを軽減させる効果があるようです。

樋口強さんという落語家の方がいます。この方はご自身が「3年生存率5%「というガンに出会われたのですが、「笑いは最高の抗がん剤」ということで「いのちの落語独演会」を開いて笑いを届けています。

笑いと認知症

ボケないためには笑うこと、認知症予防のためには笑うことということも科学的に証明されています。

笑いの頻度と認知機能についての研究結果によると、ほとんど笑わない人は毎日笑う人に比べて認知機能が低下するリスクが2.1~2.6倍も高かったそうです。

笑いとリウマチ

リウマチというのは免疫システムのバランスが崩れて体にとって悪いものばかりでなく自分の体まで攻撃することで引き起こされるものです。

リウマチ患者さんを対象に、「40分間リウマチに関する講義を聞いてもらうグループ」と「40分間落語を聞いてもらうグループ」とに分けて実験を行ったそうです。

講義を聞いた方の人たちは免疫の働きを弱めてしまう「インターロイキン6」や「コルチゾール」などといったストレスホルモンが普通よりも増加していたのです。

一方落語を聞いていたほうのグループはストレスホルモンが著しく減っていて鎮痛剤1週間分ぐらいの効果と同じだったそうです。

笑いは免疫システム全体のバランスを整える働きがあるのですね。

笑いとインフルエンザ

ストレスがあるとインフルエンザにかかりやすいといわれています。ストレスは免疫力を低下させるからなのです。

インフルエンザや感染症にかからないようにするにはストレスを軽減して免疫力をアップさせればいいのです。

免疫力をアップさせるひとつの方法が笑うことです。

笑うことでNK細胞が活性化するので免疫力がアップするのですね。

Sponsored Links

笑いの効能は免疫力アップだけじゃない

最近の研究によって医学的に証明されている笑いの効能は実は3つあるのです。

そのひとつが先ほどから述べている免疫力アップということ。

あとふたつですが、血圧を下げる効果血糖値を下げる効果があります。

血圧を下げる効果

交感神経と副交感神経ということばは聞いたことがあるでしょう。

興奮したりストレスがかかると交感神経が優位となり血圧や脈拍が上がります。

逆にリラックスした状態のときには副交感神経が優位となるため血圧は下がります。

思い切り笑った瞬間は交感神経が優位になるのですが、その後副交感神経が優位となってリッラクスモードとなって血圧が下がるのですね。

血糖値を下げる効果

笑いはいくつかの遺伝子のスイッチを入れるようです。笑うとインスリンを分泌に関係する遺伝子のスイッチをオンにするので血糖値上昇が抑えられるのです。

笑うことで糖尿病が改善するなんていいですね。患者さんに漫才のDVDを貸し出している糖尿病専門病院があるそうなのですが、実際に血糖値が下がっているとか。

他にもある笑いの効能

笑うとやせる!

大笑いをすると自然と腹式呼吸になり横隔膜や腹筋が大きく動きます。お腹を抱えて笑うほどの大笑いだと3分間で10kcalほど消費されるようですよ。

大笑いすると呼吸が活発になって酸素消費量や血流も増えて中性脂肪を燃やしやすくなるのです。

ですから、やせるための笑いは作り笑いではダメなようですね。お腹を抱えて笑って痩せましょう。

抱腹絶倒ダイエット、いかがですか。

笑いは冷えを改善する

笑うと血流がよくなります。冷えの改善には副交感神経を優位に働かせるといいのですが、笑うと副交感神経が優位に働いているのです。

笑うと血行がよくなって副交感神経が働くので手足が温かくなって冷えが改善されるというわけです。

笑うと肩こりも緩和する

肩こりは血行が悪くなって筋肉が固くなることで起こります。笑うと交感神経が緩み、副交感神経が優位になります。

副交感神経が働くようになると心身がリラックスするんですね。

笑うことで副交感神経が働き心身がリラックスするとストレスが解消され、血行もよくなって肩こりの緩和となるわけです。

笑いと美肌の関係

笑うと顔の表情筋といわれる筋肉が動き、血行が促進され、肌の色もピンク色になりますね。

肌の新陳代謝もスムーズになり、シミやニキビ予防にもなるのです。

また、免疫力が上がるので、アトピー性皮膚炎の治癒力も高まるといわれています。

笑って表情筋がよく動くようになると小顔になるともいわれていますよ。

笑うと幸せになる

うつなど心の病の原因のひとつがセロトニン不足ですが、笑うことで脳幹からセロトニンが放出され、精神バランスが整います。セロトニンは癒しのホルモンともいわれています。

また、神経伝達物質のひとつであるエンドルフィンはハッピーホルモンとも言われ、モルヒネに似た幸福作用をもたらしくれるものです。

このエンドルフィンも笑うことで分泌されるのです。

笑う門には福来る!

昔から言われていることですが、上記のように最近では科学的な研究によって証明されてきています。

日常生活に笑いを取り入れることで健康で幸せな毎日を送ることができるなんていいですね。

それでも笑う材料がない、作り笑いなんてできないと思う人もいるかもしれません。

コメディ映画を見たり、落語や漫才などを楽しんでみてはいかがでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。